子どもに「やる気」を出してほしい方は読んで下さい。

長野県では
「やる気」や「根気」のことを
「ずく」って言葉で表現することが
あるのですが


「〇〇さんはずくのある人だ」とか
ずくがないから、今年はできない」
とかって感じで使う

 

 

子どもが「やる気(ずく)」を
出さない!という事に対して、
困っている親御さんが
ホント多いんですーー。

 

 

 

親御さんって書いたのは
この気持ちって、決して
お母さんだけじゃなくって

「あいつはなんで勉強しないんだっ!」

って感じで、
イライラしがちなお父さんも
今の時代、多かったりするから。

 

 

245630

 

 

お父さんとお母さんが
どうしてもわが子に
出してほしいと思う「やる気」とは

 

・勉強すること

(コレめちゃ厳しい基準の人多し。
親の期待以上の勉強時間。
親の期待以上の勉強のやり方。
親の期待以上の成果(点数・判定・合格など)

・ちゃんと学校に行くこと

・部活や習い事をちゃんとやること

・決められた手伝いや何かの世話

 

などなど。

 

 

でも

これらに対して親御さんが
「やるべきだ」と思えば思うほど

子どもの「やる気」は
出ないんだなぁ。。。

 

今まさにそうじゃないですか?

 

 

で、そんな

お子さんの現状を
なんとか変えたい時に

親としての必要なマインドはコレ↓

 

・・・・・・・・・・・・・・・
やる気の出ない
お子さんの現状に

親が困らないこと。
・・・・・・・・・・・・・・・

 

「えー!!
今、困ってるのに
困らなくなるって
どういうことーー?!」

って、怒られちゃうこと必須で
書いておりますが (^^;

 

でも、ほんとにほんとに
そうなんです!

 

コレが
今の「問題」を解決する
最強&最善&早道だったりするのです。

 

 

要するに

・・・・・・・・・・・・・・・
今、問題だと思ってることを
問題だと思わなくなりましょう
・・・・・・・・・・・・・・・

ってこと。

 

 

 

どういうことかと言うと

「あなたの「今の姿」に
お父さんもお母さんも
全然困ってないから
自由に考えていいよ(^^」

っていう親の姿勢、心底
お子さんに伝わることで

(↑コレ
「親の問題」と「子どもの問題」を
切り離して考えられるように
なっているということです)

子どもは
世間一般的に良しとされる
親に強要された「答え」(選択肢)の中で
やる気をださなくっちゃいけない
状態から、ぱーっと解放されて

オンリーワンの
「自分らしい答え」
出すことができるってこと。

 

(どんな「答え」を出しても
  「怒られない!」という安心感って
「やる気」を出す土壌に大事です💛)

 

でね。

そんな、子どもが見つけた
自分らしい「答え」って

子どもが
本当に「やりたいこと」だって
思いませんか?

 

 

だとしたら
そこに「やる気」が付随してるのは
ある意味当然だったりしますよね?

 

133947

 

 

 

 

 

何度かブログでも書いている
理論

「何かを手放すと
空いたスペースに
新しいものが入ってくる」

 

参考記事↓
どうして子どもにイライラしてしまうのか?ゆるめると入ってくるもの

 

私は

「勉強すべき」を手放したら

子どもが自分から勉強
するようになりました(゜o゜)

 

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

 

5年前、息子たちに
「やりたいこと・やりたくないこと」

を自由に選択していいよと
息子の人生に介入するのをやめたことで

息子達は 自分の選択基準で生き始め

 

勉強は自分の夢を
叶えるためにとても大切なものだ

と、自分で実感して
どん底を経験したので痛感とも)
自分の意志で勉強を始めました。

 

 

 

あなたが今
手放すことが怖いと思っている
「想い」はどんな想いですか?
 

 

ほんの少しの「手放す勇気」が
「お子さんが幸せに自立していく姿」
を見せて
くれますよ(*^^*)

 

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA