受験生なのに!勉強しない息子を見守る方法

やる気の出ない受験生

受験生なのにこの時期になってもちっとも勉強しない!スマホでゲームや友達とラインしてばかりで、もう あきれるやら、腹が立つやら!

今日は、そんな不安な気持ちで冬休みを迎えてしまう中学3年生&高校3年生の親御さんに向けて 「受験生なのに!勉強しない息子を見守る方法」について書いていきます。

 

高校受験生(中学3年生)男子が勉強しない理由

小学校まではママ大好きっ子だったのに 中学校に入って反抗的な態度ばかり!

受験生になったのに!
ちっとも勉強しない息子に困り果てているお母さんが今多いです。

反抗期の中学生男子 

とにかくいつも機嫌が悪い…

 

 

かくいう、私も 息子達が中3の頃はまだ勉強のやる気は出ていなくてね。

一向に「やる気スイッチ」の入らない姿に、相当やきもきしていました。

 

特に、参観日に会ったママ友から
「〇〇くんは志望高がA判定だったらしいよ」とか
「△△さんは推薦で合格したらしいよ」 とかって話を聞くと

超焦ってしまって
勉強しない息子にイライラをぶつけたくなる自分と戦ってたなぁと。

 

 

 

では

受験生なのに!
やる気になっている子もいるのに!
塾に高い月謝を払っているのに!
どうしてわが子は勉強しないのでしょうか?

 

 

 

その理由は ご家庭によっては、これまでの過干渉な親の態度が原因で、彼らのやる気が出ない場合もありますが

多くの場合
単に「その時が来ていないからだ」と私は感じています。

 

というのはね。

例えば 受験の際の内申点にも重要になっている提出物。

提出点って女子の方が有利だと思ったことありませんか?

たいていは、男子の方が提出物を出すのが苦手です。

だからこそ、男の子ママは、なんだかそこに疑問や不公平感を感じながらも、
出せば取れるはずの提出点を取りにいかない息子が許せなくて!
毎日しつこく「出したの?」 と聞いて親子関係をこじらせている方も多くいらっしゃいます。

 

 

要するに 多くの思春期男子たちと、現行の日本の受験システムとの相性はよくないんじゃないかなぁ。

 

さらに 反抗期真っ盛りの中学3年生という時期が、彼らが勉強に必要性を感じる時期としては時期尚早。

男の子の場合は、高校生になってから本格的なやる気を出す子が多いと感じています。

 

例えば大人は

  • 勉強は自分の人生を豊かにしてくれるもの
  • 勉強は自分の可能性を広げてくれるもの
  • 勉強は将来の収入を上げてくれるかもしれないもの

みたいな感じで「勉強」はやるべきものだと認識していることが多いですよね?

 

だけれども この世に生まれてまだ15年の中3男子達は

  • 勉強はやらないと怒られるもの
  • 勉強はめんどくさいもの
  • 勉強はやった方がいいことはわかるけど、勉強が自分の人生にどう役に立つのかがまだピンとこない

みたいな感じで、「大人(親)の認識」との間に大きなギャップがあったりします。

 

要するにね。 「自分の将来(目的)」と「目の前にある勉強」とがどうつながるかが、まだちゃんとわかっていない。

だから、勉強のやる気も出にくいのだと思うのです。

 

やる気の出ない中3息子の見守り方

 

なので、中3の冬。

まだやる気が出ていない男の子の見守り方としては

3年後の大学受験を見据えて、長い目で見てあげることが大事です。

 

 

今、彼らを追い詰めることは決して得策ではありません。

わが子の性格を考えて「面倒見のいい高校」をあてがおうとする親御さんも多いですが、

高校受験の場合は、自分の居場所は自分で選ぶことが最重要項目だと考えています。

というのは
過去に教育ママだった私の周りを見渡すと

偏差値にこだわらず充実した高校生活を過ごした子の方が、高校で成績を伸ばして良い結果を生みだしていることが多いからです。

 

 

高校合格

笑顔で楽しく通学できるのが一番です。

 

 

中3受験生の親御さんへ

この時期は、周りの友達がどんどん頑張り始めるので、息子さんも否応にも不安が増してくる時期です。

だからこそ、ここが親の踏ん張りどころ!

「見守る子育て」で、親の価値観を押し付けずに信頼や愛情を伝えてみませんか?

 

実は、この時期は 焦りから「ホンモノのやる気」が出やすい時期だったりします。

 

「今からではもう間に合わない!」 という自分の心が作り出す焦りや不安にどうぞ負けないでほしいんだなぁ…

 

 

 

 

■参考記事:「中3受験生なのに勉強しない」読者さんからの質問↓

受験生なのに勉強しない中3長男【読者さんからの質問】

 

 

大学受験生(高校3年生)なのに勉強しない息子を見守る方法

 

進学校の場合、ほとんどの子が受ける1月のセンター試験。

自分の将来を見据えている子どもは、この第一関門に向けて力を尽くしています。

 

大学受験勉強する男の子

 

 

そんな中で、受験生なのに準備を始めていないということは、

  • 自分の将来がまだ見えていないか
  • 自分の可能性を信じられないか

のどちらかだと思います。

 

そして、この状態のお子さんに「負の影響」を与えているのが親の価値観です。

 

受験生の親がかなりの確率で持っている 「大学に行かないと将来苦労する」から 「少しでもいい大学に行くべき」だという価値観

これを手放してみませんか?

 

というのは この親の価値観が子どもの心を追い詰めていることが多いからです。

育てる側の親が 「大学は行っても行かなくてもどっちでもいい。どの道を選んでもあなたは幸せになれる」 と、自分の不安を自分自身で打ち消してフラットな気持ちになれると

育てられてる側の子どもは、本当の意味で自由になれます。

 

そして 新しく「見守る姿勢」になった親の元で、まっさらな気持ちで将来どうしたいかを自分で考えて

 

もしも 「大学に行きたい」とシンプルな気持ちがわいてくれば、その時にこそ「ホンモノのやる気」が育つはずだから。

 

 

湯島天神 合格祈願

湯島天神さん。合格祈願に行ったなぁ。。。

 

 

 

18歳はまだまだ若く、いろんな可能性に満ち溢れています。

 

親が息子の将来について 勝手に心配して勝手に絶望するのは 本当に失礼な話だと思うのです。

 

 

人はいつからでも何度でも挑戦できて、自分らしく生きていける。

 

 

だから親としての不安(価値観)を手放して わが子の「生きる力」と「将来の可能性」を信じてみませんか?

これこそが将来への不安に押しつぶされそうな若い彼らへの「一番の応援」となるはずです。

 

 

満開の桜 合格のイメージ
サクラサケ


お知らせ

ありがとうございます。
満席になりました。

2020年1月13日(月)より、
「個別サポートコース」(半年レッスン2月スタート生)」を、若干名募集いたします。

募集は1月27日(月)までですが、気になる方はお早めにお申し込み下さいね。



■こちらも募集中です■

1)「ライン@」(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA