【兄弟の子育て】育てにくい子に悩んでいるお母さんへ

今日は
お子さん達の中で、特に
「育てにくいお子さん」のことで
お悩み中のお母さんに向けて
書いていきます。

 

 

 

 

実は

「育てにくい」と思って
その子を見ていること自体が

その「育てにくさ」
増長させてしまっている
可能性があるんだなぁ。。。

 

子育てあるある?

 

多様化する今の日本において

自分一人のこと(本当の気持ち)を
大切にするのも大変なのに

自分以外の人(子ども)の気持ちも
同時に大切にしていくということを
頑張り中の私たちお母さん。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中
私にご相談下さる方は
「ご兄弟(姉妹)の子育て」のうち
特に、育てにくいと感じている
お子さんについてのご相談が
多かったりします。

 

 

 

「育てにくいと感じてるその子」
の 上や 下に

 

・勉強ができるタイプの
お兄ちゃんがいたり

 

・何かのスポーツで秀でている
弟くんがいたり

 

・地道でコツコツ頑張るタイプの
お姉ちゃんがいたり

 

・性格的に穏やかで
親のいうことを素直にきく
または
天真爛漫タイプの妹がいたり

 

って感じが多いんだなぁ。。。

 

 

 

なので
親御さんとしては
「育てやすい他の子」と
「育てにくいその子」を
心の中で
どうしても比較してしまっていて

 

 

「この子だけがどうして?!」
と感じてしまうために

悩んでしまっている場合が
多いのではないでしょうか?

 

 

 

どうしてあの子だけが、、、

 

 

 

実は、何年か前に
参加した「子育て講演会」で

ご参加された方々への
事前アンケートにて

 

Q.「小さい頃、親からされて
嫌だったことは何ですか?」

と言う質問があったんです。

 

 

 

で、そのアンケート結果の
第1位の答えが

・兄弟(姉妹)と比較されたこと

でした。

 

 

この結果が発表された時

ご参加中の親御さん達に
一瞬「大きなどよめき」が
起きたのが
ものすごく印象的だったのですが

 

今もなお

「小さい頃に兄弟と比較されて
悲しい思いをした」

というお母さん(お父さん)も
いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

 

でね。

そんな私たちが親となった今

そんなつもりは全然なくっても
親からされて嫌だったことを
無意識に
受け継いじゃってる可能性が
あるんですよね。。。

 

 

 

要するに

「兄弟と比較」されて
嫌な思いをすることって

代々受け継がれてしまっている
「子育てあるある」
なのかもしれません。

 

 

 

 

知らず知らずのうちに伝わっていること

 

子ども達が
兄弟と比較されて
傷付く言葉って
いったい何だと思いますか?

 

何気な~く言っている
大人側にしてみたら
全く悪気はないのだけど

 

例えば

・親から
・親戚から
・祖父母から
・先生から
・近所の人から

 

「お兄ちゃんはいい学校に入ったね」

 

「お姉ちゃんはそういうことは
言わなかったよ」

 

「弟の方は
サッカーがんばってるみたいだね」

 

「妹の方がコツコツやれる子だね」

 

みたいな感じで
ぽそっとつぶやかれた
ほんと何気ない言葉だったりします。

 

 

 

 

だけど
大人のその「何気ない言葉」が
小さなトゲのように
心につきささったままになっていて

傷付いてしまった子ども達。

 

 

 


コレが「自己否定の源」になっていたりも
するんだなぁ。。。

 

(自己肯定感が低い子ほど
どうせ自分は…と
否定的に考えやすくなります)

 

 

 

 

だから

いつまでたっても
自分のいいところを見ずに
自分を認めてくれない親に対して
反発する気持ちが強くなって

 

→いろんな問題を引き起こしたり

→親の期待に余計に逆らったり

という「悪循環」になっていたり
するんだなぁ。

 

 

 

 

まるで悪魔のように
見えちゃうこともあるかもですよね。。。

 

 

究極の「根本解決方法」

 

そんな悪循環が
起きてしまっている
ご家庭のお母さんへ。

 

 

 

「究極の根本解決方法」を
申し上げるとするならば

 

ズバリ

その子のことで悩まないこと

だったりします。

 

 

 

だってね。

悩むってこと自体が
その子の事が原因で困っていて
その子の将来の可能性を
信じてないってことだから

 

どうしたって
「否定のメッセージ」を
その子に向けて
飛ばし続けていることに
なっちゃってるから。

 

 

 

この子は
兄弟とは違って
不器用なところがあるけれど

大丈夫!!

きっと なんとかなる!!

自分で何とかする力を持っている!!

 

という「見方」に
ゴロッと変えてしまえば

親も子どもも
本当に

ほんとうに

ラクになります。

 

なんだ~  本当は
悩まなければうまくいったんだ~

 

 

 

他の子に比べてね。

・勉強や
・スポーツや
・根気

など

親として安心しできる部分が
今はまだまだ
少ないタイプの子かもしれないけれど

 

「その子らしさ」
(ありのままの姿・個性)の部分を
どうぞ否定しないで

 

「その子らしさ」
伸ばすことを考えてあげると

 

やる気の芽が
グングン伸び出すことが
多かったりするのだから。

 

 

 

 

そのままの自分でいいんだ!
親から認めてもらえたーーー\(^o^)/

 

 

 


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

【兄弟の子育て】育てにくい子に悩んでいるお母さんへ” に対して 2 件のコメントがあります

  1. メグ より:

    おはようございます。
    そのままでの自分でいいんだということ
    その通りですね。(^^)
    応援ポチ。

  2. yukako より:

    メグさま

    こんにちは(*^_^*)
    応援ポチありがとうございます。

    そのままの自分でいいよと
    まずは親から認めてもらえることが
    大切だと思うんですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA