○○を手放して「なりたい自分」になる2019年☆

新年
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて
主婦の皆さんにとっては
何かと忙しい年末年始ですが
いかがお過ごしだったでしょうか?

 

今日から学校が始まる
という方も多いんじゃないかなぁ。。。

ほんと
みなさん お疲れ様でした!!

 

 

さて 今日は
新年一発目のメルマガ(ブログ)
ということで

年の初めに
今年の「具体的な目標」を
立ててみることについて
提案していきたいと思っています。

 

目指すのはアソコ!
「なりたい私」になる♪

 

 

年始めに「目標」を言語化してみませんか?

コーチという職業柄 笑
年始めに
どうしても聴いてみたくなるのが
「今年の目標」です。

 

 

皆さんは

今年の12月31日(大晦日)に
「どんな自分になったこと」に
感動したいですか?

 

 

 

どうして今年最初のメルマガで
この質問をしたかというと

 

1)何も考えずに漠然と
この1年を過ごすのと

VS

2)今年の終わりを意識して
言語化(明確化)した目標を
時々リマインドしながら
この1年を過ごすのとでは

 

今年の最後の日に感じる
「満足感」や「充実感」といった
「幸福感」が全然変わってくる!!
と思っているからです^^

 

うれしい~♡
「なりたい私」になれた~~~

 

 

もしかしたら
目標を立てることが
苦手な方もいらっしゃるかも
しれませんが

自分の「なりたい理想像」を
具体的にイメージしておくことで

私たちの未来って
自分の描きたいように
つくっていくことができると
信じてるんですよね。。。

 

 

 

 

と、いうわけで

前述の質問の
「私の答え」ですが

 

私は今年の大晦日に

「執着を手放した自分」

感動したいなぁと思っています。

 

 

 

やった~\(^o^)/
成長した自分にカンドーーー!

 

 

執着していることは何ですか?

 

この「執着」という言葉は
あまりいい意味で
使われないことが多いので

今まで 意識して
使わないようにしてきましたが

今年は あ・え・て
使ってみたい言葉の1つ。

 

 

というのは

私たちが何かがうまくいかなくて
悩んでいる時って

何かに
こだわったり
とらわれたりしていて

何かに「執着」していることが
殆どだったりするからです。

 

 

例えば

「子どもが勉強しないこと」
悩んでいる時って

「子どもが自分の期待通りに
行動すること(勉強すること)」
執着しているってことだったりするし

 

 

 

「夫の態度」
イライラしてしまう時も

やっぱり

「夫が自分の期待通りの
行動をしてくれること」
執着しているってことだったり
するんですよね。。。

 

 

 

もちろん
人が「執着」してしまいやすいことって
その人のタイプや環境、
生い立ち、過去の出来事や
置かれている立場などによって
違ってくることだとは思うのですが

 

お母さんという立場を持った
私たちが 特に
執着してしまいやすい例としては

 

子どもが

・ちゃんと勉強すること
・ちゃんと学校へいくこと
・ちゃんと食べること
・ちゃんと部屋を片付けること
・ちゃんとゲームの時間を守ること
・ちゃんと返事をすること
・機嫌良くいること
・問題を起こさないこと
・ダラダラしないこと

などなど
があるかなぁ。。。

 

 

 

どうして子育てって
うまくいかないんだろう、、、

 

 

 

過去に 思いっきし
「こじらせ母」だった私の場合は

↑ これらのことに
ガッツリ執着していた時期が
長~くありました!!

 

 

あったんですが

息子達の「反抗期」や
「どん底の成績」の時期など 笑

「うまくいかないこと」や
「自分の思う通りにいかないこと」に
沢山出会って
沢山悩んできた中で

ひと~つ
ひとつ

「執着」を手放していった感覚が
あるんだなぁ。。。

 

 

 

でね。

ここのところの私は
過去に「執着していたこと」も
殆ど手放せたなぁと
安心していたのもつかの間。 笑

 

実は 先日

「まだまだ執着していたことがあった!!
もしやこれってラスボス?!」

ということを見つけたんです!

 

それは
息子とのラインでのやりとり
(ケンカとも言う笑)
の中で気づきました。

 

 

私の中に まだまだ
はびこっていた「執着」とは

お金を出した分
ちゃんと感謝してほしい

という息子への
「しつこい想い(圧迫)」でした。

 

 

 

特に

去年はね。

大学生になった長男に
お金のかかる事が多い
一年だっただけに

何かと
恩着せがましい発言
連発してしまってまして(^_^;

 

 

息子としても
母から何度も何度も同じ事を
言われるのが
相当イヤだったんでしょうね~
(遠い目)

 

 

要するに ワタクシ

今年は
「恩着せがましい」自分を
手放したいなぁと思っているんです。

 

がんばるぞ~

 

 

子どもにしてやれることの最後の1つ

 

それこそ 子どもの頃の
息子達は

一人で食べることも
一人で服を着ることも
一人で寝ることも

出来ませんでした。

 

だけれども
彼らが成長するに従って

だんだん
だ ん だ ん

一人でできる事が増えてきて

 

 

決して
親の期待通りではない
カタチかもしれないけれど

 

彼らなりの(←ココが親は腹立つ部分)笑
「一人でできるもん!の状態」
成長していきました。。。

 

 

親の期待通りではないけれども!!
少しずつ 少しずつ
成長していったんだなぁ。。。

 

 

 

そして

中学生から高校生へ
思春期・反抗期になってからは
親がしてやれることは
それこそ

・ご飯をつくること
・お弁当をつくること
・洗濯をすること
・黙って話を聴くこと

などだけになって。

 

 

そして

子ども達も
自分の進路を見つけ
進学のために家を出た今は

 

 

親がしてやれることって
ほぼほぼ

・お金を出すことだけ

になりました。

 

 

ですが

私にとっては

この「お金を出す」だけで
口を出さずに
黙って見守るってことが

ほんとーーーーーに大変で
ほんとーーーーーにくせ者だったんです!!

 

 

お金ってね。

子どもにかける金額が多くなれば
多くなるほど

その分の「元」を取りたくなったり
子どもに感謝を
求める気持ちが強くなったり
するって思いませんか?

 

例えば
出した金額の分だけ

1)よい成果を出すことだったり
2)感謝の言葉を期待したり
3)偉そうな口をきかない事だったり 笑

を求める気持ちです。

 

 

特に 私には
2)と3)の気持ちが強くあって 笑

ある意味
親が養っている学生の間は
有無を言わさない状況というか
まだまだ支配下において
おきたかったんでしょうね。。。

 

 

だからこそ
「余計な一言」を
ついつい言ってしまっていた自分に
気づいたんです。。。(しみじみ)

 

 

 

だから

私は今年
この「ラスボス」とも言える
「執着」(恩着せがましさ)を
手放すことで

大晦日に
一回り太っ腹になって
人間的にも成長した自分に
感動したいんだなぁ。。

 

すご~~~~い!!
よく頑張ったね。ワタシ。

 

 

 

さて

あなたは
今年の大晦日に
どんな自分に感動したいですか?

 

 

 

今年もよろしくお願いします!!


○○を手放して「なりたい自分」になる2019年☆” に対して 2 件のコメントがあります

  1. マコちゃんママ より:

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    私は、家族と仲良くしたい。たくさん笑いたいです。そのためには、子どもに勉強のことを言わないようにします。特に長女。今年は、言わないようにしたので、子どもとたくさん笑って楽しいお正月でした。

    けれど、たまには言うかもしれません。ガミガミ言うかもしれません。けれど、ガミガミの私でも、ニコニコの私でもいいんだと思ってます。
    どんな自分も否定せずに、ちょっとずつ成長しようと思います。だって、長女の子育て初めてだし。たくさん失敗するかもしれないけど、ちょっとずつ成長します。

  2. yukako より:

    マコちゃんママさま

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    今年の目標のコメントを
    ありがとうございます~~。

    ご家族と仲良くして
    沢山笑いたいのですね♪

    具体的な目標の書き込みに
    マコちゃんママさんの
    「新年の決意」を感じました(^^)

    また「どんな自分も否定しないで
    ちょっとずつ成長します!」
    って最後の部分にカンド~~☆

    他のお母さん達にも
    読んでもらいたい!と思ったくらい
    素敵な言葉だなぁって。

    お互いに素敵な1年をつくっていきましょうね♪
    応援してます!!

    コメントをありがとうございました(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA