経済的圧迫をしない 【思春期男子の「見守り」方21】

559896

 

「高校は県立一本ね」

「大学は国公立しかダメだからね」

 

って
身近でとってもよく聞くセリフですが

 

 

「親からは、
県立しか(国公立しか)ダメだって
言われてる (T_T)」

って感じで
お子さんから直接聞くこともある
セリフだったりもします。

 

 

特に 今年は
本当ーーに よく聞いたので

 

 

ある意味

受験生がいらっしゃるご家庭においては

もうコレは
当たり前のセリフになってる感じすらします。

 

 

 

もしかしたら
今このブログをお読みのみなさんも

「あー 私も言ったことあるわーー」

という方もいらっしゃるかも?

 

 

今日は

子どもたちが自分の進路を考える時期に

親がついつい言ってしまいがちな
「経済的圧迫」のセリフについて
考えていきます。

 

 

263246

 

 

 

経済的圧迫

「5文字の漢字」で書いてしまうと
とっても強い言葉になってしまって

今もしかしたら
グサッときた親御さんも

いらっしゃるかもしれませんが

(_ _)

 

このセリフを言われたお子さん側の
気持ちになってみると

 

 

自分の進路先の
大部分をふさがれてしまったような
ちょっと「薄暗~い気持ち」に
なってしまう
強烈でパワフルなセリフだったり
するんですよね。。。

 

1821764p

 

 

 

 

というのは

まだ 親に経済的に頼らざるをえない
この時期の子どもたちにとっては

お金のことを言われると
とにかく何も言えません。

 

「わかってる」

という返事しかできない子が
ほとんどだから。

(圧迫っていうのがこーゆこと)

 

 

 

しかも

「他の兄弟もいるからね!」

なんて感じの「ダメ押し」まで
押されちゃうことも多々あるので

ますます
「ぐうの音」もでなくなって

 

・本当はやりたいことがあるのに
親には相談出来なくなったり

・県立(国公立)には合格する気がしなくて
やる気が出なくなってしまったり

・やさぐれてしまったり

・ゲームの世界に逃げ込んでしまったり

する原因となりやすいのです。

 

 

 

実は

このセリフをつかう
親御さんの思惑としては

お金のことももちろんあるのだけれど

 

 

国公立(県立)は まんべんなく
沢山の教科を勉強しなければいけないから

「遊んでる暇はないよ!」
「とにかく今すぐにでも勉強を始めなさい!」

という、受験生のお尻をたたく気持ちで
言ってることも多いように思います。

 

 

 

要は

勉強をすぐに!もっと!させたいから
親が
子どもの選択肢を狭めて
やる気を引っ張りだそうというセリフ。

 

 

 

だけど、、、

本人は「わかった」って
親の意向を了承したはずなのに!

 

勉強をするそぶりが全く見られないから

結局 余計にイライラして

 

まるで意地悪するかのように

何度も何度も
ダメ押しして言っちゃってるってこと
あるんじゃないかな~。。。

 

 

170212

圧迫。。。

 

 

 

 

でも

でも

実は

 

「国公立(県立)しかダメ!」

と言いながらも

結果として
私立に進んでいる子が多いのも
これまた事実。

 

 

 

要するに
私立に行かせる「お金がない」

のではなくて

 

一生懸命がんばらないあなたに
つかうお金はないのよ」

 

と言ってるようなものだって
思うんですよね。

 

 

(↑親はそのつもりはなくても
子どもがどう感じるか?
何が伝わるか?だったりします…)

 

 

でね。

 

これって
自分の進路を決める大事な時に
親からこんな風に

言われた子どもの側になってみたら

ちょっと
後々まで引きずりそうなセリフに
なるかも
って思いません?

 

 

862171

自分の好きなようにさせてもらえなかった…
あの時本当は行きたい大学があったのに…
ムカツクー

 

 

 

 

 

とはいえね。

 

本当に
教育費ってお金がかかりますよねぇ。。。

 

102534

 

 

 

だから

 

だから

もし、お金のことを言うとしたら

言い方を考えてみるといいんじゃ
ないかな~。

 

 

 

 

「国公立に行ってくれると
家計としては助かるなぁ」

とか

「家計的に苦しいのは確かだけど
出来るだけあなたの希望を
かなえてあげたいって
お父さんもお母さんも
思ってるからね」

 

とかって感じで

 

 

お子さんの行きたい進路(望み)を
お父さんもお母さんも なんとしてでも
かなえてあげたい

という<姿勢>をお子さんに
感じさせて
あげて欲しいんだなあ。。。

 

 

そうすると

やる気も出やすいし
わき出たやる気も持続しやすいって

思うのだけど。。。

 

 

 

 

 

というわけで

経済的圧迫は
しない方がいいと思います。

 

 

 

 

【ご参考までに】

私立でも<返還義務のない奨学金>
あるらしいです。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA