4年前の鬱だった時の自分に教えてあげたいこと【見守る子育て】メルマガ Vol.110

子どもの行動に母がイライラする本当の理由

・勉強しない
・ゲームばっかりしている

など

日々の子育ての場面で
イライラすることって多いですが

 

これ「何でかなぁ?」と深掘りして
探っていくといくと

★ダラダラしていて
もっと頑張れるのに、がんばらない★

ってことが許せなかったりするんじゃ
ないかなぁ。。。

 

 

子どもが熱中しているのが

スポーツだと
→健全な感じがしたり

勉強系だと
→将来の役に立ちそうだったり

するから安心していられるんだけど

ゲームとかだと
→無駄なこと(生産性のないこと)に
時間を使って「頑張ってない」と感じて
イライラしちゃうのかなぁと。

 

 

鬱になってわかったこと

 

4年前に鬱になったことを

だんだんと 痛みを伴わずに
話せるようになってきた私ですが

 

 

眠れなくなって
食べれなくなって

読書も
テレビもお菓子も
友達とのおしゃべりも

それまで楽しいと思っていたことが
ぜーんぶ楽しくなくなってしまった私が

一番最初に楽しい!!
と感じてめっちゃはまったのが

実は「ゲーム」でした。

 

 

ラインの「ポコポコ」っていう
パズルみたいな単純なゲームなんですが

課題をクリアして
次のステージにいけるのが
当時の私は
それはそれは楽しくってですねー。

 

 

もう
朝からやってました 笑

 

 

息子たちのゲームに関して
さんざん

「いつまでやってるの!
もう いい加減にしなさい!」


怒りまくっていた私が
朝からゲームをやってるのですよー。

 

 

今、思い返してみても
矛盾しまくっている自分が笑えます。

 

 

だけど 当時
そんな矛盾しまくりの母の姿を見ても
息子たちは何も言わずに
ほっといてくれていました。

 

どれも必要な時間で経験だった

 

子どもがダラダラするのを見ると
イライラしてしまう時って

もしかしたら それは
お母さんが
毎日、頑張り過ぎてるサインなのかなぁと
思うんです。

 

 

 

 

というのは

私自身も
自分が鬱になって
いろんなことを頑張れなくなった時に

初めて

毎日、頑張れなくって
ゲームをしてしまう時の子どもの気持ちが
少しだけ
わかったように感じたからです。

 

 

人間
頑張れない時ってあるよなぁ って。

 

 

もう今は
全くゲームをしたいと思わなくなった
私ですが

この時の

毎日ダラダラとゲームばかりしていても
誰にも
なんにも言われなかった経験は

実は
とってもありがたいことで

私には必要なことで
大切なことだったんだなあって
思うようになりました。

 

 

 

 

 

当時の私は 苦しくって苦しくって
ダラダラすることしかできない自分を
責めてばっかりいたけれど

あの時の私に


こんな風に思える自分がいるってことを
教えてあげたいなぁって
書きながら思った
今回のメルマガでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA