「見守れない」理由のNO1はこれだと思う

「原因と結果の法則」って
ご存知ですか?

今起こってる事象(結果)には
必ず原因(理由)がある。

 

そう考えると

お母さんが子どもを
見守れなくなってるには
必ず理由があって

その理由がわかれば
そこにアプローチすることで
解決の糸口が見えてきます。

 

 

私が考える
多分「NO1」と思われるその理由

それは

お母さん自身が
親から見守ってもらってない

から。

 

* * *

 

子どもだった過去
自由に人生の選択を
させてもらえなかった方
いらっしゃいませんか?

 

 

69cb0c2a1e01e2f98efef16720c37ccb_l

例えば

親の決めた人と
結婚しなくちゃいけなかったり

 

あるいは

好きな人との結婚を
反対されてたり

 

大学に行きたかったのに
行かせてもらえなかったり

 

 

しかも
もしかしたら

現在進行形で

自分やご主人の親御さんから
子育てにおいても
「あーしろ こーしろ」と
指図されてたり

 

当然こうすべきだろうという
「無言のプレッシャー」を感じて
自分の意思を言えなかったり

 

もしかしたら

事業の後継ぎのための
子育てをしてたり

あー
書いてて切なくなってきた。。。

 

 

自分の生きたいように
自由に生きられない

誰かの顔色を見ながらの子育て
って

苦しいですよね。。。

 

* * *

 

我が子には
そんな想いはさせたくない!

そう思うからこそ
幸せに生きていくための
強い武器(学歴とか資格とか)を
身に着けてほしい!

って願う気持ちは

我慢を強いられてきた方なら
しごく当然なものなのかも
しれません。。。

 

 

子どもが自発的に勉強したり
資格を取ろうとしたりするなら
いいんだけど

 

 

「いい大学を出ないと
ろくな人生にならないよ」的な

子どもの不安をあおるような
誘導の仕方は
私は悲しいなと思います。

 

 

親 → お母さん → 息子

この負の連鎖に気づいて

 

559896

「私こそが
 この悲しい流れを止める」

という方の決意を

私はコーチとして
支援していきたいです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA