「見守れない」理由 その3

中学・高校生から
男の子の見守る子育てコーチング
わかばやしゆかこです。

 

今日は子どもを見守れない理由
「その3」です。

 

「その3」ですけど
もしかしたらね。

沢山のお母さんの
NO1の理由かもしれないなぁとも
思っている「見守れない理由」です。

 

 

それは

 

「もうそんなもの 崩れたよ」

と最近は言われてきているけど

 

いやいやどうして

なかなかすんなり
お母さんが手放すことができない
コレ。

 

 

「学歴神話」

 

 

244235

 

 

いや~ だってね。

聞きませんか?

 

 

最近、就活の時に

国立大学とか
有名大学じゃないと
エントリーすらさせてもらえない

とかって話。

 

 

 

先日の予備校の説明でも

やっぱりこの手の話
「就職フィルター」って話を
聞きましたもん。

 

 

だから、この「学歴神話」
今日の「見守れない」理由 。

 

お母さんが子どもに
「勉強しなさい」と
何度も言ってしまう理由です。

 

今日はそこに切り込んでいきます。

 

 

学歴が高い方が子どもは幸せになれるのか?

 

まずは、
この質問から

 

「学歴が高い方が
子どもは幸せになれると
思いますか?」

 

 

 

これ

 

多分

 

いや

 

絶対

 

「イエス」の人が
多いような気がするーーーー。

 

 

 

と言うよりも

「学歴が高い方が
幸せになる確率が高くなる」

って答えが返ってきそう。。。

 

 

そう思ってるからこそ
この価値観を手放しにくい。

 

 

手放すには、不安すぎますよね?

 

 

なので

もう一つ質問します!

 

 

「子どもが幸せになるために
学歴よりも大切なものが
あるとしたら何ですか?」

 

じっくり
考えてみて下さいね。

 

 

 

 

 

私はね。

この答えは
本当にいっぱいあると思ってます。

 

 

例えば

「素直な心」

 

「自分を信じる力」 

 

「人を思いやる気持ち」

 

「責任感」

 

「誰かを愛する気持ち」

 

「へこたれないチカラ」 

 

「コミュニケーション力」

 

「自分で考えるチカラ」

 

とかです。

(もっとあるかも~)

 

 

だけど

この「学歴神話」に従って

「学歴」という「武器」を
わが子に手に入れさせるために

 

「勉強」にスポットライトを
あてる子育てをずーっとしていると

 

 

こういった

「大切なもの」

が育たなくなってしまう。

 

 

そんな感じがしませんか?

 

 

 

 

実はワタシが働いていたのは…

 

プロフィールを見てもらえると
わかるのですが

 

実は
私が独身時代働いていた場所は

一流国立大学。

 

 

 

もう
偏差値の高い人ばっかりの
環境で働いていました。

あ 私はフツーの非常勤職員です 笑

 

 

 

工学部(今は工学研究科)
〇〇化学教室といって

大学院の学生さんが入る研究室
(ほぼ男子ばかりの環境)
で、秘書をしてました。

 

 

 

225550

 

 

先生や学生さんたちは
一日中、実験と研究。

 

 

本当~に、朝から晩まで
ずーーっと実験と研究。

 

 

 

一見とっても地味だけれど

本気でノーベル賞級の発見を
目指しておられました。。。

 

 

 

 

友だちの紹介で
私が働き始めた頃は

まだまだバブリーな時代で

 

学生さん達は

「就活」なんてしなくても

 

そうそうたる一流企業の
人事部の偉い方が

「是非うちに優秀な学生さんを!」

と、教授にお願いしに来られる
時代でした。

 

 

ちょ~ 青田狩り です。

 

 

 

それこそ
学生さんが希望すれば
どこにでも!すぐに!
内定する状況で

 

「さすが
京大生はちゃうわー」

と羨望の眼差しで見てました。。。

 

 

でも
バブルもはじけ
退職間際になってくると

なかなか就職が決まらない
学生さんが出てきたんです。

 

 

 

多くは

コミュニケーション
うまく取れない学生さん」

でした。

 

 

 

面接に行くんだけれども
うまく話せなくて

「優秀なのはわかるけど」

といって断られる学生さんが
増えていきました。。。

 

学歴神話はなくなったのか?

 

この「学歴神話」が
なくなったとは思ってません。

 

 

高学歴の人

勉強という分野で
一所懸命努力してきた人

だと、私も思うし

 

例えば

就活などで

多くの人の中から
一緒に働く人を選ぶときに
用いる「一つのモノサシ」としては
ありだと思うから。

 

 

 

でも

幸せに生きていくためには

「学歴」だけじゃなくって
大切なことは他にもある。

 

 

人として幸せに生きるために
育てておきたい部分は

きっとご家庭によって
それぞれだろうけれど

 

 

本当は「そこ」

人として一番大切な部分
基盤になってくる部分。

 

 

 

その基盤の上に
「学力」が育っていること

本当は大切なんだと思うんです。

 

 

 

でね。

 

その
基盤の部分がしっかり育っていればね。

 

 

わが子は

幸せに生きていける

って思うんだなぁ。

 

 

 

 

 

「見守る子育て」で
「大切な基盤の部分」を育ててみませんか?

 

 

 

*【お知らせ】******

 

ただ今
わかばやしの「個別サポートメニュー」
は満席のため
募集をストップしております。

 

空きがでましたら
「ライン@」や(←こっちの方が早い)

「メルマガ」にてお知らせいたします。

 

 

ライン@のご登録はコチラから

(月・水・金の週3でブログ更新や
お得な情報をお届けしています♪)

 

 

 

7日間無料メールセミナー

のご登録はコチラから

(7日間のメールセミナーの後
自動的に切り替わって
毎週月曜日の午前中に
メルマガをお届けしています)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA