「見守れない」理由 その4

「見守れない」理由も【その4】に
なりました。

その理由とは

「お母さんの漠然とした不安」

が理由で
アレコレ言ってしまうです。

 

~・~・~・

 

子どもが小さい頃から
育児雑誌などで
子育て情報を読み漁ってた私。

 

それこそ

「た〇ごくらぶ」
「ひ〇こくらぶ」

の頃からです!

 

もともと「読むのが好き」なタチ
に加えて

初めての子育てに
めちゃくちゃ不安を感じてたから
だと思います。

 

「子育てって、
こーんな大変なことなのに

なんで学校では
「上手な子育ての仕方」
なんてもの、教えて
くれへんかったんよー」

って新米母の頃
よーく思ってました。

 

「学校で習った勉強よりも
はるかに複雑で難しいのに」

って。

 

 

そんな「不安」があるから
いろんなところから
いいと言われる子育ての情報を
集めて

みんながやってる
・「しま〇〇う」とか
・幼児教育とか
やってました。

 

でも

時代はスゴイ勢いで
いろんなものが登場して
便利になっていき

携帯も、いつも間にか
持つのが当たり前になって

 

子どもたちがはまる
ゲームだって
どんどん新しいものが登場して…

 

社会との閉塞感を感じながら
子育てしてた専業主婦の私は

すんごいスピードで
便利になっていく情報社会に
ついていこうと

また
中毒性のある悪そうなモノから
子どもを遠ざけようと

とにかく必死でした。

 

 

そんな中で

・子どもにとっても
・自分にとっても

一番ベストな選択を したかった。

 

 

子育てって失敗できないモノ
だと思ってたし

だからこそ

失敗したらどうしようという
「恐れ」の気持ちがあって

「漠然とした不安」
いつもいつも
心の中でぐるぐる渦巻いてました。

 

082245

 

だからその
「不安」の気持ちを
感じたくなくって
少しでも減らして安心したくって

「勉強しなさい」
「〇〇しなさい」

と言い続けてきたんだな~と
気づいたんです。

 

 

だって

「〇〇できる子」の方が

母親としての不安が
少なくてすみますもんね。。。

 

 

この

「漠然とした自分の不安」
を減らすために

「見守れなく」なってるとしたら

そこをちょっと
自分で自覚するだけで
現状は変えていけます。

 

こんな風に考えると
不安はちょっぴ
減るんじゃないかな~。

 

「人間は
成長しようとする生き物である」

 

a0007_002174

だから
どんなに社会が多様化しても
私たちは対応していける!

 

失敗するかもしれないけど
立ち上がる強さを
ちゃんともっているんだから

って。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA