子どもの自己肯定感を高める存在承認の方法

さて、今日は
子どもの自己肯定感を高める為に
めちゃくちゃ大事!って思ってる
「存在承認」について書いていきます

 

存在承認の具体的な方法

 

2016年3月末に参加した
東京でのコーチングセミナーでも
参加者からこんな ↓ 質問が
あったんですけど

存在承認っていったい
どうすればいいの?
具体的に知りたい!」

って方、いらっしゃいませんか?

 

 

正直
わたしも
ずーっとそこんとこが
ぼんやりしてました。

 

 

「存在承認」とは
相手が「そこにいること」
「存在していること」を
認める(〇をつける)行為です。

 

 

452482

 

 

「存在承認」の具体的な方法としては

  • 名前をよぶ
  • 目を合わす
  • 笑いかける
  • うなずく
  • 変化を伝える
    (例えば 髪型変えたんだね)
  • 握手する
  • ハグする

 

などです。

 

 

 

で、この反対は

無視

 

 

 

存在をないモノとして
扱うこと

って書くと
わかりやすいかな~?

 

 

そして
その根底に流れるマインドが

【どんな状態のあなたでも
価値がある】

という見方です。

 

お家で簡単にできる「存在承認」

 

お家でお子さんに出来る
存在承認の方法」として、親が
一番簡単にできるかな?
と感じているのが

・目を見てあいさつ

とか

・名前を呼ぶ

とか。

 

 

何か話しかけられた時に

「うん。うん(*^_^*)」

って「笑顔であいづち」
を打つのもイイですね~♪

 

068544

 

今、思春期のお子さんの対応で
お困りのお母さんも
これならできる気がしませんか?

 

 

小さなことかもしれませんが
こういった「存在承認」を

コツコツ積み立てていくことで

お子さんの心の中に
愛情がじわじわ溜まっていきます。

 

 

例え
お子さんが、今
どんな状態だったとしても
(例:ゲーム三昧とか不登校気味とか)

「お母さんは自分の存在に気づいて
いっつもそのままでいいよと
認めて笑顔でいてくれる。

今、こんな状態だったとしても
自分は本当に

価値のある存在なんだ」

心の底から実感していくように。

(すると、自分から動けるようになります)

 

でね。

↑ こんな
「根拠のない自信」を持ってる人が

→ 自己肯定感の高い人 

→ 自己否定感の低い人

なんだと思います。

 

 

迷った時は 「どっちでもいい」

 

過去記事

「どっちでもいい」 でうまくいく

 

実はコレ私
感極まってボロボロ
泣きながら書いた記事です。

 

 

母として、息子への想いが
ギュッと詰まってます。。。

009947

 

そしたら

「お子さんのお話お聞きします」
コースをお申込みの
クライアントさんから

「ぜひ
息子に読むように伝えてほしい」

とリクエストいただきました。

(息子さんに伝えましたよー☆)

 

お子さんが何かに悩んでいる時

「そこは
こうした方がいいんじゃない?」

と、親として言いたくなる時って
沢山あると思うんです。。。

 

 

でも
そんな時

子どもが答えを自分で見つけるまで
黙って待ってやって

「やってもやらなくても
どっちでもいいよ。

どんな答えを出してもいいよ。

あなたが選んだ方を
お母さんは全力で応援するよ。」

って、「子どもの選択」を信頼する
母親でいたいって思ってます。


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA