助演男優だって「自分らしい人生」を【見守る子育て】メルマガ Vol.40

今週のメルマガは

「Vol.39 なんてったって主演女優!」
からの「続き」になります。

 

a60d9008d1d251903ba559c097419547_s

 

最初に

サラーっと振り返ってみると

人生の主人公は
つねに自分自身で

人生を1本の映画だとすると
その映画の「主演女優」は
あなたになります。

なので
自由に 自分らしく 生きましょう♪

ってお話しでした。

 

 

 

170963

だとするとです。

 

 

あなたの息子さんは
まだ子どもとは言え
あなたの映画の「助演男優」さんに
なりますよねぇ。

(ついてきてくださいね~)

 

 

要するに、お子さんは
あなたの人生を豊かにしてくれ
彩(いろどり)を与えてくれる
「主要キャスト」になるってわけです。

 

 

でね。

自分の人生を

誰かに(←ココ大事)
かっこよく見せたいなぁ 
って

想いを強く持つお母さんは

 

 

ともすると、お子さんに

・「かっこいい役」を
演じてほしくなったりします。

(あ 過去の私です)

 

 

 

その方が
みんなから「スゴイ」って言わて
賞賛されて

「幸せな人生」になるんじゃないかと
漠然と感じているからです。。。

 

 

===============
みんな1回きり!
自分の人生を生きている
===============

 

でもね。

ここで
一つめっちゃ大切なことがあって

 

 

お母さんの人生から見たら
助演男優役である息子さんだけど

 

 

息子さん自身も

たった1回きりの「自分の人生」を
生きているってこと。

 

 

476066

息子さんは、

自分の人生を
自分らしく生きる自由が
(息子さんの選択基準で選択する)

あるんです。

 

===============
あなたのおうちの「決まりごと」
お子さんは納得してますか?
===============

 

お子さんとの関係が
うまく行ってない場合

 

・・・・・・・・・・
親が決めた「決まりごと」を
お子さん側が
納得していないこと
・・・・・・・・・・

が原因で

関係が悪化しているケースが
殆どです。

 

 

例えば
「ゲームの時間」や「勉強」や
「生活態度」について

 

・「よかれ」と思って
・みんな、そうしているから
・私はこんな風に育てられたから
・甘やかすとろくな子にならない、、、
・そうするのが子どもの務めだから
・親としての責任があるから

いろんな理由がある
親主導で決めた「決まりごと」。

 

 

今日はちょっと
お子さん側の立場に立ってみて

・お子さんは納得しているのかどうか

そして

・その「決まりごと」が
本当に必要かどうか

考えてみませんか?

 

 

 

 

 

お子さんが、今
「やる気が出ない本当の原因」は

親が
「お子さんの人生の選択権」を
奪ってしまってたりするから
ってこと

あるんだなぁ。。。

 

 

 

 

 

あと少しで
自立を迎えるお子さんです。

自分の人生の主導権は
ホントは自分で握りたいはず。

 

 

小さい頃
「自分でやるー!」って
イキイキした顔で言ってた時期
ありませんでしたか?

 

 

217006

 

お子さんの「人生の主人公」は
お子さんです。

 

 

そっちから見れば

私たち、母親は
あくまで 助演女優

 

 

彼らが
後悔のない人生をおくるために

助演女優(母親)としての

本当の意味でのサポートは

 

 

・・・・・・・・・・
どんな選択をしたとしても
今は その時期なのだと
笑って許してあげて

「この子ならなんとかなる」と

将来の可能性を信じて

子どもの人生の選択権を
子どもに返してあげること
・・・・・・・・・・

 

 

 

そーゆー女優さんの方が
かっこいいって思いませんか?

 

 

息子にね。

「誰のイメージ?」って
聞いたら

 

「真矢みき」さんだって!

 

 

憧れる~! なりたーーーい☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA