2学期こそ学校に行ってほしい と願うお母さんへ 

全国的に
9月1日は2学期が始まる日。

 

 

だけど

この日は

18歳以下の子どもたちが
1年で最も多く
自殺する日だそうなのです。。。

 

【参考 HuffPostの記事】
「つらいなら逃げればいい」

 

1821764p

 

 

「夏休み」って
日本のほとんどの子どもたちが
休みの期間だから

1学期
学校に行きにくかった子どもたちも
誰かの目線をあまり気にせずに
外に出ることができたりして

休んでいるという「罪悪感」を
感じにくくって 
ほんの少し 心が楽になる期間。

 

 

 

だけど

1学期 あまり学校に
行けなかった子どもたちにとっては

学校に行かなくっちゃいけなくなる
この「9月1日」って日
迫ってくると

だんだん
不安になっていくのは

ある意味
当然なのだと思うのです。

 

 

457823

 

 

 

2学期こそは
学校に行ってほしいと願う
お母さんへ。

 

とっても 不安で 

心配で

焦る気持ちは 

重々承知していますが

 

 

 

どうぞ

 

どうぞ

 

2学期が始まるけれど

学校に行っても
行かなくっても

そんなの どっちでもいいよ。

 

の姿勢で

009947

 

「今 ないもの」
(=学校に行ってないということ)

に目を向けるのではなく

「もうすでに私たちの手の中にあるもの」
(=子どもが存在してくれていること)

に目を向けて

 

 

子どもたちが 

私たちのそばに居てくれることに

感謝してみませんか?

(↑存在承認です)

 

 

 

 

 

 

df294e7c1c993237277d5388ac166eb5_s

 

「学校に行けない自分はダメなんだ」
と 自信を無くしてしまって

自分の「存在価値」を

感じることができなくなっている
子どもたち が

 

「そんなことはないんだよ」

「あなたは居てくれるだけで
価値のある

お母さんの大切な存在なんだよ」


心から感じて

腹の底から 安心できるように。

 

 

プリント

 

 

学校という居場所が
今は 苦しい場所に
なってしまっている お子さん が

安心で安全な居場所である「我が家」に

「いつまでだって
家に居てもいいんだよ(*^^*)」

というお母さんの「許可=愛情」を感じて

心にゆっくり充電できますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA