反抗期男子の「見守り」方 (家で暴れる男の子たち)

時計を殴って壊す反抗期男子

思春期というよりも反抗期!

・スマホ依存かと思うくらいゲームばかりしていたり
・学校に行かなくなったり
・全く勉強しなかったり
・親に暴言を吐いたり
・家で暴れたり

という、中学生・高校生男子の言動に
お悩みのお母さんが最近は本当に多いので
今日は「反抗期男子の見守り方」について書いていきます。

 

 

こういった、男の子達の反抗期にも段階があるのかなぁと感じているので

今、反抗期男子のいるお家の中で何が起きているのか?

《段階別》にお伝えしていきますね。

 

反抗期男子の第1段階

 

・ゲームや携帯ばかり

・全然勉強しない

・いつも不機嫌

・やる気や覇気がない

・塾に行かない

・ゲームや課金のトラブルなど

ゲームをする反抗期男子

 

 

親にやれと言われたことに、一切耳を貸さなくなり

「やらない」「行かない」など態度で親への反抗を示している段階。


できれば、
この第1段階のうちに!
反抗期の男の子からのメッセージ(親へ言いたいこと)に気づいて、対応を変えていくと、

まるで、嵐が過ぎ去るように反抗期は長引かせずにすみます。

 

反抗期男子の第2段階

 

<内に閉じこもるタイプの子の場合>


・原因不明の頭痛や腹痛が起きる

・学校に行き渋りの様子を見せる

・不登校

・昼夜逆転する

・母がつくった食事を食べないなどストライキ行動
(買い置きのコーンフレークやカップ麺を食べる)

・口をきかない
(親に話しても無駄だと思っている)

・自室にこもって、親がいるうちは顔を見せない


・既読スルー、未読スルーは当たり前で、ラインをブロック。
親とのやり取りを一切拒否する。

・父親のことが嫌いで「あの人」とよんだりする。
(父親だとは認めていない)

 

不登校の男の子

 

 

<エネルギーが外へ向かう子の場合>


・家にいない時間が長くなる

(平日の帰宅が遅く、休日は出かけてばかり)

・よくないグループに入る

・暴言(うるせー、し○、黙れ)

 

すぐ怒る反抗期男子

 

 

反抗期男子の第3段階

 

・暴れて家の中のモノを破壊
(壁に穴、ドアなど対象がモノ)

 

壁に穴をあける

最初は対象がモノ
イライラする気持ちを抑えられずモノに当たります。

 

 

・人にモノを投げる

最初はクッションなど柔らかいモノですが

だんだんリモコンなど固いモノ投げるようになります…

 

 

・ベランダに足をかけるなど、自分を傷つけることで、親に仕返しをしようとする。
(自傷行為)

 

・そして暴力がお母さんに、、、


母親に暴力をふるう反抗期男子


モノを壊しても
周りの対応が変わらない場合は、当たる対象がになっていきます…(>_<)


特に

一番身近にいるお母さんへの暴力が一番多いです。

 

 

反抗を長引かせない方法

 

 

早い解決への1つのポイントは

できるだけ浅い段階のうちに、親の対応を変えること。

 

 

どうにかして
息子を変えようとするのではなく

親側の在り方を変えようとすることです。

 


・子どものことを否定的に見ていないか?

・将来を心配ばかりしていないか?

・無理に何かをやらせようとしていないか?

考えてみて

気づいたことから、それを「やめること」が、親子関係修復の第一歩になります。


(何をやめたらいいかがわからない人は、「個別サポートコース」にてご相談下さいね。)

 

 

反抗期が長引けば長引くほど

親も

子どもも

どんどん苦しくなりますから。

 

 

■参考になりそうな記事

お母さんを幸せにする「反抗期」のとらえ方

 

反抗期男子の心のとかし方

 

思春期・反抗期男子のトリセツ

 


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA