子どもの「人生の節目」に胸の真ん中に置いておきたいこと

 

 

「卒業おめでとうございます」と言われて気づくこと

 

高校の卒業式の朝。

 

「スーツだけ着ていけばいいんでしょー」
的なノリで
そんなに気負うことなく
サクッと出かけたのですよー。

 

 

979249

 

 

そしたらね。

式の前も後も最中も
ずーっと

「保護者の方も、本日は
おめでとうございます」

と何度も言われる日だったわけで。。

 

 

正直、私あまり
「めでたい」という感覚が
なかったので(^^;

(どちらかというと「さみしい」かな)

なんだかとっても
不思議な気持ちになりまして
本日のメルマガのテーマに
してみました。。。

 

 

子どもの「卒業」→「入学」はお母さんの「ストレス」も生む

 

 

Print

 

 

子どもの「卒業」とか「入学」というのは
もちろん「喜ばしい」ことではあるけれども

「今の学校」を卒業して

「新しいステージ(学校)」に
上がる(入学)ことで

(要するに、環境がガラッと変わる)

そばで支える
母としてのストレスも増えませんか?

 

 

例えば

・子どもの受験への向き合い方や
合否結果で
マインドが上がったり下がったり

・通学方法が徒歩から自転車や電車に
変わったり

・入学金や制服・教科書など
大きなお金が必要になったり

・新しいママ友とのお付き合いが
増えたり(もしくは減ったり)

・お弁当を作ることになったり

・新しい部活に必要なものを
ねだられたり

・ケータイを買ったことで
いじる時間が増え、イライラが増したり

・そんな毎日のサポートをしたり

 

 

「いつもの仕事や家事」

プラスして

「新たなアレコレ」が増えるので

 

当然、これらを
ストレスに感じるお母さんもいるはず。

 

 

また

子どものことに
あまりに一生懸命になりすぎて

母も一緒に卒業して
新しいステージに上がるような
感覚になっちゃう人もいると思う。

(私だな~)

 

 

実際
「母子一体化」しちゃってる人も
多いしね。

 

 

子どもの成長は当たり前じゃない

 

知らず知らずのうちに
目先のアレコレや
感情の渦に巻き込まれてしまいがちな
子どもの卒業・入学シーズン。

 

 

 

でも、その慌ただしさの中でも

「子どもが今 ここに
居てくれるってことは

決して当たり前じゃない」

ってことを
胸の真ん中に置いておきたいんだなぁ。。。

 

 

 

基本的に
「卒業」や「入学」という
子どもの「人生の節目」って

子どもの「成長」を喜ぶ日のはず。

 

 

 

ここまで健やかに育ってくれたことを
家族みんなで喜んで、感謝する日じゃ
ないでしょうか?

 

972813

 

 

今の日本は、平和で
子どもが成長していくのは
当たり前の時代だけれども

今も世界のどこかの国では
貧しくて、子どもが食べることすら
当たり前じゃない国もあるわけで。。。

 

 

 

だからこそ

今一度

そばにいるお子さんの存在に感謝して
優しいまなざしで見てみると
どんな「成長」に気づきますか?

(視野=“見える範囲”を広げて下さいね)

 

7a3051d3c2ccbc65adb5cae4d860a2ca_s

 

 

「今ここにある幸せ」を
上手にくみ取れるようになると

子育ての「こだわり」が減って

たいていのことは
笑って許せる
「幸せ体質のお母さん」になって
いくんだなぁ。。。

 

 

Print

あなたのお子さんの道は
どこにつながっているのでしょう?


どこにつながっているかが
わからなくて不安な時もあるかもだけど
必ず「どこかに」つながってます!

 


お知らせ

令和2年6月8日(月)より「個別サポートコース(半年レッスン・6月生さん)」を若干名募集する予定です

詳細につきましては

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内)

友だち追加

2)7日間無料メールセミナー

見守る子育てメールセミナー

にて(ご登録者のみに)お知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA