クライアントさんの実例「親子で笑顔の春編」【見守る子育て】メルマガ Vol.58

あるクライアントさんからの最初のご相談メール

今日は

「悩んでいる親子さんのためになるなら
私のケースはなんでも使って下さい」

と、ありがたくも申し出て下さった

とっても素敵でかっこいい
クライアントさん・根岸りか様(仮名)
の全面的なご協力をいただきましての
メルマガになります。

(りかさーーーん。
本当に本当にありがとうございます!)

 

 

 

 

私の場合
コーチングをスタートさせる時は
大体がメールでご相談を
いただくことから
スタートするのですが

一昨年の夏
「りかさん」から最初に
いただいたメールはこんな感じでした。

↓   ↓   ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・
去年の中2の秋の試験あたりから
勉強にやる気をなくし、

今年の冬休み明けから、
遅刻に居眠り、
クラブも理由をつけてはさぼりだし、

3月の春休みに、
携帯&オンラインゲームにはまり、
週に2日通っていた塾も
月に1,2日行くか行かないか
という程度になり、

4月からは中3で
高校受験を控えた大事な試験も
全く勉強せず、惨憺たる結果で
授業にもついていけなくなったようで、

5月GW明けあたりから、
何かと理由をつけて
学校を休むようなり、最近では
週に2、3日学校を休むこともあり、

このまま不登校になって、
引きこもりになるのではないかという
不安で一杯です。

 

 

異常なゲーム熱で
一緒にゲームしていた友達にも
距離を置かれて、

部活の仲間からも
最後の夏の大会を前に部活をさぼり、

自分勝手な言動や行動が原因で
うまくいっていない様子で、
以前のように友達と出かけることが
ほとんどなくなり、

一人孤独にゲームをしながら
一喜一憂する姿に危機感を感じて、
ゲームを取りあげると、

家にいる間は、
携帯片手にイヤホンをして、
私との会話は極力避け、

携帯やゲームや勉強の話をすると、
突然キレ
「死ね、ウザイ、かかわるな!」
の暴言を吐く始末です。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

えーっと。

こんな感じで

正直ちょっと大変な感じの
ご相談メールでした。。。

 

りかさんの取り組み

 

セッションが始まって

りかさんは「これまでの考え方」や
「自分のこれまでの行動」を
修正する視点を持ち始められます。

 

 

私のブログやメルマガも
毎回熟読して下さり

・即!自分ごとに置き換えられて

・息子さんの立場に立って
考えてみたり

・言葉かけを変えたり

・息子さんのすでにできているところを
見るようにしたり

・愛情を伝えるために、寝る前に
マッサージを始められたり

・「不安オバケ」を手放す努力をされたり


とっても意欲的に実践されたのでした。

 

 

この頃の「りかさんのメール」には

↓   ↓   ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・
WHY(何でこうなったの?)ではなく、
HOW(どうしていこう?)を考えて
いかないとと
思いはじめてきた感じです。

(↑ りかさんの思考の変化)

(中略)

それ以降も毎晩寝るまで
足マッサージを続けているんですが、
何となくお互いの「心のかたまり」
みたいなものが、
柔らかくなってきたような気がします。

一時停止ボタンの後、
再生せずに消去してる感じですかね。

(↑ 実際に行動してみての
気持ちの変化)
・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ちなみに

「一時停止ボタン」のブログは
こんなお話♪

↓   ↓   ↓

思春期男子に売られたケンカをスルーする方法

 

で、りかさんが
実際に実践して、成功されたお話は
コチラから。

↓   ↓   ↓

思春期男子に売られたケンカを華麗にスルーした実例

 

 

りかさんってね。

こんな風に
自分でどんどん気づいて
実践していかれる方だったから

期間中、私が特に意識していたのは
「承認」(認めること)することでした。

↓   ↓   ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・
コーチの返信で、褒めてもらえたり、
共感してもらったりするとうれしいし、
力が湧いてきますよね。

こういうことなんだなーって
つくづくわかりました!
私も同じことしてやればいいんだって!

ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こんな感じで、
りかさんらしい「見守る子育て」
実践される日々の中で

息子さんの方に

 

・体や精神力を鍛える行動を始めたり

・睡眠を整えるようになったり

・通信制のゲームをやめたり

といった

★まずは勉強以外の部分での★
「変化」(成長)が起き始めます。

 

男らしくかっこよくなりたいっ!

 

 

これって
息子さんが自発的に始められた
自分を整えるための行動です。

 

 

なので

「お母さんが指示命令を減らして
見守り始めたことで
“自主性”が伸びてきたんだ

と、息子さんの「変化」を
嬉しくお聴きしていました。

 

 

しばらくすると

「勉強」や「受験」についても
息子さんの姿勢や意欲の変化が
起き始めます。

 

 

絶対○○高校に行きたい!!

 

 

going his way

 

 

りかさんの言葉で
とっても印象に残っている言葉が
あります。

それは

★going his way★

「息子には息子の道(やり方)がある」

だから
私はそれを「見守っていきたい」
とつぶやかれた言葉です。

 

 

コースの後半では
こんなことをおっしゃってます。

↓  ↓  ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子が自分の選択で生きはじめる
幸せな姿を見たいこと。

そして手放してやれたことで、
私自身も楽になって、
そんな自分を肯定したいんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

めっちゃ素敵な「宣言」ですよね~☆

同じ年の
思春期男子を子育て中の私自身にも
びんびん響いてくる言葉です。。。

 

 

そして

この春

息子さんは無事に
第1志望高校に合格され
毎日元気に登校しておられるとの
嬉しい報告もいただいています。

 

 

 

 

 

 

今日は

クライアントさんの実例
「親子で笑顔の春」編

 

 

 

 

本当にざっくりですが
「りかさん親子のケース」を
紹介させていただきました。

 

 

実際のメールを
かなり引用させてもらいましたが

今回のメルマガ記載について
快く承諾していただいたりかさんに
心から感謝して

今、悩んでおられるお母さんが
「私もできるかも?という希望☆」を
感じてもらえるといいなー

と願っております。

 

りかさん
本当にありがとうございましたm(__)m

 

 

 

人はいつからでも
何度でも
変わることができます。

 

あなたもよかったら
「見守る子育て」を始めて

親子で笑顔の日々を
取り戻しませんか?


お知らせ

令和2年6月8日(月)より「個別サポートコース(半年レッスン・6月生さん)」を若干名募集する予定です

詳細につきましては

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内)

友だち追加

2)7日間無料メールセミナー

見守る子育てメールセミナー

にて(ご登録者のみに)お知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA