子どもの希望にのっからない【見守る子育てメルマガVol.2】

今日のお話は
お子さんの「不調」の原因となる
本質の部分に入っていきます。

 

 

 

例えば
お子さんが

●いい大学に入ること

244235

●スポーツで活躍すること

146674ad652a984e31a111345aa0a0f0_s

 例えば
 サッカーでクラブチームに
 入ることだったり

 部活でレギュラーになること
 だったり

●芸術面で結果を残すこと

483909

 例えば
 ピアノのコンクールで入賞
 することだったり

 

 

こういった感じで
子どもが今取り組んでいることで
頑張って「結果を出すこと」

お父さんや
お母さんの『希望』になっている
事って結構あると思うんですよ。

 

 

この背景には

勉強にしろ
スポーツにしろ
芸術にしろ

●とにかくお金がかかること

加えて

・送り迎え
・弁当作り
・先生や他の保護者との付き合い
・保護者役員の仕事
・スポーツ・芸術の場合は
 その応援や観戦など

●親のサポートが今の時代
 必要不可欠になってきてること

などが理由で

 

 

親として

・これだけお金をかけたんだから
・これだけサポート頑張ってるんだから

絶対結果を出してほしい!
とういう願望が
  ↓
「過度な期待」に変化して
  ↓
「子どもが結果を出さないと
いけない状況に

追い詰められていく現実」

あると思うのです。

 

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s

 

 

『希望』とは
将来に対する期待
また、明るい見通し です。

 

 

お父さんが
仕事で「うまくいかない感」
持っていたり

お母さんが
夫婦関係や交友関係など
日常生活で「うまくいかない感」
持っている場合

子どもが結果を出すことが
自分の希望」になってしまってる。

 

 

 

それは
親御さんが自分自身の未来に
「明るい兆し」
を見つけることができないから。

 

 

 

そうなると
子どもは苦しいですよね。

 

170212

 

重い。

 

親の希望を叶えるために
がんばらなきゃいけない
状態なのですから。

 

 

=============
自分の希望を見つけませんか?
=============

 

子どもが夢をもって
その夢をかなえるために
努力するのは
もちろん素晴らしいことです。

 

親としても
一生懸命応援してやりたい
って思いますよね。

 

 

でも、ここが

・子どもの結果に依存する親 と
・子どもの本当の味方になって
 支える親

との「分かれ道」になると
思うんですよ。

 

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

 

私たちが目指すのは
もちろん
子どもの本当の味方になって
支えるお母さんです。

 

 

 

 

子どもが結果を出しても

(出してくれたらもちろん
 嬉しいけれど)

結果を出さなくても

どっちでもいい。

 

 

305368

 

「失敗してもいいよ~」と
少しゆるいくらいの
お父さん・お母さんでいることが

 

親も子も
幸せに生きていくヒケツだと
思いませんか?

 

 

 

 

そのためには

お母さんが(お父さんも!)
自分の中に
『希望』を見つけることが
とっても大切になってきます。

 

 

自分の中に希望があれば
子どもの夢に
自分の夢を重ねなくても
すみますから。

 

 

もう
なんでもいいんです。

 

片づけが得意だったら
(あ 不得意でも)
断舎利とか
収納アドバイザーとかの
勉強をしてみたり。

 

9881e8f979025fe1f13974e6843b1b63_s

 

 

お料理が得意だったら
お料理ブログにチャレンジ
とかでもいいですよね~。

273662

 

 

先日見た
ゴスペルのコンサートでは

 

fa4377735ba30f73730c648c0f43bf70_s

 

イキイキと楽しそうに歌って踊る
シニア世代の方が
とっても素敵だったし

 

 

 

ライフワークとして
楽しみながら
ボランティアをしている方もいます。

 

a0001_012524

 

もうそれは
ホントなんでもよくって

興味があることを
失敗を恐れずに
(失敗してもいいんです!)

チャレンジしてみませんか?

 

=============
失敗の中にこそ大切なものがある
=============

 

自分に失敗することを
許可していないと

子どもが
失敗することを許せないことが
多いです。

 

 

完璧な人なんて
どこにもいません。

 

みんな

ちょっとかっこわるくて
ちょっとずるくて
ちょっとみっともない部分を
持ってる。

それが人間なんだな~

(あいだみつを風に ^^)

 

 

そういう自分の
「ネガティブな部分」から
目をそらさないで
しっかり受け入れていくと

 

子どもにも
「できても、できなくても
どっちでもええよ~」と
ラクに関われるように
なっていきますよ。

 

 

 

とうわけで
今日一番言いたかったことは

自分の中に『希望』を見つけること
50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_s

 

自分の得意なことの中に
ある場合が多いですよー☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA