【男の子の子育て】「ギリ男」を「見守った」お母さんの話 メルマガ Vol.129

中学・高校生から
男の子の見守る子育てコーチング
わかばやしゆかこです。

 

 

今日は
クライアントさんからの
嬉しい報告メールのご紹介で

夏休みの宿題に関して
アレコレ言いたい気持ちを
ぐっと我慢して見守った
お母さんのお話です。

 

 

A子さんからの嬉しいメール☆

 

つい先日
お子さんの夏休みの宿題について
「黙って見守る!」を実践された
クライアントのA子さんから
嬉しいメールをいただきました~(^_^)

 

ご本人の承諾を得ましたので
今日は皆さんに
ご紹介をさせていただきます。

 

↓  ↓  ↓

 

<A子さんからのメール>

 

8月24日は、社会科の
夏休みの宿題提出期限でした。

 

息子は3,4日前から
「やらなくちゃヤバイ」を
連発していましたが、
一向にやる気配なし。

 

24日は試合なので、
23日には 提出しなければ
いけなかったのですが、

 

22日夜9時ごろ、「やるから」と
言いながらも スマホと睨めっこ。

 

 

23日朝、いつものように起こし、
「ヤバイやらなきゃ」と言ったっきり
またまたスマホ。。。

 

私は我慢ガマン。

 

イライラもあり
ちょっと話し方が冷たくなってました
(反省)

 

11時には家を出るのに
用意もしていないので、
「もう10時半だよ」と声をかけると…

 

「ヤバイ宿題やってない」と息子。

 

「アホーーーー!!」って
怒鳴りたい気持ちを我慢し、
「そうだね~」と私。

 

そして、犬と戯れる息子。。。

 

すると 11時近くに、

 

「やっぱりこれからやる!」
といきなり言い出し、
てきぱきテキパキ。

 

部活は遅れて行き、
翌日のスタメンから
外されてしまいましたが、

 

課題を無事提出。

 

息子は 終始 上機嫌!

 

 

私も我慢していたから
提出出来たのが嬉しかったです!

 

(以上 A子さんからのメール終わり)

 

 

 

この夏一番大切な思い出になった理由

 

 

A子さんの臨場感あふれるメールからは

・イライラする場面

・冷たくなってしまった場面

・「アホーー!!」と怒鳴りたい場面

 

など 何度かあったけれども
ガマンして見守られたことが
書かれています。

 

 

 

 

 

コレまでの対応とは違って
言いたことをぐっとガマンするのは
きっと 苦しかっただろうけど
お母さんのこの「見守る姿勢」が

息子さんの

「やっぱりこれからやる!」
という
言葉

テキパキした行動

か・ら・の 始終 上機嫌!

 

を、引き出されているなぁと
思ったのですが

みなさんはどう思われましたか?

 

 

その後のやりとりでも

↓  ↓  ↓

<A子さんのメール・その2>

 

「ビリギャル」じゃなく、
こんな「ギリ男」もいるんですよね。

 

私も我慢しましたが、
息子も宿題を出すのかかやめるか、
心の中で大乱闘…戦っていたのだな、
苦しかったんだろうなって
改めて気づきました。

 

この夏の一番大切な思い出です。

 

(A子さんのメール終わり)

~・~・~・~・~・~・~・~

 

と 言っておられます。

 

 

今回の出来事を
今一度 息子さんの立場に立って
その心情を考えてみられたことで

視野が広がり、
息子さんの気持ちに寄り添った
「気づき」が生まれています^^

お母さんの愛情を
いっぱい感じました~☆

 

(A子さ~ん 
ご協力をありがとうございました!)

 

宿題は子どもの問題。
では「お母さんの問題」は何?

 

夏休みに起きがちな

「宿題」が「子どもの問題」だとすると

 

では
「お母さん側の問題」は
何だと思われますか?

 

 

 

「お母さん側の問題」

それは

★子どもが毎日ダラダラする姿を
長時間、見せ続けられることに
ついつい心と体が反応してしまって
いろいろ言ってしまうこと★

だと私は思うのです。

 

 

 

特に
まじめな頑張り屋のお母さんにとっては

この

「ダラダラしている姿を
長時間見せ続けられること」って
実はとっても苦しいことでもあって

(多くのお母さんが悩まれています)

 

 

見ているのが苦しいからこそ
心と体が反応してしまって
「あーしろ こうしろ!」という
指示命令の言葉を
言いたくなってしまいます。。。

(>_<)

 

 

 

今回 A子さんの「ギリ男」という
面白いネーミングに 思わず
クスッと笑ってしまいましたが 笑

 

お母さんが
ギリギリと感じるタイミングと
男の子の感じる
ギリギリのタイミングって
随分違うんですよねぇ。。。(遠い目)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・
過去のブログ(参考までに)

「どこまで待てる?母と息子のギリギリの違い」

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

男の子たちが感じる
ギリギリのタイミングまで
待ってあげること(見守ること)って

まるで、綱渡りしている子どもを
そばで見ているようで
ハラハラドキドキ。

 

 

不安になって
怒り💢すらわいてきちゃいます。。。

 

 

 

ですが

今回のA子さんのように
「最初の1回め」をつくってみると
コレが成功体験として
脳にインプットされて

 

その後 ワリカシらくに
「子どもを待つ(見守る)こと」を
習慣化していけるんですよね~(*^_^*)

 

 

 

▶この夏 「お母さんの問題」を
乗り越えるという
「成功体験」がつくれた方は

この調子です☆

また次の成功体験をめざしましょう^^

2回目は1回目より
随分ラクですよ~

 

 

 

この調子です(^_^)v

 

 

 

▶成功体験がつくれなかった方は

2学期の毎日の宿題や
冬休みにチャレンジ☆

「最初の1回」を目指してみましょう^^

 

 

大丈夫だいじょうぶ^^
最初の1回は誰だって難しいのです~

 

 

 

 

お母さんが
「お母さん自身の問題」を
乗り越えた時に

 

子どもは
「子ども自身の問題」に
向き合うように
なっていく。

 

 

実は ここ
繋がってたりするんだなぁ。。。

 

 

 

*【お知らせ】******

 

ただ今
わかばやしの「個別サポートメニュー」
は満席のため
募集をストップしております。

 

空きがでましたら
「ライン@」や(←こっちの方が早い)

「メルマガ」にてお知らせいたします。

 

 

ライン@のご登録はコチラから

(月・水・金の週3でブログ更新や
お得な情報をお届けしています♪)

 

 

 

7日間無料メールセミナー

のご登録はコチラから

(7日間のメールセミナーの後
自動的に切り替わって
毎週月曜日の午前中に
メルマガをお届けしています)

 


【男の子の子育て】「ギリ男」を「見守った」お母さんの話 メルマガ Vol.129” に対して 4 件のコメントがあります

  1. kazu より:

    こんにちは
    いつも楽しく拝見してます笑
    去年長男が半年程不登校になったのを機に
    干渉し過ぎたと反省して、任せてみる!を実践してます!
    今2人の息子たちは、競争するように
    喋る喋る笑

    今年の夏休み
    子供を授かって初めてフルで出勤します。
    もう高校生と中学生笑
    私のしてあげたい!が子供たちには負担だったと思います。

    私の夏休みの目標はずっとやりたかった
    キックボクシングを始める!です!

  2. yukako より:

    kazuさま

    ご参加&決意表明をありがとうございます!
    わ~~!
    キックボクシング!スゴイ!!
    これでさらにお喋りが弾みそうですね~☆
    楽しい夏になりそうですね!!

  3. きな より:

    ゆかこさん、こんにちは。

    A子さんとギリ男くんのやりとり、まるで私と息子を見るように思えました。

    怒鳴りたくなったり
    イライラしたり
    冷たい返事になったり…

    みんな一緒で安心しました。
    母親の反応は、きっと、みんな一緒だろう…と思いつつ不安なのです。なので、こういうお話聞くと、安心します。

    私も成功体験を積み重ねまーす٩( ‘ω’ )و

  4. yukako より:

    きなさま

    こんにちは(*^_^*)

    みんな一緒で安心したとの感想を
    ありがとうございます^^

    この夏の成功体験!
    小さいことでいいので
    数をどんどん積み重ねていって下さいね。

    笑顔の親子さんは
    きっともうすぐじゃないかなぁ。。。

    応援してます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA