【男の子の子育て】心配がわいてこなくなる!シンプルな法則

中学・高校生から
男の子の見守る子育てコーチング
わかばやしゆかこです。

 

今日は
心配がわきやすいお母さんへ
オススメしたいシンプルな法則
について書いていきますね~

 

心配性の私には
めちゃくちゃ効果があった方法ですので
よかったら参考にしてみて下さいね^^

 

人は目に入ってくるモノで影響を受けやすい

 

下宿&寮生活のために
息子二人が家を離れたことにより

2年前から
夫婦2人暮らしになった我が家ですが

 

夏休みは息子達が
それぞれのタイミングで
帰省しています。

 

2人が3人になったり
4人になったり
また3人になったりで

暑い暑い今年の夏を

夫婦二人+息子
のいろんなバージョンで
過ごしていますが

 

そんな中、特に
身にしみて感じていることは

 

子どもの未熟ポイントが
目に入ると
心配事はどんどん増殖する!

ということです。

 

 

 

目に入ると→心配になっちゃいますよねぇ。

 

 

 

というのはね。

 

お久しぶりの息子との生活では

 

1)成長したなぁと感じる部分

 

2)変わらないなと感じる部分

 

のそれぞれを感じる場面が
あります。

 

 

 

1)成長したなぁと感じる部分
多いと

母としての「安心感」や
「幸福感」がわくので
心はめちゃくちゃ平穏でいられます。

 

 

お母さんが一番欲しいものは「安心感」だったりします~

 

 

 

ですが

2)「あ~変わらないなぁ」と
感じる部分を目にすると

心がザワザワして
めっちゃ心配になるんです!!

 

 

心配が大きくなりすぎると
夜眠れなくなったりするタイプです!

 

 

 

そして

 

また過去のワタシに舞い戻る!

 

 

息子の問題(テリトリー)に
ズカズカと踏み込んで
「こーしろ! あーしろ!」と
指図したくなっちゃったり
するんですよねぇ。。。

 

 

ちゃんとやりなさーーーい!!

 

 

 

要するに
何が言いたいかというと

 

離れて暮らすことで
息子の様子が日常的に
目に入らないからこそ

心配することが減り
精神的にもラクだったのが

 

実際に未熟さを見てしまうと
「心配」という感情に
心が支配されてしまいやすい
ということ。

 

 

とういうわけで

只今

 

人は
目に入ってくるもので
影響を受けやすい

 

ということを絶賛体感中なんです。

 

 

心配なんて、しようと思えばいくらでも出来る!!

 

よくね。

 

子ども部屋に入って
机の上に開いたままになっている
問題集などを見ては

全然進んでいないことに
ショックを受けるという話を
聞いたりするんですよねぇ。

 

 

私自身もこういった
「自分から心配事を増殖させる行動」
をとっていた時期があるから
アドバイスしたいのですが

 

コレ
やめた方がいいです(キッパリ!)

 

 

 

子どもを見張るのはNG!

 

 

 

というのはね。

 

子どもの現状や進捗をチクイチ
親が把握してしまうことで

↓  ↓

余計な心配や不安
どんどん沸いてきてしまうからです。

 

 

なので

例えば
「宿題の内容」や「その提出期限」
などについて

・見ないこと

・知ろうとしないこと

を超絶オススメします!

 

 

 

これらを知ってしまうことで

・うまくやっているかどうか
が気になるし

・うまくやれていない点を
どんどん見つけては、
どうにかしたくなってしまいます。

 

また

特に

この状態の時は
「ダメなところ探しメガネ」をかけて
子育てしているような状態で

 

子どもの「ダメなトコロ」ばかりが
目に入るようになってしまってます。

 

 

 

「ダメなとこ探しメガネ」をかけて
子育てしていませんか?

 

 

 

 

なので

お子さんが中学生くらいからは

なるべく
心配事が増えそうなことは
意識して見ないようにして

 

勉強を始めいろんなことを
本人に任せるように
していくのがオススメなんだなぁ。。。

 

 

 

 

ぶっちゃけ
私は

「テスト結果」や「通知表」などは
本人が「ハンコ押して~」と
出してくるまで

コチラから「見せて」とは
催促するのはやめて
見ないようにしていました。

 

 

 

 

 

 

モチロン!

「こじらせ母」だった過去は

「テスト結果は見せなさい!」

と命令して
悪かった教科について怒る💢
ってことを繰り返していましたが(^_^;

 

 

 

「見守る子育て」を実践してからは

勉強のことはすべて
本人に任せるようにしたら

↓  ↓

・結果が良かった時は
自分から見せてくるようになって

 

・悪かった時も
私が怒らないということを
知っているせいか
隠すこともなくオープンな感じで
むしろ相談してくるようになりました。

 

 

 

 

結果が悪くても隠さなくなりましたよ~
で、次はどうするか?についてを
だんだん自分で考えるようになって
いきました~☆

 

過干渉になる最大の理由

 

過干渉になる人の
殆どの方の理由が

「心配だから」です。

 

 

でね。

自分が親として
心配してしまうのは

 

子どもの「特性」に原因がある!
という見方をしている方が
本当にほんとうに多いのですが

 

 

これ

子どもの特性のせいに
し続けてしまうと

 

ずーっと

ずーーーーーっと

子どもを心配し続ける人生になると
思いませんか?

 

 

 

しかも

親が手を出しすぎているせいで
子どもの自主性が育ちにくく
なってしまっていることも
多いんだなぁ。。。

 

 

今ならまだいいかもしれませんが

この先

子どもが30歳、40歳、50歳!になっても
ずっと子どもを心配し続ける人生は

本当に
あなたの欲しかった人生でしょうか?

 

 

 

 

もし

そんな人生は

自分のためにも!

子どものためにも!嫌だ!

卒業したいなぁと思われた方は

自分のココロを「子どもの心配」で
支配されない工夫をしてみることを
オススメします(^_^)

 

 

ぶっちゃけ

子どもの心配なんて
しようと思えば
いくらでも出来ちゃいます!

 

 

だからこそ

意識的に

・見ないこと
・知ろうとしないこと

でココロを平穏に保とうとする

(=見守る)

お母さんが増えたらいいなぁと
願っています。

 

 

 

子どもの心配から解放されてみませんか?

 

 

 

*【お知らせ】******

 

ただ今
わかばやしの「個別サポートメニュー」
は満席のため
募集をストップしております。

 

空きがでましたら
「ライン@」や(←こっちの方が早い)

「メルマガ」にてお知らせいたします。

 

 

ライン@のご登録はコチラから

(月・水・金の週3でブログ更新や
お得な情報をお届けしています♪)

 

 

 

7日間無料メールセミナー

のご登録はコチラから

(7日間のメールセミナーの後
自動的に切り替わって
毎週月曜日の午前中に
メルマガをお届けしています)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA