「今」を生きる 【見守る子育て】メルマガ Vol.67  

メメント・モリ

【最初にご注意】

今日は「死」について
考える場面が何度か出てきますので
苦手な方は読まないで下さいね。

m(__)m

 

 

私が学んだのは
「マスターコーチング」。

 

 

「人生の主人公」になるための
コーチング です。

 

 

たった1回しかない
自分の人生を
後悔しないものするために

自分の「人生のハンドル」を
しっかり握って

人生の「質」をあげる ことを
学びました。

 

 

なので

授業では
「死」について考える時間が
何度かありました。

 

 

というのは
ラテン語で

「メメント・モリ」

「自分が(いつか)必ず死ぬことを
忘れるな」という意味の

「言葉」がありますが

 

 

どんな人にも いつか必ずやってくる
「死」を考えて
「今を生きる」ことは

人が充実した人生をおくるために
とても大事だからです。

 

 

 

Q.「自分のお葬式の場面を
 想像してみて下さい。
 来てくれた人は
 みんな なんて言ってますか?」

 

とか

Q.「その時になんて言ってほしいですか?」

なんて感じの「ワーク」があったり
したんですよ。

 

 

 

(幽体離脱して「自分のお葬式」を
上から見ているイメージです)

 

 

もし「その時」がきたら…
誰に 何を 伝えたいだろう?

 

昨年 最愛の奥様の
小林麻央さんを亡くされた
海老蔵さんの会見を見て
私が一番心に残ったのは

やはり
真央さんの最後の言葉でした。

 

 

「愛してる」

 

 

会見をリアルタイムで見ていた
私にとって

この言葉は 本当に衝撃的で

もう
鳥肌がぶわ~っと立って

「すごい!
本当にすごい人だ! 真央さんって。

最後まで
人に愛情を与えていかれたんだ!」

 

 

 

最後に伝える言葉が
「愛情を伝える(与える)言葉」だったって
ことに

 

驚き と 畏敬 と 感謝と…

いろんな感情が
どばーっとあふれ出して
ただただ感動していました。

 

 

もし

私なら

「その日」が来て

「その時」になったら

誰になんて言って逝きたいだろう?

 

 

そんな 新たな「質問」が
私の心にドシンと降りてきて

 

 

 

 

この「答え」はすぐには出さずに

しばらくはずっと
探し続けていたいような

今は そんな気持ちでいます。

 

 

真央さんの「生き方」が
どれほどの人の心に
影響を与えて続けているのかですが…

 

 

 

真央さんのブログ のコメント欄には

・ありがとうといういう「感謝」や

・お疲れ様でしたという「ねぎらい」や

そして

・「私も〇〇を大切にしたいです」

という「自分の決意」を書き込む人が

沢山いらっしゃって。。。

 

この様子を見て

また

鳥肌が立ったのでした。。。

 

 

 

<そして現在も>

あれから1年。
真央さんのブログは英訳され
今もコメントされている方が
多数いらっしゃることに
今回 また 驚きました。。。

 

 

 

 

小林麻央さんの
ご冥福をお祈りいたします。

 


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA