「部活やめたい」と言われた時の中高生親の対応

・「野球部をやめたい」と言い出した息子に困っている(夢は甲子園と言っていたのに…)

・最近、サッカー部の朝練に出なくなった…など練習をサボりがち。

・高価な楽器を買ったばかりなのに、吹奏楽部をやめたいと言い出した

など、わが子の部活のことで悩んでいる中高生の親御さんは少なくありません。

実は、子どもの部活のお悩みはよくご相談を受けますし、実際に私自身も悩んだ経験があります。

日本における部活動は、勉強と共に親側が子に頑張らせたくなるものの1つ。

・学生時代は何か打ち込めることをやるべき!
・文武両道であるべき!
・一度始めたことは辞めるべきではない!
・練習はサボらず参加すべき!
・やめ癖(逃げ癖)をつけてはイケナイ
などの信念をもって子育てしている親御さんも多いために、「部活をやめさせたくない」「どうしたら続けさせることが出来るか?」と悩むお母さんが多いのです…

ですが、部活が辛くて、不登校になったり、心を病んでしまったりする事例があるのも事実。

本来、部活動は楽しいもので、体を壊したり、心を病んでまでも、続けなければイケナイものではないはずです。

中高生ママ専門の子育てコーチとして【子どもが「部活をやめたい」と言い出した時の対応】は、以下の5つがよいと考えています。

1)やめたい理由を聞く
2)子どもの味方になる
3)本人の意思を聞く
4)親に出来ることがないか聞く
5)子どもの選択を見守る

大切なことは、実際にその部活をする子どもの気持ちを尊重することです。

そのためには、親は子どもの立場に立って考えることが非常に大切ですので、まず「子どもが部活をやめたいと思う理由」についてご紹介します。

中高生が「部活をやめたい理由」

まず、部活をやめたいという中高生の、よくある理由を3つご紹介します。

3つご紹介しますが、このうちどれか一つが原因なのではなく、いろんなことが絡み合っている場合も多いです。

例えば「部活の友人とちょっとしたことで揉めたが、学校の顧問の先生の態度にも失望したから、部活への興味を失った」など。

つまり、その部活動が「楽しい居場所」ではなくなっているんですよね…

ちょっとしたことで、やめることを口にするわが子に「忍耐力のなさ」を感じて、イラ立つ親御さんも多いですが、親が考える以上に、ストレスを感じている子が多いです。

理由1:人間関係の悩み

部活では、ほぼ毎日練習があるので、部活の友達と親密になりやすいです。

だからこそ、ちょっとしたこともイザコザに発展したり、思春期なので様々な悩みもあったり、、、(好きな子がかぶったりとか)

また、先輩から「いじられることが辛い、、」という場合も結構あります。(先輩はいじっているつもりだけど、本人にはイジメのように感じている)

理由2:顧問の先生が嫌い

「顧問の先生が嫌い、合わない」というお話もよくお聞きします。

きっとその先生も、”良かれと思って”生徒を指導されているとは思うのですが、たいていはスパルタで言葉がキツイなど、行き過ぎた指導になっていて、子どもに恐れられていたり。(スポーツの強豪校ほど良くある話)

その証拠に、顧問の先生が代わると、急に頑張り始める子もいたりします。

理由3:他にやりたいことができた

たいていは、人間関係のストレスにより、その部活動に興味を持てなる場合が多いのですが、ゲームや音楽など、他に楽しいことが出来たために、部活への興味がだんだんなくなり→練習を休みがちになっていくパターンもあります。

悩む中高生生男子
あーー部活楽しくない
行くのが嫌だ、、、

部活をやめたいと言い出した時、親の対応

部活をやめたくなる子どもの理由を3つあげましたが、親からみて「たいしたことない理由」だと感じれば感じるほど、「ちょっとくらい我慢したら」と言いたくなりませんか?

ですが、この対応は良くありません。

ここでは、子ども自身がこの問題を自分で解決するために、親はどんな風にサポートするとよいか、その方法をお伝えします。

1)やめたい理由を聞く

「どうしてやめたいと思ったの?」とシンプルな質問で、子どもの気持ちを聞いてみましょう。

この時、親の「部活はやめるべきではない」という価値観をいったん横に置いて、話を聞いてあげて下さいね(親の正義を手放すのがベスト)

(子育てコーチになったつもりで)悩んでいる子どもから、愚痴でも弱音でも何でも、思っていることを全部、吐き出させてあげると、案外「本当はやめたくないんだ」という気持ちを話してくれることもあります。

男の子の話を聞く母親
母「どうしてやめたいと思ったの?」
途中で否定やアドバイスしないことが
相談しやすい母になるコツ

2)子どもの味方になる

子どもが何かで悩んでいる時、私が常に心がけていることが、子どもの味方になること。

というのは、親はなぜか我が子を悪者扱いして、相手の肩(先生や友達)を持ちがちなことに気付いたからです。

例えば
先生だって、あなたの為を思って言って下さっているのだから、少しぐらい我慢したら」

〇〇君も、悪気があってやったわけではないから、気にしないようにしたら」

「もしもあなたがやめたら、チームが困るんじゃない?大会も近いでしょ!みんなに迷惑かけたら駄目よ」
など。

我が子に我慢させようとしちゃうんですよね、、、

つまり、現在、部活をやめたくなるほど辛い我が子の気持ちを理解しようとしないで、余計に追い詰める言葉をかけているのです…

サッカー部
あなたがやめたら
チームが困るでしょ!
それにせっかく仲良くなれた
友達から嫌われるかもよ!
(↑脅してる)

3)本人の意思を聞く

「あなたは、本当はどうしたいの?」とシンプルに質問してみましょう。

すると、もうすでに気持ちを固めていて「やめたい」と答える子もいますが、実際はまだ迷っている子もいます。

部活を続けるかどうか、その答えを決めるのは子ども自身ですから、親はなるべく聞き手に回り、自分で決めさせてあげることが重要です。

質問する母親(子育てコーチング)
「あなたは本当はどうしたいの?」
(答えはいつも子ども自身の中にあります)

4)親に出来ることがないか?を質問する

例えば、厳しい部活の場合は「本当はやめたいけど、顧問の先生や先輩が怖い」という場合もあり、親のヘルプが欲しい子もいます。

実は私、子どもが何かで悩んでいて相談を受けた時、息子に「お母さんに何かできる事はある?」と聞くようにしています。

どうしてかというと、この声かけで「母はあなたの味方だ」と子どもに伝わる気がするからです。

実際には「特にない」と言われることが多いのですが(笑)、たまに言われる「黙って見てて」に忠実に従うと、親子関係は劇的に良くなります。

5)子どもの選択を見守る

そして、子どもが出した答え(やめるor続ける)を尊重し、黙って見守ります。

自分の選択を親に尊重してもらえた子どもは、疲れた心をしばらく休めた後、自分のタイミングでまたやりたいことを見つけてチャレンジする事が多いです。

実は、私の息子も、高校時代、部活をやめた経験があります。

楽しいと思って入った部活だったのに、予想以上に過酷な部活で、そばで見ていても本当に辛そうでしたが、高1の6月頃にはやめる決断をしました。

部活をやめた後、しばらくはゆっくりしていましたが、高1の冬に新しく入った部活で、良い先輩や仲間に恵まれ、とても充実した高校生活をおくれたようです。

子育てコーチング
中高生ともなれば
自分の問題は自分で解決できます。
親が子どもの問題に
介入するのをやめると
自主性や主体性が育ちます

部活をやめたい中高生へのNGワード5選

ここでは、部活をやめさせたくない親御さんが、子どもに言いがちなNGワードを5つご紹介します。

全て、親が指示・命令している言葉となり、子どもの気持ちを尊重していません。

ですので、心に余裕があればこの5つのNGワードを思い出して下さいね。

  • あと半年で引退なんだから、最後まで頑張りなさい

    親からすると、半年はきっと「あと少し」。

    ですが、現在、悩みを抱えている子どもにとって、半年は、親が考える以上に長いもので、この言葉に絶望してしまう子もいます。

    逆に言えば「あと少しなのにやめたい」と思わざるを得ないくらい辛い理由があるのです。
  • やめてもいいけど、後悔はするな

    わが子が大切だからこそ、後悔させたくない、と願うために出る言葉ですが、このセリフは実質「やめるな」と言っているように聞こえませんか?

    「後悔するな!」と親から言われる子どもは、そもそも、どちらが後悔のない選択なのか分からないからこそ悩んでいるのです。

    結局、この親の余計な一言が子どもを必要以上に苦しめるのです。
  • 部活をやめるなら、代わりのことをやりなさい(例:勉強、塾など)

    部活をやめた後、ゲームばかりになってしまう恐れがあるなど、自堕落にしない対策として過干渉な親御さんが言いがちなセリフ。

    子どもが部活をやめるためには、代わりのことをやらなくてはイケナイという交換条件を出してしまっているのです。
  • 途中で部活をやめたら、内申点に響くからやめない方がいい

    特に、高校受験を意識する中学生の親御さんが言いがちなのセリフ。

    ですが、部活を続ける意味を見失ってしまった子どもにとっては、嫌なセリフ。
  • 今まで買った道具がもったいない!先生にもお世話になったでしょ!

    子どもの気持ちよりも、損したくない気持ちや、自分の立場を気にしている親御さんが言いがちなセリフ。

    一番大切なのは、大切なわが子の気持ちではないでしょうか?

    それに、この言葉を使うと、子どもの味方ではなく敵となりやすく、嫌われやすいです。
フルートを服男子中学生
高価な楽器を購入してしまった場合は
途中でやめさせたくないですよね…

最後に

文武両道を好む日本では、部活をとても大切に考える親御さんが想像以上に多い印象があります。

部活にしても!
勉強にしても!
自分のやりたくないことを、やりたくない時に親に無理強いされるのは、辛いばかりか、その成果も出にくくなります。

わが子が「部活やめたい」と相談してきた時、自分の気持ちよりも、子どもの気持ちを優先してあげられますように。

▼あわせて読みたい(空手をやめさせたくなかった私の黒歴史)▼
習い事やめたいと言われたら?親のベストな対応

▼(PR)勉強しない!ゲームばっかり!にお悩みママに
\どちらも無料/
メール(文字)で学びたい方に⇒7日間メールセミナー(登録無料)
❷(New!)動画で学びたい方に⇒7日間【動画】セミナー(登録無料)


動画で学ぶ♪見守る子育て塾

見守る子育て塾

動画版「見守る子育て塾」

スマホやタブレットで
スキマ時間にサクッと学べる♪「見守る子育て」の動画塾。

男の子ママがこじらせやすい20+2個のテーマ(各約10分)を動画で解説しています。

詳細はコチラから

不登校編
2021年春開講!

不登校編サムネ
見守る子育て塾~不登校編~

【ご購入特典】
・夫婦関係改善に役立つ「夫婦の通知表(PDF資料)」(先着100名様)
不登校解決への羅針盤シート(書き込み式PDF資料)

コロナ禍で不登校への不安のある方は、母もサクッと「スマホ学習」してみませんか?

詳しくはコチラから。


***

個別サポートコースは只今満席です。
空きが出ましたら、ライン公式アカウント(←こっちの方が早い)かメルマガでお知らせいたします。

\どちらも無料/

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

メールセミナーバナー

***

当ブログはリンクフリーです。
「いいな♪」と思う記事がありましたらブログやSNSでご紹介していただけると嬉しいです。(許可や連絡は不要です)