子どもを承認できる母になろう! 【見守る子育てメルマガVol.7】

中学・高校生から
男の子の子育てコーチング
わかばやしゆかこです。

 

 

今日は

子どもを承認できる母になろう!
というテーマで書いていきます^^

 

 

 

まずは
↓コチラの理論を読んでみて下さいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・
人の心の中には
「自己承認」と「他者承認」と
呼ばれる二つの承認のコップがある。

 

そのコップが
満たされていくには
順番があって

 

他人(含む 子ども)に
幸せを提供できる人は
まずは
自分の「自己承認」のコップに
水が満ちている必要がある。
・・・・・・・・・・・・・・・

 

これね。

メンタルヘルスの分野では
当然と言われている情報
なのだそうなのですが

 

ちょっとわかりにくいかも~
と思ったので
実際にうちにあるコップを
使って図解してみました^^

 

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e6%89%bf%e8%aa%8d%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%83%e3%83%97

中の小さなコップを
「自己承認のコップ」

 

外側の緑のカップを
「他者承認のコップ」

と考えて下さいね♪

 

 


今、見えにくいかもだけど

一応

中のガラスのコップには
水がなみなみと入っていて

外側のコップに
水があふれ出てる状態
です。

 

 

要するに
お母さんが子育てをしていく上で

子ども(他者)を承認していくには

まず
お母さんが自分の中にある
「自己承認のコップ」
満タンの水を満たしている
必要がある

という考え方なんです。

 

 

 

だけど

 

私が
最初にこの理論を知った時に
感じたことは

いったいどれくらいのお母さんが
今、自分の心の承認のコップを
満たすことができているのだろう?

という疑問でした。

 

 

私たちだって
親から承認して育ててもらってない

 

 

とうのはね。

 

ワタシ
沢山のお母さんのお話を
お聴きしてきましたが

 

お母さん自身が
自分に自信が無い方が多くて

いわゆる
自己肯定感が低い状態の方が
めちゃめちゃ多いと
感じているからです。

 

 

要するに

私たちだって、自分の親から
「自己承認のコップ」
満たしてもらってないから

自分を肯定する力が弱くなっている。

 

 

だから

子どもの「承認のコップ」
を満たしてあげることが
出来ない、、、

 

 

とういう「負の連鎖」
構図が見えてきたのです。

 

(>_<)

 

 

 

じゃあね。

 

我こそが!

先代から続いているだろう
この「負の連鎖」を断ち切りたい!

って思いませんか?

 

 

 

私はこの構図が見えた時に
そう強く思いました。

 

 

だってこれって
子どもから→孫へ
→そのまた子どもへと

未来へどんどん
受け継がれていってしまうって
イメージできちゃったから。。。

 

 

IllustAC_作業_FilmKunAB_151014

 

 

 

 

自分のためにも!
お子さんのためにも!
未来の子ども達のためにも!

 

今この「負の連鎖」を
断ち切る決断をする
お母さんが増えること。

 

 

これこそが
根本解決になると思ったのです。

 

 

要するに

1)お母さんがまずは自分の
「自己承認のコップ」
なみなみと満たす行動を
始められて



2)あふれ出た愛情で
お子さんの「自己承認のコップ」
を満たし始めて

3)子ども→ 孫
→そのまた子どもへと

 

 

未来の子どもたちにも
いい影響を与えていく °˖✧  ✧˖°

 

db76dd04d82b2ad6441c43e3693fbb8e_s

 

 

 

そんな
今のお母さん発の

「幸せの連鎖」をつくれたらいいなぁと。。。

 

 

 

 

370831

 

 

 

 

そのために

前回のメルマガVol.6 に
「怒りの感情にカタをつける」
ことを書きました。

 

 

ここでは

親に対して
漠然と持ち続けている
怒りの感情を

 

 

本当にぶつけるべき人に
ぶつけて

そうして
カタをつけることで
(親を許すことで)

 

 

実はそこに
確かにあった「親からの愛情」に
気づいて

「感謝に変えていくこと」を
提案しています。

 

 

自分の「自己承認のコップ」に水を満タンにいれる方法
~水が注ぎ込まれるシステムをつくる~

 

これをもう少し説明すると

 

親に対して 


自分が望むように
認めてもらえなかったり
愛してもらえなかったとう気持ちが
あったとして

 

 

その「感情」が邪魔をして

親からの愛情を認識しづらく
なってたという状況がありました。

 

 

だけど

それは当時
お父さんもお母さんも
親としてまだまだ
未熟なところがあったからだと
思うのです。

 

 

比較されて育てられた
ご兄弟に比べたら
少ないかもしれないけど

 

 

あなたが欲しいと思った
愛情のカタチでは
なかったかもしれないけど

 

 

めっちゃ許せないことを
言われたり
されたかもしれないけど

 

 

本当はちゃんと
親から愛されていたってことを

 

 

見つけて

感じて

受け入れてほしいのです。

 

 

 

189357

 

そうすることで

自分の「自己承認のコップ」に
せき止められていた
親からの愛情(承認)が流れ込む
システムをつくる

って感じです。

(↑ 伝わったかな~?
伝わるといいな~)

 

 

あなたの心の中で

親からちゃんと愛されていた
ってことにして

(多分親御さん側はちゃんと愛して
ちゃんと育てたと思ってるはず)

自分の心の承認のコップを
満たしちゃうんです。

 

 

そうすれば

 

わが子の
心の承認のコップに
なみなみと愛情(承認)を
注いであげらるようになるはずだから

 

 

009947

 

* * *

 

今日は

今のお子さんとの
こじれた親子関係を
「根本解決するシステムつくり」
についてお話しました。

 

 

つたない説明に
なってしまいましたが

うまく受け取って下さり

ご両親との関係を
見直すきっかけになると
いいなーと願っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA