「見守る」と「放置(放任)」との違い

「見守る」と「放置(放任)」との
違いについて、読者さんから
ご質問をいただきましたので
この「違い」について説明していきます。

 

「放置(放任)」には○○がない

 

この違いについては

今回私にとっても
じっくり考えて

明確にさせるいい機会!だと
思いましたので、記事にして
答えさせていただきます。

(マンマミーアさん ご質問
ありがとうございますm(__)m)

 

 

最初に結論から
言ってしまうと

一番大きな違いは

そこに「愛情」があるかどうか。

 

 

 

074396

 

 

 

 

マザーテレサの言葉で

愛の反対は無関心

という有名な言葉が
ありますが

 

 

「放置」とか「放任」っていうのは

親側の自己都合で

子どもを「ほったらかし」に
しているという印象を受けます。

 

 

 

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s

 

 

 

そこに「愛情」はあまりなくって

子どもの気持ちを思いやれず

時には
子どもの存在そのものを
忘れていたり、無視していたり
する場合もあるのかなぁと、、、

 

 

昨今の悲しい事件のニュースから
感じています。。。

 

6b8d5df184e49b5522a555d1e79a4c3c_s

 

「見守る」には○○がいっぱいある!

 

 

対して

「見守る」

そこに、いっぱいの愛情が
あるんです。

 

 

 

なぜなら、その先に

 

 

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

 

「子どもの幸せな自立」という
親も子も幸せになれる
「目的」があるから。

 

私たち、この目的を
見失わないでいましょうね。

 

 

 

 

充分に甘えた人が自立していく

とも言われていますが

 

親が厳しすぎたりして
子どもに親の愛情が伝わっていないと

 

いつまでたっても
親元から自立していかない
ということも起きるとも。

 

 

 

要するに

「あなたなら大丈夫^^」

という信頼(←コレも愛情)を
親から充分もらう必要があるんだなぁ。

 

(愛情の必要量は
親が決めるのではなくてその子が決める)

 

 

 

 

「ちゃんとご飯食べるのよ」

 

存在承認の大切さ

 

このブログでは

子どもや自分の
「存在承認の大切さ」について
お伝えしているつもりですけど

 

 

お子さんが
今、ここに、存在していることを
常~に意識して(感謝して)

 

 

アレコレ口は出さないけれど

気配を感じて

関心を持って

向こうから何か頼まれるまで
愛情をもって黙って「待ってる」

そんな感じです。

 

 

 

 

 

 

何にもしてないってことじゃ
ないですよーーー!!!

 

 

目から(体中から)
「あなたが大切だよ」ビーム
出してますから  笑

 

 

 

484990

 

 

 

本当に大切なものは
目に見えないといいますが

 

 

お子さんの心を、
お母さんの心の中で

ぎゅうっと抱きしめてあげてるって
感じです。。。

 

実際に、思春期男子にやったら
「うざっ」って
言われちゃいそうですがねー 笑

 

 

見守るというと

 

 

73f89cb4af995189322469623cd171c7_s

 

「見守る」というとね。

芸能人の交際宣言なんかの時に
マスコミにファックスで出す文章の

 「温かく見守っていただければ幸いです」

という最後の一文を
私は思い出します。

 

 

 

これって

要は

「そっとしておいてくれ」

ってことじゃないですかー。

 

 

 

例え
・どんな選択をしたとしても
(まー破局とかもありうるわけだし)

 

 

 

どっちでもいいよー💛

って

その人の立場に立って

考えてあげたり
共感してあげたりできること

 

 

 

それが「愛情」だって思うんだなぁ。。。

 

 

***

 

 

ライン@のご登録はコチラから

(月・水・金の週3でブログ更新や
お得な情報をお届けしています♪)

 

 

 

7日間無料メールセミナー

のご登録はコチラから

(7日間のメールセミナーの後
自動的に切り替わって
毎週月曜日の午前中に
メルマガをお届けしています)

 


「見守る」と「放置(放任)」との違い” に対して 2 件のコメントがあります

  1. マンマミーア より:

    「見守ると放置の違い」についてレクチャーいただきありがとうございます

    見守るとは親の内面の問題なのですね。

    親が世間体や体裁を気にしてたり、イライラしてただ怒っても子どもには響かないと感じます。
    子どもには分かるみたいですね

    どんな時にも子どもに対して存在承認の大切さを意識するように心掛けたいと思います!!

    将来、見守る姫母を目指します^^

  2. yukako より:

    マンマミーアさま

    「親の内面の問題」

    ほんとそうですね~。

    シンプルにまとめていただいて
    「そうそう そうなの!」と
    私の方が思考が深まっている感じがします(*^^*)

    (こーゆーやり取り楽しいですね♪)

    姫母!いいですね~♡
    日々の子育てのいろんなシーンで
    ただただこなすよりも
    「愛情を与えているイメージ」を持つことで
    だんだん「姫母」になっていきますよ♪

    コメントありがとうございました(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA