健全な自立に必要なのは「〇〇〇」?!

先日、コースを卒業された
クライアントさんから
こんなメールをいただきました。

 

↓  ↓  ↓

毎日、大丈夫?って思うくらい、
思いっきり遊んでいますが
高校はじまったら毎日クラブ漬けという
覚悟はあるようで、
大丈夫かな?の「不安」を感じないように、
私なりにできる範囲でケセラセラと
毎日を過ごすよう心がけています

 

(ご本人の承諾をいただいて
掲載させてもらってます)

~・~・~・~・~・

 

何ともほっこりする
その後のご報告を読ませていただきながら
「あ~ やっぱこれだーー!!」と
思って書き始めたのが今日のブログ。

 

↓  ↓

「健全な自立に必要なのは〇〇〇」

 

と、思わせぶりに「〇〇〇」にした
「〇〇〇」に入る言葉は…

 

「満・足・感」

 

子どもが健全に自立していくには
日々「満足感」を感じながら
成長していくことが大事だな~
と思っています。。。

 

***

 

私たち母親って
子どもが小さい頃から

子どもの
「もっと遊びたい!」
「もっとやりたい!」
って気持ちを

・時間だから

っていう理由で

ぶった切ってきませんでしたか?

 

21495fd47d3871c059c6069b688a361b_s

 

 

私で言えば

幼稚園の頃の「公園遊び」は
「17時までね。」とか

「ゲームは1時間以内!」

って感じで、制限をかけて
本人が「もうやりつくした~(*^^*)」と
満足する前に

いつもいつも
STOPをかけてきたように思います。。。

 

87906c26c74648e48737532df07d16b3_s

 

 

確かに

たしかに

子どもの好きなようにさせていては
日々の生活も回っていかないので
仕方がなかったと言えば
その通りなんですけど

 

 

親にかけられた制限のために
常に常に
「満足感」を感じないでいた子どもは

日常的に「欲求不満」
に陥ってるんじゃないかなあ?

 

それこそが
今の「問題」をつくっていると
思うのですよー。

 

 

例えるならば
ダイエット。

まずは
子どもが自分で必要だと思って

始めた「ダイエット」じゃないってことを
認識することが大切。

 

そのうえで

ホントは
食べたいものがずーっとあって
それをおなかいっぱい食べたいのに!
「食べすぎはダメ!」

「半分だけ!」

って感じで、
親の判断で制限され

管理され続けている状態だとしたら

これ

いつか
「ドカ食い」もしたくなるし
反発したくもなるって

思いませんか?

 

112391

 

 

もちろん

「好きなようにさせたら
この子は堕落していってしまう、、、」

という「不安」があるからこそ

(子どもが大事だからこそ)

「制限」をかけちゃうのだと
思うのですが

 

これって

やっぱり
子どもの「自制心」や「自己管理能力」
の「存在」や「伸びしろ」を
信じてないってこと。

 

 

子どもを「信じる」って
裏切られることも
おうおうにしてあることだから

信じる側の私たちが
ある程度の「痛み」を覚悟すること
必要になってきます。

 

729032

子どもが失敗するとわかっていても
あ・え・て「させる覚悟」を持たないと

(親としての「傷つく覚悟」です)

「自立心」って育っていかないんだなあ。。。

 

 

今回いただいてメールで

お母さんが大丈夫?って思うくらい
春休みに思いっきり遊んでいる
〇〇くんの姿を思い浮かべては

(↑ 実際にお会いしたことはないのに 笑)

きっと

満足感いっぱいの幸せそうな
お顔をされているんだろうなぁ°˖✧ と

 

132948

 

 

そして

そんな息子さんを見守っている
お母さん(元クライアントさん)も
傷つくかもしれない「不安」を手放されて
優しい表情をされているんだろうなーっと

 

231070

 

 

 

こんなことを
思い浮かべては
(妄想ともいいます (^.^))
幸せな気持ちになったりしてます~

 

 

 

 

ケ・セラ・セラ

なるようになる

(Whatever Will Be、Will Be)

 

ほんと
いい言葉(歌♪)ですよね~☆彡

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA