簡単な存在承認の方法

子どもの自己肯定感
(自分を大切な存在だと
認める気持ち)

を育てるために
とても大切なこととされているのが

存在承認 です。

 

009947

 

これは
「あなたがいるだけで嬉しい」
と子どもの存在そのものを
認める承認の方法です。

 

 

それに対して

私たち母親が
日頃、行いがちなのは

「100点とってスゴイ」 とか
「お手伝いしてくれてありがとう」

という
その子のとった
行動や成果に対して
承認していくことが
多いように思います。

 

 

子どもの自己肯定感を
育てるためには

行動した結果(doing)
見るよりも

子どもの存在そのもの
(being)を認めていくことが
大事だとされているんです。

 

 

要は

子どもがいてくれること
(存在自体)を認めて

言葉や態度で繰り返し
伝えていくこと 
大事ってことです。

 

***

 

では、その
存在承認。

いったいどんな風に
していけばいいの?

ってことなのですが。

 

 

正直
思春期男子に

「大好きだよ」 とか
「あなたはお母さんの宝物」

って、直球で言うのんって
ちょっとキツイなぁと。。。


できる方はやって下さいね 笑

 

 

ということで

最近学んだ中で 一番
「あ これ簡単かも~」
って思った方法は
コレです!

 

名前を呼ぶ

 

その人に対して
意識を向ける ことが
=
存在承認 になります。

 

 

「その人の名前を呼ぶ」

ってことは

その瞬間
私の意識を一人の人に
ものすごーく向けてる

ってことですもんね。

 

なので
朝の挨拶の時に
〇〇くん  おはよ~」

寝る時は
「おやすみ~ 〇〇くん

って感じで
名前をちょっと加えてみる。

 

 

初日こそ、息子さんが

「お?」

という顔をするかもですが
毎日続けていくことで

だんだん
じわりじわり
と効果がありますよ~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA