【子育てのお金】うまくいかない親子の場合

中学・高校生から
男の子の見守る子育てコーチング
わかばやしゆかこです。

 

今日は
子育てには切っても切れない
お金の話。

 

 

今も昔も
お金のことがキッカケで
親子が決裂してしまったお宅の話
って結構聞いたりしませんか?

 

 

「うちはそんな風になりたくないなぁ」
と思われる方に
読んでいただきたい内容です。

 

 

お金の価値vs子どもの価値

 

ワタシが住んでいる長野県は
昔から教育県と
言われているらしくてね。
(あ ワタシは関西出身)

 

周りを見渡すと
教育熱心な人も結構多いように
感じています。

 

といっても
他の地域で子育てしたことがないので
実際のところはわかりませんが(^_^;

 

 

そんな長野県には
選べるほど大学はないから

お土地柄的に関東(東京)の大学に
進学する子が多くなります。

 

となるとね。

親としては当然のように
「仕送り」が発生~~~

 

 

 

 

周りにも
仕送り世代が多かったりするので
いろんな話が入ってくるのですが

 

だけど

ココで問題が、、、

 

 

 

成功報酬じゃないけれど

 

例えば
親が払う価値があると思う大学に
進学した子どもに対する「仕送り」と

 

 

あまり価値がないと思う大学に
進学した子に対する「仕送り」では

同じ金額だとしても
出す側の親にとっては
結構複雑な感情になりがち
なんだなぁ。。。

 

お金は価値のあるモノにかけるべき

 

子どもにかけるお金の話
で何度か書いてきてますが

 

私は

親側に
子どもにかけたお金の分
元を取ろうという気持ちが
強くある場合

 

親子関係が
うまくいかなくなることが
多いなぁと感じています。

 

 

でね。

多分
この問題の根っこには

「損したくない気持ち」

からの

「お金は価値のあるもの
だけに
使うべき」

みたいな価値観にありそうだなぁと。

 

 

 

「価値がある」とは

この場合は

「偏差値の高い有名校」

みたいな感じです。

 

 

 

この辺りがね。

 

ホント

この子育ての最終段階の時期に
親として試されていることだなぁと
感じている部分なのですが

 

大きなお金がドンドン
出ていくこの時期に

 

「わが子にはそのお金を
かけるだけの価値がある」

と思ってかけるのと

 

VS

 

「その価値がホントにあるのか?」

ひどい場合は
「こんなの無駄金だ」と
思ってかけるのとでは

(モチロンかけない場合もある)

 

本当に大切な存在であるはずの
わが子への愛情の伝わり方が
全く違ってくるんだなぁ。。。

 

 

 

大切な大切な存在だったはず。。。

 

わが子の「存在」よりも価値がある事ってなんだろう?

 

コレ本当に沢山の方が
持っている価値観なのですが

 

★一生懸命がんばることに
価値がある★

 

という気持ちが強い方は

一生懸命がんばらない
子どもの姿を見ると
めちゃくちゃイライラします。

 

 

だからこそ

親の期待する分野において
(例:勉強、スポーツなど)

 

・一生懸命がんばらなかったり

・結果が出せなかったりする
子どもに対して

 

→お金は出さない!と宣言したり

→出したとしても
嫌みを言ってしまったり

 

ひどくなると

勘当する!なんて話も
昔からあったりしますよね?

 

 

 

 

 

だけどね。

 

親ががんばるべきだと
思っている分野で
一生懸命ではないだけで

 

本人は本人の
がんばりたい分野で
がんばってる場合も
多くあったりするんだなぁ。。。

 

 

親子関係がうまくいっていない
と実感されている方に

確認していただきたいのは

 

 

・がんばってる子どもや
・結果を出した子ども

には、親として
お金をかける価値があるけれども

 

・がんばらなかったり
・結果を出せない子どもには

お金をかける価値がない

という「あり方」になっていないかな?
ということ。

(↑条件付きの愛情になっている)

 

 

 

というのはね。

子どもは、親から

「どんなあなたでも価値がある」

と思って育ててもらってると

自分は親に愛されているという
漠然とした安心感に包まれて
生きていけるようになります。

 

 

 

だけど 今
生きづらさを感じている人の多くは

この
「どんな自分でも愛されている」
という安心感(自信)がない場合が
多かったりするんですよね。。。

 

 

だからこそ私は
「どんなあなたでも価値がある」と
わが子に伝え続けることこそが

子育てにおいて
何よりも大切なことだと思っています。

 

 

 

 

そのためにも

子どもにお金がかかってしまう場合は

出来る範囲でいいので

「この子にはその価値がある」
と信じて
黙って出してあげることを
心がけるといいなぁと思っています。

 

 

 

参考までに

過去(長男の浪人生の時)に書いた
「お金の話」です

↓ ↓

 

 

受験ってお金かかるけど、できたら「生きたお金」の使い方をしたいと思う件

 

 

*【お知らせ】******

 

ただ今
わかばやしの「個別サポートメニュー」
は満席のため
募集をストップしております。

 

空きがでましたら
「ライン@」や(←こっちの方が早い)

「メルマガ」にてお知らせいたします。

 

 

ライン@のご登録はコチラから

(月・水・金の週3でブログ更新や
お得な情報をお届けしています♪)

 

 

 

7日間無料メールセミナー

のご登録はコチラから

(7日間のメールセミナーの後
自動的に切り替わって
毎週月曜日の午前中に
メルマガをお届けしています)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA