子どもを東大に入れたお母さんがやっていた2つのこと 【林先生編】

先週
林修先生が司会の
TV番組を見てまして

これまでの「予備校講師」としての
経験の中から

244235

「子どもを東大に入れたお母さんが
やっていた2つのこと」

を発表していたんです。

 

見ていた方
いらっしゃいますかね?

グサッとアカデミアって番組です。

 

その2つとは。。。

 

・・・・・・・・・・・・・・・
1) 情報 と 人間 を上手く遮断する。

2)子どもに「勉強しなさい」は絶対にNG!
・・・・・・・・・・・・・・・

でした。

 

 

この 2番目の項目

子どもに「勉強しなさい」は絶対にNG!

を見て

 

「でしょーーー! やっぱり!」

とテレビに向って
叫んでしまったという 笑

 

 

cecf910020a728b4abc1cba04f002a68_s

 

 

もちろん

私の場合は

元教育ママ&こじらせ母でしたので

最初から「勉強しなさい」と
言わなかったんじゃなくって

それまで散々言ってる状態から

言うのをやめたパターンなのですが
(6年前)

 

自主的に勉強している
息子達を見ていると

勉強しろと言えば言うほど
しない子になる

ということは
ここのところ実感してました。

 

 

注意
林先生もおっしゃってましたが
東大に入ることが
必ずしもいいことではない
という前置きのもとでの話です。

要は「自分から進んで
勉強する子に育てるには」
いう感じで
とらえてもらえればいいかな?
と私は感じました。

 

子どもが勉強するか しないか
を見張っていると

親としても
とっても苦しい子育てになるので

「勉強しなさい」と言わない子育て
始めてみませんか?

 

苦しいのは最初だけ。

後はめっちゃラクになりますよ~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA