幸せの決め方【見守る子育てメルマガVol.11 】

さて今日は
「幸せの決め方」について。

 

人によって
幸せだと感じる時は
様々だと思うのですが

もしかして
心の奥底の方で
こんな「幸せの決め方」を
していませんか?

 

 

誰かと自分を比較して
その人に「勝った」とか
その人より「上だ」と
感じることで
幸せを感じようとしている

ってこと。

647688

 

 

例えば
自分の学歴やキャリア的な部分を
ママ友と比較していたり

(負けてるなって思うママ友は
 動向が気になったり苦手だったり)

 

子育てにおいてだったら
自分の子どもが

「〇〇さんのとこより
上位の学校に合格した」

という事実をゲットして
幸せを感じようと
頑張ってるって感じです。

 

 

比較で感じる
「優越感」が→ 幸せ
になっちゃてて
(気づいてない人多いです)

 

その「優越感」がほしいがために
子どもに誰かに勝つことを
求めてしまってるってこと
ありませんか?

 

659066

 

 


それが

子どもを「見守れない理由」に
なっている場合も多いのです。

 

=============
優越感と劣等感は隣り合わせ
=============

 

私たちって、これまで
けっこうな「競争社会」を
生きてきましたよね。

 

b62b41781abbe172923ebce84cca8acd_s

 

親からは
兄弟間で比較されて

学校では
点数や順位で評価され

仕事では
学歴や実績や成績で評価され

 

 

 

 


そんな中で

自分を誰かと比較して
ダメだと決めつけられた時に
感じてしまった「劣等感」

実は
すんごく傷ついてきて
いないでしょうか?

 

 

傷が深い人ほど
「優越感」を求めてるのでは?
って思うのです。

 

 

誰かより「上」だと
ココロが傷つかないし
安心できるから。

 

 


それが
「癖」になってしまってる。

 

=============
「幸せ体質さん」の幸せの決め方
=============

 

比較によって幸せを
感じるようになってることって
よくあることだけど

・癖になってるかも
・度合いが多いかも

って思う方は

少しずつ減らしていくことを
おススメします。

 

 

だって

いったい誰に勝ったとしたら
そして
いつになったとしたら
本当に心からの安心を
手に入れられるのでしょう?

 

240426

 

「優越感」からくる幸せを
追い求めていると

何かに負けるかもしれない
という不安にびくびくしながら
追い詰めらていくような
気がします。

 

 

誰かと比較しなくても

自分一人でも
幸せを感じたり
創り出したりしながら
生きていけたら
いいと思いませんか?

 

 

そのために
今日
私からの提案は二つあります。

 

 

◆一つ目は

【比較体質の人と距離を置く】

です。

 

 

人は影響される生き物。

だから
自分の身をおく環境って
めっちゃ大事です。

 

人を見下して
自分を上におくことで
幸せを感じようとする人と
一緒にいると

(結構周りにいると思いませんか?)

知らない間に
自分も巻き込まれてしまいます。

 

話を聞いてうなずくだけでも
同意してしまった自分を
嫌悪したくなったりして。

 

自分の身の置きどころは
自分で選択できます。

 

 

もし、それが
ご身内などで
避けられない相手だったとしても
「聞きたくないことは
私は聞きたくない」と言える自分に
なることで
負の影響をもらいにくくできます。

 

毅然と!
幸せ体質になっていきましょう。

 

 

◆二つ目は

【幸せを感じるハードルを下げる】

です。

・屋根のあるところで暮らせること
・今日もご飯を食べれること
・子どもがいること

など
今当たり前にある日常こそが
ほんとは幸せの塊なんだってこと
なかなか気づきにくいですよね。

 

ふつうの日の小さな幸せを
拾い集めてみませんか?

 

【本当に欲しかった幸せは
実はすぐそばにあった】

 

141457

メーテルリンクの童話
「幸せの青い鳥」
のお話にもあるように

 

 

誰かと比較して
負けたと思う出来事が
例えあったとしても

 

今自分のすぐそばにある
幸せに気づくと

「勝ち負け」なんて
もうどうでもいいことに
変わっていったりします。

 

01fcf289a1e1833002e41868d8d488ff_s

 

あなたの「幸せの決め方」を

今日はチェックしてみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA