子どもが自分でも無理だ!と思う事に挑戦して、夢をかなえるには

先日 ケーブルテレビで
たまたまやってた
映画「ビリギャル」を見ました。

 
何年か前に 本を読んで
超!感動して

(1回目)

 

映画化された時は
夫と一緒に見に行って
またまた感動したストーリーを
 

(2回目)

 

今回
思いがけずに 久~しぶりに見て

(3回目)

 

やっぱりまた
感動してしまいました ( ;∀;)

 

 

「ビリギャル」は

学年ビリのギャルが
1年で偏差値を40上げて
慶応大学に現役合格した
「さやかちゃん」のお話ですけど

51rM7LQkldL__SX352_BO1,204,203,200_

 

 

3回目の今回は

途中で夢をあきらめそうになっても
彼女が諦めずに挑戦し続けた理由

特に 注意して 見ました。

 

 

 

主役は勿論 さやかちゃんですが

彼女の合格に大きな影響を
与える
強力なサポーターが
この物語には2人登場します。

 

 

それは

塾の先生(坪田先生) 

お母さん(ああちゃん

 

です。

 

2人に共通するのは

彼女の「未来の可能性」を
とにかく 信じ続けたってこと。

 

 

坪田先生は

彼女の可能性を信じる

勉強のやり方(夢のかなえ方)
を教えてくれる人。

 

 

お母さん(ああちゃん)は

彼女の可能性を信じる

結果を出すことを強要せず
彼女の挑戦したいと思う気持ちを
支援(お金)できる人。

 

特に 私は

「勉強してるさやかは楽しそうだから」

と言った

ああちゃんのセリフが
とても印象的でした。

 

 

人って
自分の可能性を信じて

勉強(挑戦)しだすと
楽しそうになるってことが

伝わってくるんですよね~。
この映画。

 

楽しんでいるからこそ
成果も出るってことなんでしょうけど。

 

 

 

 

この2人の強力なサポートを受けて

さやかちゃんは
途中 折れそうになりながらも

最後まで自分の可能性を信じて
挑戦を続けます。

 

50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_s

 

そして
物語後半では

 

そんな彼女の頑張る姿に
影響を受けて

最初
「そんなの絶対無理だ!」と
バカにしていた
周りの大人たちが
どんどん変わり始めて。。。

 

 

 

特に

「見守る子育て」を提唱している
私の見どころポイントは

やっぱり
お母さん(ああちゃん)の在り方です。

 

今がどんな状態でも
自分のこと・将来の可能性を
とことん信じてくれて

お金まで工面してくれて

心が折れそうになった時には
もう無理しなくていいよ と
頑張らなくてもいいと許してくれる

こんなお母さんって

ほんとスゴイです。。。

 

 

子どもが勉強しだしたから
信じる

ではなくって

信じられない状況でも
まずは信じる

です!

 

ここから
奇跡のようなストーリが
始まったんだなぁ。。。

 

a1380_001133

 

 

 

 

 

 


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA