ゲームばかりの中学生がゲーム依存にならないための対応

ゲームする中学生男子

今日は、「ゲーム好き中学生とお悩みママとの会話例」をご紹介しながら、 「質のいいコミュニケーション」+「信じて見守る姿勢」で、ゲーム依存にならず自分で自己管理できる子を育てる対応について説明していきます。

スマホやゲーム依存が心配な中学生の親御さんの参考になれば嬉しいです。

ゲームばかり中学生への対応1:《今》を否定しない

同じ学年の男の子でも、ゲームにはまる子とはまらない子がいますよね?

この理由について考えたことがありますか?

その理由は
「その子が今一番楽しいことがゲームだから」です。


今、ゲームにあまりはまっていない子は、ゲームより楽しいと感じていることが他にあるはずです。

例えば「部活」とか「音楽」とかね。

要するに
今お悩みのお子さんは、たまたま「ゲーム」が「今一番自分を楽しませること」になっているだけで

この先、高校や大学になれば、他の楽しいことに出会う可能性はいくらでもあるのです。

実際に、うちの息子達。

中学生時代はゲームが大好きでちっとも勉強しませんでしたが、「ゲーム大好き期」を経て、「部活」や「音楽」「ファッション」など「自分を楽しませること」がどんどん変化していきました。

何が言いたいかというと
ゲームは、この時期特有の、思春期男子を「楽しませるもの」の一つ

なので、ゲームにはまる《今》を否定しないで、彼らの気持ちを大切に扱う対応をしていると、「ゲーム大好き期」はサラッと通り過ぎていくことも多いということです。



だけど
《今》を無駄なことに使っている!とイライラしまくっているお母さんも多くてね。

とにかく子どもの将来についても「否定的な見方」をしていて、心を傷つけていることも多かったりするのです。

そして、その「否定的な見方」が自己肯定感を下げ、いろんなやる気(含む勉強)を出にくくしている場合もあったりします。

なので
「ゲームを好きな今の気持ち」を否定しないことが大事です。


親に自分の気持ちを理解してもらって、あまりうるさく言われずに、自分の欲求を満たした男の子たち。

彼らは、だんだん「ゲーム」とうまく付き合えるようなり(モチロン失敗もします!)自己管理能力が育っていきます。

そして、日常的に「満足感」があるので、勉強への意欲にも結びつきやすいのです。


誰だって、自分が一番楽しいと思っていることを、自分の親から否定されるのは悲しいですよね?

だからこそ
彼らの《ゲームを好きな気持ち》を、まずはちゃんと理解してあげてほしいんだなぁ。

お悩みママ
お悩みママ

毎日ゲームばっかりでちっとも勉強しないんです…

お子さんの《ゲームを好きな気持ち》を理解してあげていますか?
勉強などのやる気につなげるには、親が子どもの《今》を否定しないことが大事です。

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

ゲームばかり中学生への対応2:危険性を愛情を込めて伝える

親が子どもの《ゲームを好きな気持ち》を理解してあげるようになると、まずは親子関係がググっとよくなります。

信頼関係がある上で、「親として心配なこと」を伝えてみましょう。

例えば、
・やり過ぎるとゲーム依存になる危険性があること。
・ゲーム依存になってしまうと、治療するのが大変なことなどです。

あなたは大切な存在だから、こういった危険から守ってあげたいということを、愛情をもって伝えてみてほしいのです。

ここでの注意点は、
「ゲーム」は「子どもの問題」だから、親が全部管理して解決しようと先走るのではなく

彼らが自分で考えて問題を解決していく姿勢を一緒に支えたいんだよと伝えるってこと。

誰しも、自分の気持ちを聞いてもらえず、一方的に怒られる話し合いは嫌です!

だけど
親が自分の気持ちを尊重して、目の前にある問題を一緒に解決しようという「話し合い」だとしたら、どうでしょうか?

もしも、「ゲームの時間や場所のルール」を決めるご家庭は、この時点で、彼らの意見を尊重して、お互いが納得できる「友好的な話し合い」ができるとといいですね。

ゲームばかり中学生への会話例

お悩みママ
お悩みママ

ママが一番心配なのは「ゲーム依存」のことなんだよね。

(あれ?何かいつもと違うぞ?頭ごなしに怒られないぞ???)

反抗期男子
反抗期男子
お悩みママ
お悩みママ

ゲームが今一番楽しいことっていうのは、ちゃんと理解しているつもりだから、楽しみながらも、ゲーム依存にならないためには、あなた自身はどうしたらいいと思う?

どうすればいいかは、少し考えてみるけど、ゲーム依存が怖いことは自分でもちゃんとわかってるし、休憩したり、課金しないようにしたりって、ちゃんと自分でも考えてる。

反抗期男子
反抗期男子
お悩みママ
お悩みママ

そうだったんだね。ちゃんと自分でも考えてたんだね。それを聞いてママ安心したよ。今まで信じてあげなくてごめんね。

ママにできることって何かある?

できるだけ怒らないでほしい!
キリのいいところがきたら、ちゃんと自分でやめれるから、俺のことをまずは信じてほしい!
いつもは、めっちゃいいところで声かけてきて、その声を聴くだけでムカついてる。
本当はゲームしてスッキリしてから、宿題をやろうと思ってるのに、今は、余計にストレスたまったりしてる…

反抗期男子
反抗期男子
お悩みママ
お悩みママ

そうだったんだんだね。わかった。これから気を付けるよ。

他にも何かある?

ゲームばかり中学生への対応3:本人に任せて見守る

心配な点を伝えて、友好的な話し合いができた後は、アレコレうるさく言わず、とにかく本人に任せて見守ってみましょう。

まだまだ、タガが外れることはあると思いますが、多少のことには目をつぶって、嫌味も言わずに黙って見守れるのがベスト!

この対応を心がけていると、少し時間はかかるかもですが、いつの間にか自己管理し始めるお子さんが多いです。

それは、ゲームをやり過ぎて、テストで失敗したりしたことで、この先ゲームとどう付き合っていけばいいか?を自分で真剣に考え出すからです。

失敗は学びになり、これまでの行動を見直すチャンスです。

なので、できるだけ沢山、子どもが失敗することを許してあげられるようになれるといいなぁ。


今お困りの親御さんは、
・《ゲーム好きな今》を否定していないか?
・日常的に嫌味な言い方をしていないか?
などを自問してみてくださいね。

わが子は、自分で自己管理できるようになる子だ!
そのために、今ゲームという誘惑の強い道具で、「自己管理能力」を育てている

↑これは、ゲームが大好きでちっとも勉強しなかった中学生の息子達の子育てに悩み続けていた私が見つけた《とらえ方》です。


「親が管理し続ける子育て」では「子どもの自主性」を育てられません。

ゲームばかりで勉強しない中学生の時期に、「質のいい会話」+「信じて見守る姿勢」で自己管理できる子を育ててみませんか?


■参考になりそうな記事■


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA