私立に通わせているお母さん向けコーチング☆【本日募集開始】

10月に入り
秋も深まってきましたね~

秋といえば 「食欲の秋」で
「学びの秋☆」

 

 

今日は

「せっかく私立に合格して
これでやっと安心できると思ったのに!

子どもはやる気になるどころか
全然勉強しなくなって

この先いったいどうなるのォ~」

という気持ちになりがちな
私立に通わせているお母さん向け
コーチングのご案内になります。

 

私立に入れたはいいけれど…

 

今回 なぜ
私立に通わせているお母さん向けの
コースをつくったかというと

子どもの将来を考えて
私立に入れたはいいけれど

私立に入れたが故の悩みに
苦しんでおられる方からのご相談が
最近増えてきたからです。

 

 

やった~ (T_T)

 

 

実はですね。

私も
子どもを私立に入れた
お受験ママだったりしますので

私立に入れたために 余計に
悩んでしまうお母さんの気持ちは
よ~くわかるつもりなんです。

 

 

例えば

「こんなにお金をかけて
こんなに頑張っているのに
どうして勉強しないの!!

こんなことなら わざわざ
私立なんかに入れなければ良かったー」

みたいな
「過去の選択を後悔する気持ち」が

息子たちのダラダラする態度を
見せつけられるたびに
わいてきちゃったりしてましたから。

 

私「ゲームばっかり
いつまでやってるのーー
宿題はやったの!!」

 

息子「… (毎日毎日うるさいなぁ)

 

全然安心できないのはなぜ?

 

今の日本で 親御さんたちが
私立の学校を選ぶ理由としては

・教育環境の良さ(少人数制やカリキュラム)
・いじめの問題が少ないこと
・受験がないこと(付属校の場合)
・独自の教育方針やレベル・名声
・有名大学への進学率

などがあげられます。

 

環境が魅力的なのよねぇ。。

 

 

「子どもの将来のために
なんか良さそうだし
ちょっと行ってみるかな」くらいの
軽~い気持ちで
「学校説明会」に行ってしまうと

 

校長先生「我が校の昨年の進学率は…」

 

 

当たり前ですが
ものすごーーーく
いい話しか されなくって 笑

 

その素晴らしい環境に わが子を
預けてしまえば
→ 将来は安泰だわ!

みたいな「幻想(笑)」が
わいてきたりするんですよねぇ。。。(遠い目)

 

 

だけど
入ってから 本当の意味で
心が落ち着くまで 大変なのが
実は 私立校だと私は思うのです。

 

 

もちろん!
上手にその環境に適応して
すぐに伸びる子たちもいます。

 

 

だけど
伸び悩む子どもたちがいるのも
事実なわけで

そんな優秀なお子さんと
わが子を比較しては
ズドーンと落ち込む毎日。

 

 

 

せっかく私立に入れたのに
うちの子はどうして…

 

子どもは

・宿題の多さ
・レベルの高さ
・進度の速さ

などについていけなかったりして
成績は下がる一方だし

 

母は母で
ママ友とのお付き合いだったり
近所に友達がいないことなどに
孤独感を持ちやすかったりして
ドンドン悩み始めます。

 

 

確かに
先生たちは親身になって
声をかけては下さるけれど

常に「赤点」や「留年」の恐怖が
隣り合わせになり

そんな状況が恥ずかしくて
参観日や三者面談は超憂鬱になって
行きたくなくなる、、、

 

それに
せっかく入った付属校なのに
上に上がれないかもしれない…
なんていう「恐れ」もあったりします。

 

 

要するに
せっかく 入ったのに

成績が伸び悩むお子さんの
お母さんにとっては

安心するどころが
どんどん不安や後悔は増すばかり
なんですよねぇ。。

 

 

もー どうしたらいいのォーー

 

 


この不安のループから抜け出すための
方法(出口)はたった1つしかなくって

 

それは

「子どもが勉強のやる気を出して
成績がアップしてくれること」!

 

 

成績さえ上げてくれれば!!

今よりもっといい塾を
さがなくっちゃ!?

 

 

でね。

お母さんが「↑この方法しかない!」と
思っているからこそ

 

勉強もせずに
スマホばかり触っている子どもを見ると
イライラして
腹が立って仕方ない毎日に
なってしまいがちなのです。

 

 

 

この状態からの脱出するには

 

「不安」や「恐れ」や「怒り」。

 

人はこれらの感情に
支配されている時

本当ーに苦しかったり
するんですよね。。。

 

 

実際 私は
参観日に超絶行きたくなくって

(英語と数学はレベル別の
クラス参観だったりしたーー涙)

誰とも目を合わさないようにして
コソコソと遅れて行ったりする
暗~いヤツでしたが 苦笑

 

こんな「暗黒時代」を経験した
私だからこそ わかることや
できることがあるはず!と思って
この「私立ママに特化したコース」を
つくりました。

 

 

「ゆかこさ~ん 聞いて下さーい!
こないだこんな事があったんです~
テストもやっぱり最悪で…」

 

 

 

今回は

私の作成したもの(特典)の中でも
皆さんから 特に好評をいただいている
3 点付き です。

 

1)「お母さんの通知表」

 

 

お子さんに「お母さんの現状」を
査定してもらうツールです。

査定と言うとちょっとおっかないけれど
「教えてもらえる」という意味でとらえると
「何をどうすればいいのか?」が
リアルにわかるので
皆さんに好評をいただいています。

 

 

2)コーチング的タイプ分け「親子のトリセツ」

 

 

子どもとはいえ 自分とは
大切なもの(価値観)が違います。

自分と子どもの「違い」を知って
その子に合った対応をとるようにすると
(タイプ別の褒め方・しかり方など)
「子どもを伸ばす関わり方」が
できるようになります☆

 

 

3)「見守る子育て♪できちゃうノート」

 

「見守る子育て」の相棒にどうぞ^^

 

5つのポケットのついた
オレンジ色のファイル付きなので
子どもからもらった宝物などを
収納しておけます♪

 

 

この秋だけの特別企画になりますので^^
90分のセッションが全10回で
8万円になります。

 

 

 

どんな風に進むか その内容ですが

大体は 毎月1回 10ヶ月間
電話でお話をじっくりお聞きします。

(一番効果的なスタイルを
一緒に相談して決めましょうね^^)

その時悩んでいること
話したいこと
何でも 話して頂いて大丈夫です^^

 

 

「今一番困っておられることは何ですか?」

 

 

その1回1回のセッションの最後に

私「今日いろいろお話してみて
次までの1ヶ月の間に 何か
やってみようかなぁと思うこと
ありますか?」

と 優しく 笑
質問しますので

 

 

例えば

・なるべく勉強のことは
言わないようにする。

・今とは言い方を変えてみる。  など

その時 できるかな?と思った
自分なりの「小さな行動」(目標)
決めてもらいます。

 

そして

1ヶ月後

私「前回決めていただいいたことって
この1ヶ月どんな感じでした~^^?」

って感じで また優しく(←くどい 笑)
その進捗をお聞きします。

 

 

 

こうしてセッションを積み重ねていって

10ヶ月後
その方の目標である
「なりたい自分になっていけるように
支援していくコーチングになります。

 

 

「新しい私」になりたーーーい!!

子どもの本当の味方になって
「見守る母」に絶対なりたい~~

 

 

 

1回1回のセッションを
まとめたもの(ログ)、
セッションシート
毎回、郵送していますので
日々の振り返りに活用して下さいね♪

 

 

○○さん がんば~~~(^^)/

 

 

 

 

私立ママになったが故に
苦しい気持ちを抱えながら
毎日子育てしているお母さんが

一日でも早く
不安と後悔だらけの子育てから
確実に抜け出すためにコースで

 

自分一人では出口が見えないから
この心情をよく知る
わかばやしにガイドしてほしい
という方にオススメです♪

 

 

 

今回
【限定3名様】の募集になりますので
ピンときた方はお早めに~

 

お申込みはコチラから

締め切りは10月末日

 

 

じっくり
ゆっくり 体質改善して

せっかく入った学校で
楽しみながら♪
自分も!子どもも!
ぐぐぐーーんと成長させたい方を

お待ちしています(*^_^*)

 

 

 

月1のコーチングセッションを
この秋 習慣化してみませんか?


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA