「去年は死ぬほど遊んだから、今年は死ぬほど勉強する!」【お客様の声】

中学・高校生から
男の子の「見守る子育て」コーチング
わかばやしゆかこです。

 

今日は
お子さんが高校に入学後
勉強を全然しなくなって
悩んでいたお母さんが

「見守る子育て」を実践してみたら

お子さん(高2の女の子)が
勉強のやる気をモリモリ出され!
今娘さんと話すことが楽しい!
となられた方のお話です。

 

掲載を快諾いただきましたKさん
ありがとうございます!

 

ご相談時(2018年10月)の最初のお悩み

 

高校に入学した長女さんのことで
お悩みだったKさん。

昨年の秋頃から
個別サポートさせていただきました。

 

 

Kさんの長女さんは

特待生になるくらい
優秀な成績で高校を合格されたそうで

だけど
なぜか入学後
ほとんど勉強をしなくなってしまって
成績がどんどん下がっていく状況でした。

 

 

 

高校生って楽しいこといっぱいあるよね!

 

 

 

なので

Kさんは

「このままでは
落ちこぼれてしまって
特待生を外されて
自信を失ってしまうんじゃないか」

という「不安」をお持ちでした。

 

 

高校の先生との面談が憂鬱で(←めっちゃわかる~)
体調を崩される日もあったり。

 

 

 

 

 

 

でも、そんな中
自分の「不安」を口にだして
自分の感情と
真摯に向き合っていかれました。。。

 

「私が○○したのがよかった!」爆発的なやる気の要因

 

そんな苦しい時期を
過ごしていかれるのですが

そんな中
Kさんの心に大きな変化が生まれます。

 

 

それは

いい意味であきらめた

ってことらしく(ご本人談)

 

 

もういいや!あきらめよう!

 

 

 

 

なんかね。

(以下Kさんのメッセージより)

 

「もう悩むのに疲れたんです。

それから
成績が悪いとか
勉強しない娘にも慣れた 笑

それで
成績は見ないと決めました!
見ると具合が悪くなるから」

 

って感じで
いい意味であきらめたのだそう。

 

 

 

そしたらね。

 

本当に

だんだんなのですが

(いろんな部分、はしょってます!)

長女さんの言動にも
変化がみられるように
なってきたそうなんですよ~

 

 

 

・学校生活のいろんな部分で
やる気が出て楽しい日が増えたり

 

・目標の大学が出来たり

 

・将来のやりたいことが見えてきたりして

 

だんだん

「勉強して自分の夢を叶えること」に
フォーカスしていかれました。

 

 

 

あこがれの「あの大学」に入りたい!
○○について勉強したい!

 

 

 

 

すると

なんと!!

 

高2の春の定期テストでは
一気に成績が大幅アップ↑↑

 

 

あまりの「大幅上昇」ぶりが
先生達の間でも噂になるくらい
だったそうなんです~~~

 

 

 

長女さんの「あまりの変化」に
びっくりされたらしいのですが
嬉しい変化を沢山!!
ご報告いただきました\(^o^)/

 

爆発的なやる気を引き出した「母の姿勢」
3つのポイント

 

そして

現在の長女さんなのですが

 

学校が楽しい!とおっしゃられ
すごく明るくなられて

毎日帰宅すると30分くらい
その日楽しかったことをお母さんに
ぶわ~っと話されるそう。

 

 

で、

それ以外のほとんどの時間!!
勉強されているのだそうです!

 

 

 

 

そして

私も聞いてびっくりしたのが
長女さんのこの言葉。

↓ ↓ ↓

「去年は死ぬほど遊んだから
今年は死ぬほど勉強する!」

 

 

これ
ホント
めちゃめちゃかっこいい
「決意の言葉」だと思いませんか?

 

 

 

「こんな言葉、一度でいいから
聞いてみたい!」

と切望されるお母さんが
沢山いらっしゃるんじゃないかなぁと
想像するのですが

 

私は今回
「この言葉」が聞けた背景には

お母さんである
Kさんの姿勢(見守り方)が
大きな影響を与えていると感じています。

 

 

そのポイントを3つあげてみますね。

 

 

 

1)子どものことは、いい意味であきらめる

 

今ね。

「うちの子
○○したらどうしよう、、、」

みたいな感じで
心配していることってありませんか?

 

(Kさんの場合は
「特待生を外されたらどうしよう」
みたいな感じ)

 

それって今「執着していること」
の1つですから

その「執着していること」を
いい意味で
あきらめてみませんか?

 

 

「あきらめても
大丈夫!なんとかなる」

と「いい意味」でこの執着を
手放してみるとね。

 

 

Kさんのように!きっと
何かが変わり始めますよ~☆

 

 

 

 

 

2)お子さんの話を否定せずに、楽しそうに話を聞く

 

お家ってね。

外(学校や塾)で
いろいろ頑張ってきた人が
「ほっと一息」できる場所。

 

家族のみんなが
自分の素が出せて安心出来て
エネルギーをチャージできる
「居場所」です。

 

そんな「お家」で
今日あった出来事を

 

「うん。うん。
そうだったの~(^^)

そんなことがあったのね~

へぇ~ すごいね~

やるね~」

みたいな感じで
楽しそうに聴いてくれる人(親)が
側にいたとしたら。。。

 

私達だって
疲れもサクッと吹っ飛んで

もしも落ち込んでいたとしても
わずかな時間で切り替えられて

「やる気」だって
わいてきそうな気がしませんか?

 

 

母と娘の会話!!憧れる~~~

 

 

3)子どもの将来の可能性を心から信じる。

 

もしも

・今の偏差値よりも
20も30も上の学校に行きたい!

とか

・将来有名になって稼ぎたい!

とかって感じで

 

可能性が限りなく低いこと
わが子が言い出した時。

 

あなたは
どんな言葉を返しますか?

 

 

 

 

自分の可能性を
自分以上に信じてくれる人が
側にいるとね。

 

人は
こんな風に
ガムシャラに
頑張り始めたりするんですよね。。。

 

 

自分の可能性を信じてがんばるぞ~~~
だって
お母さんは私のことを

私以上に信じてくれているから。

 

 

 

 

自分の無限の可能性を信じて
自分らしく笑顔で生きてく子ども達が
どんどん
増えていきますように☆

 

 

*【お知らせ】******

 

ただ今
わかばやしの「個別サポートメニュー」
は満席のため
募集をストップしております。

 

空きがでましたら
「ライン@」や(←こっちの方が早い)

「メルマガ」にてお知らせいたします。

 

 

ライン@のご登録はコチラから

(月・水・金の週3でブログ更新や
お得な情報をお届けしています♪)

 

 

 

7日間無料メールセミナー

のご登録はコチラから

(7日間のメールセミナーの後
自動的に切り替わって
毎週月曜日の午前中に
メルマガをお届けしています)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA