受験ってお金かかるけど、できたら「生きたお金」の使い方をしたいと思う件

長男の予備校の
後期授業が始まりました~。

 

この予備校ですが、

学費は1年分の前払いでしたが
教材代は(←なぜか別請求)
前期分と後期分に分けて
請求が来るので、後期分を
本日振込してきたんですけど

ホント 受験って
めっちゃお金がかかりますー。

 

 

 

444568

 

その銀行からの帰り道に考えたこと。

 

***

 

高校受験にしろ
大学受験にしろ

子どもが
これから3~4年間を過ごす居場所を
自分で手に入れようとする時に

親としてできるのは

・食事の部分 や
・経済的な部分

での応援(サポート)だけだなあと
私は思っています。

 

 

095400

 

要するに

「勉強をいつやるか?」とか
「どれくらいやるか?」とか
「どんな風にやるか?」などは
ぜーんぶ 子どもが決めることで

親は余計なこと言わずに
黙って見守りましょ(^_-)-☆
ってこと 笑

 

 

 

なので

こうして かかってしまう
お金(教育費)については

「お金かかってるんやから
しっかりがんばりや!」的な

「恩着せがましい言葉」を言わずに 笑

黙って振り込んでいます。

 

ぶっちゃけ
文句言いたくなる時あるけどね~。

 

 

 

 

子どもが「勉強のやる気」を
出すためには

受験校(自分のこれから歩く道)を
決める時に

親がいいと思う道へ
誘導することなく

本人の意思を尊重(最優先)すること。

が「大きな要因」になると思ってます。

 

 

 

例え

それが
「お金のかかる選択」であろうが

経済的な部分で文句を一切言わず

「あんたの好きな道を選びや~
どの道を選んでもいいで(*^^*)」

の姿勢がいいと思うんだなぁ。。。

 

 

 

というのはね。

確かに お金を払うのは
親だから

できたら
「お金のかからない選択」を
してくれる方が
正直、ありがたいですよね?

 

だって

受験って ただでさえ
お金がかかるし、
他に兄弟もいるしね。。。

 

 

だけど

「ホントは行きたい高校が
あったのに!

やりたいことがあったのに!

親が反対したせいで
自分の思う選択をできなかった!」

 

という「想い」は 時間がたつと

「恨み」に変わっていく場合があって

 

 
親に選ばされた「居場所(学校)」で
自分らしく楽しめなかった場合は
特に

「やる気」が出ない要因になったり

自分の人生を
自分で選択できなかった「腹いせ」
親にぶつけてくる(復讐)事例も
よくお聞きしたりするのですよ。。。

 

 

715656

 

 

 

 

なので

最初に

「高校は私立はダメ!」
「県立一本で行きなさい」
「大学は国公立しかダメ!」

とか って感じで
「経済的なこと」を言って

子どもの人生の選択肢を
狭めちゃうのではなくって

 

 

 

まずは

 

子どもが「どうしたいか」
「本当の気持ち(欲求)」を
よく よーーーーく
聞いてあげてほしいんだなあ。

 

 

 

 

親のできる範囲で
その欲求を
な・ん・と・かして叶えてあげようとする

「姿勢」を見せてあげてほしいのです。

 

51rM7LQkldL__SX352_BO1,204,203,200_

(参考:ビリギャルのあーちゃん(母親))

 

「お金がない」って
口癖のように
おっしゃる方、
本当に多いんだけど

それって
ホントの  ほんとですか?

 

 

 

 

 

 

今年の長男の大学受験ですが

・現役時代に通ってた予備校代
・大学の出願代(大体1校3万円くらい)
・宿泊代
・交通費

など
特にうちは
松本という地方の受験生だったから

宿泊代や交通費などで
めちゃくちゃお金がかかりました。

 

102534

 

なのに!

浪人が決定しまして、、、

 

 

親として
もやもやして やるせない気持ちが

 

どんどん

 

どんどん

 

どんどん

 

わいてきてねーーー  (>_<)

 

 

思わず

「こんなにお金をかけさせておいて
なんで もっと
努力せーへんかったんよー💢」

みたいな

「イライラ」や「嫌味」を
長男にぶつけてしまいそうになる
私がいたんですよーーー

 (-_-;)

 

 

 

でも

この気持ちを子どもにぶつけても
なーんにも いいことがないってこと

むしろ逆効果になるってこと

「見守る子育て」を
提唱している私としては
重々承知してます 笑

 

 

 

なので

こういった↑ 愚痴は
夫に! よく聞いてもらいまして 笑

 

そのあとで

「今回 これだけ
お金もたくさん使って
受験に向けたサポートをずっとしてきて

精一杯長男の応援ができた私たちって
ほんまに よくやったやんなぁ。

親として そんな自分たちを
誇りに思えば
それでええやんなあ。」


話し合う時間をとって

お互いをねぎらい合えたことで

(ある意味 無理やり 笑)
心のもやもやを晴らしました!!

 

 

「長男にいっぱいかけた教育費が
今年は残念ながら報われなかった」
件については

自分の本心(欲望)と向き合う
めっちゃよい機会になって

 

 

「損したくない」
「お金をかけた分、元を取りたい」

という気持ちとの戦い に勝ったような
めっちゃすがすがしい気持ちなんですよ~笑

親として 1アップ⤴ 

一回り成長できた感じがしてます♪

 

 

 

 

 

同じ「お金」をかけるなら

1)まずは子どもが笑顔になって

 

 

132948

 

その子どもの笑顔をみて
2)自分(親)も笑顔になる。

 

そして
3)みんなが笑顔になる

「生きた」お金の使い方がいいな♪

 

 

 

 

 

全国の受験生をサポートするお母さん。

あと半年!

 

43f78079636d37633d1e1892c9327dd0_s

頑張りましょうね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA