面談シーズン!「赤点」「留年の危機」など先生の言葉に傷付いてしまったお母さんへ

 

 

今日は
「赤点」や「留年の危機」など
この時期の保護者面談で
中学や高校の先生から言われた言葉が
トゲのように心に突き刺さってるー
(T_T)
と落ち込みがちのお母さんに向けて
書いていきます。

 

 

はぁ~ もういったいどうしたものか、、、

 

恐怖の保護者面談

学期末のこの時期
どうしてもやってくるのが
学校の「保護者面談」ですが

みなさんのところは
もうおすみになられましたか?

 

 

 

この時期
メールでのご相談などで
話題に出がちなのが

「学校の先生から
こんなこと言われたんです~」
的なお話。

 

 

たいていは「成績不振」の子どもに
「なんとかして頑張ってほしい!」
という想いからの
学校の先生からの叱咤激励だとは
思うのだけれども

 

だけども!

言われる側の母親にとってみたら
「お宅のお子さん どうにかして下さい」
と先生からダメ出しを
されてしまったように感じて
ショックなこと この上なくーー。

(T_T)

 

 


あ~ もう 一体
あの子は何を考えてるのォ~~~

 

 

また
子どもが黙っていた
学校でのショッキングな話も
先生から聞かされてしまったりして

「この子はこのままで
本当に大丈夫なのだろうか?」

 

「育て方を間違ってしまったのでは
ないだろうか?」

 


ものすごーーく不安になってしまう
ことも多いように感じています。

 

 

 

なのに!!

先生から あんなに
「このままではダメなんだよ」と
言われたにも関わらず

肝心の本人は
ちっともやる気を出さなくて

もう あきれるやら
腹が立つやらで
どうしようもなく わが子を
責めたくなってしまうんですよね。。。

 

 

ちゃんとしなさーーーい!!

 

 

というのは

私もそうでしたけど

先生に言われた言葉って
子育てに一生懸命な
お母さんには影響力が大きすぎて

良くも悪くも
一喜一憂しちゃいがち。

 

 

まあ 当たり前だけども
先生から わが子のことを

ほめられれば
→嬉しいし

けなされれば
→悲しいし、腹もたつ。

 

この感情の振り幅が
ひじょーーーに大きいのが
「学校の先生からの言葉」
なんじゃないかなぁと感じています。

 

先生の言葉にどうしてそんなにショックを受けるのか?

 

要するに

自分の子育ての頑張りを
褒めてもらいたい人の
かなり上位に位置しているのが
学校の先生という立場の人。

 

ちなみに 私自身も
「あの時の先生の言葉に救われた~」
と言う経験は2度ほどありまして

子どもの担任の先生なのに
まるで 自分の恩人のように
感じちゃってるのが
今から思うと本当に不思議~。

 

きっと
自分の子育てを
丸ごと肯定してもらったように
感じたんだろうなぁ。(しみじみ)

 

 

**********

参考までに、その経験の1つ。

長男の子育てに悩んでいた私が
6年前のクリスマスに書いた
中学校の保護者面談でのことを
書いたブログです。

↓  ↓

「プレゼントは思わぬ人から」
**********

 

 

だけれども
面談での先生からの言葉が
「赤点」や「留年」など
想定外にキツいものだった場合

 

 

「自分の子育てへのダメ出し」

のように感じてしまって
自分の子育て自体を
否定されたように
受け取りがちなんだなぁ。。。

 

(冷静になって考えてみると
先生には
そこまでの意図は全く
なかったりもする)

 

 

 

 

私自身は
息子の成績がどん底の時の
保護者面談の記憶って
本当にあやふやなのです 苦笑

 

というか
当時の私は苦しすぎたために
(鬱でした)
自分の記憶から
葬りさっているみたいです 笑

 

 

要するに
お母さん達にとって
自分の子育てを
良くも悪くも評価を下す人として
思ってしまいがちなのが
「学校の先生」なんじゃないかなぁと
思っています。

 

 

 

 

先生の言葉に必要以上に傷付かない自分になりませんか?

 

この構造に気づいた私は

 

教育の現場にこそ!
子どものやる気に火をつける
コーチングを!!!

 

子どもにだけじゃなく
保護者のお母さんに対しても
コーチングマインドを持った
承認の言葉を使った面談を!!!


発信していきたいと思っています。

 

 

思ってはいますが

ぶっちゃけ
日本の教育自体をゴロッと
変えるよりも
早いだろうなぁと思うのが

このメルマガを
お読みのお母さん達が
学校の先生の言葉に
必要以上に傷付かない自分になろう!
と思っていただくこと。

 

 

特に
他の「出来のいい子達」と
わが子を比べてしまう習慣のある方は

先生の言葉に必要以上に
子どもにも!自分にも!
「ダメ出し」をしがちで
落ち込みやすかったりしますので
要注意だったりします~。

(>_<)

 

 

なので

もしかしたら
自分はこの↑傷付きやすいタイプ
かもしれないなあと思われた方は

 

「ああ
私は先生に自分の子どもを
認めてほしかったんだなぁ。

お宅のお子さんはいい子ですね
と褒めてほしかったんだなぁ。

だけど

先生からわが子を
認めてもらってない感じがしたから
苦しかったんだなぁ」

 

みたいな感じで
自分の「本当の気持ち」
じっくり向き合ってみることを
オススメします。

 

 

そうすると
不思議と傷付いてしまった心が
少しずつ
癒やすことができると思っていて

 

少し離れたところから
自分自身を客観視出来るよう
になると
本当にラクになるんですよね。。。(しみじみ)

 

(幽体離脱したような感じで
傷付いた自分自身を
優しい目で見守っているような感じ)

 

 

 

 

 

私自身も 過去には
ほんと どん底の時がありましたけど

こんな風にしながら

だ ん だ ん と

浮上していくことが出来ましたから。

 

いろんな日があるけれど
お子さんも あなたも
大丈夫だいじょうぶ。

前向きな気持ちで
やっていきましょ(*^_^*)

 

 

******

この記事をお読みの方が
参考になりそうな記事

↓  ↓

クリスマスを楽しむ気になれないお母さんへ

親の「子どもの選択肢を広げてあげたい」
という想いのある矛盾点を指摘された話


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA