「こじらせ母」→「見守る母」へ クリアーすべきダンジョン

昨日は

お母さんにとって子育てがこーんなに大変な理由

という記事で

1)自分
2)子ども

自分以外にも「大切な守るべきもの」
ができたことで
どっちの気持ちを優先するか
そこがめちゃくちゃ難しいから

子育てが
大変になっちゃうのは当たり前!

という記事を書きました。

 

 

 

今日は

この大変さを踏まえた上で

じゃあ
どうしたら次のステージ
(わかばやし的には「見守る母」
進めるかについて、書いていきますね。

 

 

menutop-1

 

 


親子関係がうまくいってない
お母さん
「こじらせ母」とします)
傾向として

・人と比較して、上か下かで
幸せかどうかを決めていたり

・自分に自信がなく(自己肯定感が低い)
漠然とした不安が強い

・被害者意識(自分以外の誰かのせい)
が強かったりして

 

子どもの気持ちより
自分の気持ちを
優先しがちになっています。

 

(ただし、その時の体調やストレス具合にもよる)

 

 

 

要するに

お母さんの心の状態によって
不安や心配な気持ちが

どんどんあふれ出てきてしまうので

そばにいる子どもの気持ちより
「自分の気持ちを優先」してしまって

「〇〇をしなさい」
「〇〇はダメ」
「早くしなさい」
「〇〇はやったの?」

「どうしてできないの?」

などという
指示命令や過干渉な言葉を
抑えることができない
状態です。

 

 

だから

子どもの立場に立ってみれば

一番の味方でいてほしい人=
お母さん

に、自分の本当の気持ちを
わかってもらいたいのに
わかってもらえない状態が続くので

親子関係は
どんどん悪化していきます。。。

 

 

 

 

 

170963

だとしたら

この構造に今!気づけば
解決の方法が見えてくるって
思いませんか?

 

 

 

 

そのためには
お母さん自身が「自分を変える」と
腹をくくって、
過干渉な言葉をすっぱりやめたり
子どもへの関わり方をガラッと変えて
新しい自分になろうと決断すること
です。

 

 

 

これが

「親が変われば、子も変わる」

「親が変わる」の部分。

 

 

 

 

男の子たちが好きな
RPG(ゲーム)風に言うとね。

 

お母さんが

自分の欲求を抑えて
(親として自分を変える部分)
子どもの気持ちを
おもんぱかるステージを
クリアーしないと

 

337509e98689a40d43e334a6dc1f5b31_s

ダンジョン(迷宮)をクリアーする的な

 

1fa9781f5d84af58a83162033d7eb45b_s

 

次のステージ(見守る母)には
いけないというわけです。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA