人生観 って
その人の内面に出るって
思うんですよね。

 

 

例えば私。

 

親を二人とも
突然亡くしてます。

 

 

父親は
交通事故

 

 

母親は
くも膜下出血

 

 

二人とも「その日がくるまで」
本当に元気だったから

 

残された私はずっと
親が突然居なくなった理由
探してました。。。

 

 

 

 

 

 

 

私が見つけた「理由」

 

 

父親の時は

「私に死ぬという事を
教えてくれた」

という答えを見つけました。

 

 

実は

「その時」の私は

 

長男の出産のために
実家に里帰り中。

 

出産してちょうど1ヶ月の時に
起きた出来事でした。

 

 

もうね。

 

あまりにも
突然で、衝撃的すぎて

 

自営業の会社のもろもろのこととか

初めての出産直後だったこととかで

 

心も体も大混乱だったから

 

 

「あー
人が一人いなくなるって
こんなに大変なんだ」

って痛感したんでしょうね。

 

 

だから
この

 

「父は私に
死ぬということを教えてくれた」

 

という答えが

心にストンと下りてきた時
モヤモヤしていた気持ちが
消化できた。

 

 

「ああ お父さん
私に教えてくれたんや」

って、ラクになれたんです。。。

 

 

 

 

今度は、母親

 

で、

今度は母親でした。

 

 

ああ
これはもうホントにきつかった…

 

 

父が亡くなった後
母は一人暮らしだったから

発見が何と3日後。

 

 

お風呂の中でした。

 

 

 

 

そして
私の見つけた答えは

「もう一人でも大丈夫だと
私を信じてくれてるから
いなくなった」

でした。

 

 

 

心配性の母は
私が結婚してからも
子どもを産んでからも

常に、私を心配してたから

 

 

だから

そんな答えを見つけたんだと
思います。

 

 

 

 

 

でね。

 

実は
この母が亡くなった時に
見つけた答えが

 

そのまま

 信じて「見守る」姿勢

なんですよね。

 

 

 

 

 

 

「きっとどこかで両親は
私のことを
見守っていてくれる」

 

この「寂しさ」と「温かさ」の
共存した想いが

今、私の心の大きな支え
になっているから。

 

 

 

 

そしてね。

 

私は体感してるんだなぁ。

 

 

親に
黙って見守ってもらうことで

びっくりするぐらいの
「やる気」 が
あふれてくることを。

 

 

 

 

 

母が亡くなった

その直後に

 

まるで導かれるように出会った
コーチングの世界で

 

もがき続けながらも
私が目標を手放さなかった原動力は

 

両親が
信じて見守ってくれてる
って
ココロで感じている

ことだったから。

 

 

 

親に

 

「自由にやっても大丈夫」

「何があっても大丈夫」

って見守ってもらえてるってね。

 

 

 

 

 

本当に
力が湧いてくるものなんですよ。