【満席御礼☆半年レッスン☆9月生】教育ママを拗らせてたワタシ

中学・高校生から
男の子の見守る子育てコーチング
わかばやしゆかこです。

 

今日は
教育ママだった頃のワタシの話

か ら の

個別サポートさせていただく
「半年レッスン(9月スタート)」の
ご案内になります。

 

 

これまで「見守る子育て」をやってみて

●1人では限界があるーーー(>_<)

●わかばやしに直接サポートしてほしい!

という方は、どうぞ
この機会をご検討下さいね^^

 

息子2人を東大に!という「エサ」に釣り上げられたワタシ。

 

ワタシがコーチングに出会ったのは
東日本大震災の前の年。

 

9年前のことになります。

 

当時は

長男が小6、次男が小3でね。

 

何とかして2人の息子を
「勉強できる子」に育てようとして
毎日毎日
「ゲーム」や「宿題」や「習い事」
のことでイライラ💢 イライラ💢
怒ってばかりいました。

 

 

勉強しなさーーーい!
いい加減にゲームをやめなさい!!
早く習い事の準備しなさい!

 

 

 

ぶっちゃけ

「どうしたら優秀な子に育てられるか?」

「どうしたら勝ち組に入れるか?」

の答えを
ずーっと探しながら子育てしていた
教育ママだったのですが(^_^;

 

そんなワタシが
たまたま本屋さんで見つけたのが
コーチングの本でした。

 

 

それは

2人のお子さんを2人とも!
東大に入れたお母さんが
書いたコーチングの本!!

 

 

家の近くの本屋さんで
この本を見つけた時は
めちゃめちゃ興奮したなぁ。。。

 

 

これできっと幸せになれる~~~
コーチングってすごーーーい!!

 

 

 

いや~

だってね。

 

なんか知らないけど
この「コーチング」というものを
使ったら
息子を2人とも!
東大に入れちゃえるかもしれない!

ってビビビときましたからねぇ。。。(遠い目)

 

当時のワタシの「願望」が
透けて見えちゃうので
今、こうしてお話するのも
めっちゃ恥ずかしいのですが

(>_<)

 

実は「今のワタシ」が読み返すと
かなり違和感がわいてしまう
内容の本だったりもします。

 

 

どうしてかというと

東大に入れること=
勉強の結果を子どもに出させようと
お母さんがコーチングをつかって
がんばっちゃうことで

親子で余計に苦しくなっちゃう
ってことを
身をもって経験しているからです。

 

 

だけどね。

 

とにもかくにも

「子どもが2人とも東大合格!」という
魅力的すぎる「エサ」で
当時のワタシを釣り上げてくれた
あの日の出会いに
ココロから感謝しています。

 

 

 

つり上げられたのはワタシ 笑

 

 

というのは

コレがきっかけとなって

ワタシはその後
コーチングにどっぷりハマりまして

 

そのおかげをもって

自分が
子どもの「人生のハンドル」を
奪おうとしていた母親だった
ということに気付いたから。

 

 

「見守る子育て」を始めることが
出来たからです。

 

 

子どもに「人生のハンドル」を返して
ワタシはワタシの
「人生のハンドル」を握りました☆


自分の人生を自由に生きるって楽しい~~

 

誰かと比較する習慣が「苦しい子育て」の元凶

 

子育てって

 

長~い時間をかけて
子どもも!自分も!育てるという
お母さんとしての一大事業。

 

 

だからこそ
「どうしても失敗したくない!」

と思って子育てしている方も
多いんじゃないかなぁ。

 

 

でね。

今、子育てが苦しい方ほど

この

「子育ての成果」が
=「世間的に見る子どもの状態の
善し悪し」

に直結してしまっていることが
多いです。

 

 

だからこそ

世間的に見て
「悪い」と感じる状態に
子どもが陥ってしまうことは
超絶!恐ろしいので

過干渉の子育てになるのは
ある意味当たり前じゃないかな。

 

 

また

常に、誰かと自分(子ども)を比較して
その人よりも「上か下か」で
幸せがどうかを感じるマインドに
なっている場合が殆どなので

 

 

(誰かよりも)

少しでも恥ずかしくない子に

少しでも恥ずかしくない大学へ

という方向へとわが子を導きがちです。

 

負けないように!常に頑張っている状態。

 

 

こうなってしまっていると
本当に苦しいですよねぇ。。。

 

(経験者は語る)

 

他人軸から自分軸の人生へ

 

女性の平均の寿命が88年とすると

 

その88年のうち
子育てに関わる時間は
子どもが成人するまでと考えると
約20年くらい。

 

前述の
子どもの「結果」を気にして
なんとしても失敗しないように!と
子育てしている女性にとっては

 

 

この20年間で出した「子どもの結果」で

(いわゆる
子どもの学歴や就職先など)

 

 

その後、それが人生の

「勲章」になるか?
「汚点」になるか?

という見方をしている場合が多いんです。

 

 

長い子育て期を経て
最終的に
「勲章」を胸につける母になれれば

すっごい鼻が高いし
その後の人生も
胸を張って生きられる!

 

 

鼻高々~~~

 

 

 

 

だけれども

いったん
「子育てに失敗したというレッテル」を
貼られてしまうと

 

(↑こんな風に感じている)

 

その後の人生は
かっこ悪いし
惨めになっちゃいそうですもんね。

 

どよ~~~~~~ん。

 

 

 

人の目を気にしながら生きてると
(=他人軸の人生)

こういった不安がどうしても
頭につきまとうので

不安が不安を呼んで
ドンドンこじらせていっちゃうんだなぁ。

 

 

「半年レッスン」9月スタート生さん。本日より募集スタート☆

 

ワタシは

今、人の目を気にしながら
子育てしているお母さんにこそ

ぜひ「見守る子育て」を
習慣化してほしいと思っています。

 

 

 

なぜかというと

「見守る子育て」を実践して

愛される「姫母」になっていくと

 

「子育て」だけでなく

その後の「人生」までが
ガラッと激変しちゃうからです。

 

すっごくラクになっちゃった\(^o^)/

 

 

 

「見守る子育て」では

・自分のことも!
子どものことも!
受容できる「心の器の広い女性」に
なっていく

過程をサポート。

 

 

 

同時に

実は、お母さん達の悩みの
大元でもある

・パートナーシップを整えること

についても
貴女の望む方向へサポートします。

 

 

夫婦関係も整えていきましょうね♪

 

 

 

そして

これらの過程を通して

あれ?と気づいたら いつのまにか
周りの人から、慕われ&愛される
人間力が身についちゃうんですよね。

 

 

「人からどう見られるか?」を
気にしながら生きる
「他人軸」の人生から解放されて

自分の本当に大切なことを
本当に大切に出来る人生へ

 

 

 

この秋、自分の人生を
軌道修正したい方を募集します(^^)/

↓  ↓

 

ありがとうございます。
満席になりました

【残席】になりました。
気になる方はぜひこの機会に☆

 

 

ワタシと一緒に
人生を激変させたい方
お持ちしています(^^)/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA