勉強できても

できなくても



どっちでもいい。

 

 

 

あなたがいてくれたら

それでいい。

 

 

っていうか

それがいい。

 

 

 

それが私の幸せ。

 

 

 

〇〇できても

〇〇できなくても

 

 

あなたはあなた

私はわたし

 

 

 

私も

あなたも

 

幸せになるために

生まれてきた。

 

 

四葉のクローバーを握っている赤ちゃんの手

 

 

 

でも

幸せになるための

方法は

 

親子とはいえ別々。

 

 

 

みーんな違う。

 

 

人生の岐路

 

どんな道を歩いて

幸せになるかは、人ぞれぞれ。

 

 

 

 

 

 

チャレンジする若者(山頂にて)

Life is an adventure.

 

 

どの道を選んで

どの順番で進んで

 

 

 

 

途中から走ろうが

自転車に乗ろうが

 

 

途中で休むことも

途中何回休憩をとるかも

 

 

 

手をつなぐ男女

 

誰かと出会って

好きになったり

失恋したり

 

 

 

 

飛び跳ねる若者たち

 

 

仲間を見つけたり

仲間に裏切られたり

 

 

 

 

雨の中置かれた傘

 

 

雨が降ってきたら

傘をさしたり

ささなかったり

 

 

 

誰かが泣いてたら

 

傘を貸してあげたり

貸してあげなかったり

 

 

 

 

 

夕暮れと男性

 

笑顔な日も

泣き顔でうずくまる日も

 

あったっていい。

 

 

 

どっちでもいい。

 

 

ぜーんぶ自由。

 

 

自由に決められる。

 

 

 

自由に飛び跳ねる男性

 

 

 

 

でもね。

 

 

そうしたらきっと

 

痛い思いも

悔しい思いも

みじめな思いも

 

いっぱいすると思う。

 

 

だからね。

 

そんな辛そうなあなたを
見るのが嫌で

 

お母さんも一緒に辛くなるから

 

世の中の人が

多くの人が

幸せになってる方法だって

みんな言ってて

 

 

大事だって言ってる

 

 

「勉強できた方がいい」っていう

「〇〇できた方がいい」っていう価値観

押し付けちゃってることもあるんだ。

 

 

 

お母さん自身も

きっと何か〇〇できないことで

悔しかった過去や

みじめだった過去が

あるのかもしれない。

 

 

 

だから

 

自分の代わりに

 

大事なあなたに

 

 

自分とは違う

素敵な 失敗のない人生を

歩いてほしいんだ。

 

 

 

赤ちゃんの足を包み込む母親

 

 

だって

 

あなたにずーっと

笑顔でいてほしいから。

 

 

 

それを願うのが

お母さんっていう

生き物なんだ。

 

 

 

出産が近くお腹の赤ちゃんを慈しむ母親

 

 

あなたにも

お母さんにも

 

辛いことを
一人で乗り越える力は
ちゃんとある。

 


ふんばりどころを

乗り切る力が絶対ある。

 

 

握りこぶし 頑張るチカラ

 

 

そして

そんながむしゃらな姿を

 

 

カッコ悪いから
誰にも見られたくないって
思ってる

 

その姿を見て

 

 

 

それが、本当は
かっこいい姿なんだと
感動して

 

 

 

手を貸してくれたり

いたわりの言葉を
かけてくれたり

共感してくれる人がきっといる。

 

 

 

自由な若者たち

 

 

 

 

「どっちでもいい」

 

それが
みんなが幸せになる方法だと
私は思う。