大学受験なのに勉強しない息子のやる気を引き出すには?

大学合格

 

高校生なのに大学受験に向けて一向に勉強しない息子にイライラしている親御さんに向けて、「やる気をくじく対応」の現状から→男の子の特性に合わせた「やる気を引き出す対応」に変えるご紹介をします。

私自身、現在大学生息子の大学受験(現役&浪人)をサポートして感じたことですが、大学受験って本当~に大変です。

なぜなら、大学入試で問われる知識量はとにかく膨大で、孤独な闘いに挑むようなものだから。

志望校にもよると思いますが、高3&浪人時代の息子は、毎日朝から晩まで勉強してたなぁと。

要するに、大学受験では、志望校合格のために、長い時間をかけて、コツコツ計画的に自分の実力をつけていく必要があります。

この闘いに挑むためには、受験生本人のメンタル(心の状態)をいかにいい状態に保つことができるかが重要なカギになってくると思うのです。

今日は大学受験なのに勉強しない高校生男子の理由も考えながら、母親だからこそ出来る「男の子のやる気を引き出す対応」についてお伝えしますね。

 

大学受験生なのに勉強しない理由

高校生と言えば、そろそろ親離れに向かう時期。

本来ならば、自分の将来のことを考えて、自立への準備を始める時期だったりします。

ですが、受験生なのに、まだ、自主的に勉強する気にならない高校生男子の大きな理由として「自己肯定感の低さ」が考えられます。

これは長年「勉強ができるorできない」というモノサシで評価され、「このままのあなたではダメだ」と否定され続けたために、心にエネルギーがたまっていない状態。

やらなきゃいけないと頭で分かってはいても、やる気が出ないのです。

車に例えるならば、ガソリンが入っていないのに、アクセルをいくら踏んでも動かない状態です。

ですので、男の子の「心のエネルギー」にあたる
・自分を肯定する力(自己肯定感)
・自分を信じる力(自己信頼感)
・自分は価値があると思う(自己重要感)

など、受験生の「心の中の見えない部分」を、親が丁寧に大切に育てることを日々意識することで、高校生のやる気は育てられると考えています。

勉強を頑張る男子高校生
大学の受験勉強は長丁場。
頑張り続けるには、心のエネルギーが必要です。

大学受験生のやる気を引き出す対応1:「東大に行きたい」を否定しない

東大に行きたい!は「一番になりたい!」

男の子は「ヒーロー欲求」や「1番になりたい欲求」が強いです。

運動会で「駿足(スニーカー)」を履いて一番になりたかったあの日ように

「勉強の世界でも一番になりたい!」

その気持ちが言葉として現れているのが「東大に行きたい」です。

ですが、「勉強しない状態」を長く見せられ続けたお母さんのほとんどが、息子が「東大に行きたい」と言った場合、「何馬鹿なこと言ってるの」「そんなの無理」と全否定して話をぶった切ることが多かったりするのです。

そして、この否定が「やる気をくじく対応」になっています。

なぜならば、「一番になりたい」「一発逆転したい」という「せっかく出たやる気」を、本来なら一番応援してほしいお母さんに「あなたには無理」とバッサリ否定されてしまっているからです。

例えば、「ノミのジャンプ実験」の話で説明すると、ノミって、あんな数ミリの大きさにも関わらず、2mジャンプする能力があるらしいのです。

だけど、そのノミを 高さ50cmのビーカーに入れて蓋をしたら、高く飛ぶことをあきらめてしまって、50センチしか飛べなくなってしまうのだそう。

猫の背中の蚤
蚤のジャンプ力はすごいらしい

人間も同じだと思います。

今回は「東大」を例に挙げましたが、他にも「医学部に入りたい」「早稲田や慶應義塾大学に入りたい」「音楽をやりたい」「動画配信したい」など、「一番になりたいという夢」は人それぞれ。

子どもの可能性に蓋をする親になっていませんか?

勉強のやる気を引き出す会話例

高校生男子
高校生男子

俺東大に行きたい

そうなんだね。東大に行きたいって思ったんだね。
(基本オウム返し)
どうして東大なの?

見守る母
見守る母
高校生男子
高校生男子

今まで馬鹿にしたヤツを見返したい気持ちもあるけど、もしも俺みたいなヤツが東大には入ったら、どんな景色が見えるか?実際に見てみたいんだ。

そうなんだ。スゴイなぁ。
きっとあなたなら大丈夫だよ。
どんな景色が見えたか、また教えてね。

見守る母
見守る母

▼参考記事▼
東大生の母がやっていた2つのこと【林先生編】

大学受験生のやる気を引き出す対応2:やり方はすべて本人に任せる

苦手科目から勉強させたい母
vs
得意科目からやりたい息子

長らく勉強のやる気が出なかった高校生男子にとって、いざ勉強を始めようとしても、何から取り組んでよいかがわからないことが多いです。

実はこの「何から取り組んでいいかわからない」というのも、今まで勉強をしなかった理由の一つなのです。

こんな時、苦手科目からやれば?と思うのが母親で、苦手科目は後回しにしたい!と思うのが息子だったりします。

で、例えば
文系でも理系でも
国立でも私立でも
大学受験に絶対必要で大切な科目が英語です。

大学受験の大変さを分かっている母親は、大変さがわかっているからこそ

イライラ母
イライラ母

英語は構文が大事!
例文を覚えなさい!
英単語は1日10個ずつ覚えなさい!


などという指示命令をしがちです。

そして、この指示命令が「やる気をくじく対応」になっています。

勉強のやる気を引き出す会話例

高校生男子
高校生男子

何から勉強していいかわからない

そっか~わからないんだね。
ちなみに、今のところ何からやればいいって思ってるの?

見守る母
見守る母
高校生男子
高校生男子

本当なら一番苦手な英語だけど、手っ取り早いのは暗記科目の日本史かな。

なるほど~。そうなんだ。
英語からでも日本史からでも、どっちでもいいと思うから、あなたの好きなようにやってみたら?

見守る母
見守る母

▼参考記事▼
中学・高校生男子は英語が苦手だって話

大学受験生のやる気を引き出す対応3:「3つのS」で認め上手になる

すごい♡ さすが♡ すばらしい♡

男性は本来、異性である母親から認められたい、褒められたいと思う生き物です。(エディプスコンプレックス)

だけれども、「わが子は褒めるところがない!」とばかりに、褒めたり認めたりを極力しないお母さんが多いです。

で、これが男の子の「やる気をくじく対応」になっています。

3Sで始まる3つのホメ言葉「スゴイ!さすが!すばらしい!」は、男性が女性から言われることでテンションが上がりやすい簡単な言葉♪

この「3つのS」で男の子のやる気を育ててみませんか?

「ぶりっこ」や「あざとさ」が苦手で、この3Sに嫌悪感がわく方は、「いいね~」「やるやん!」「かっこいい」など「自分らしいホメ言葉」を探して下さいね。

勉強のやる気を引き出す会話例

高校生男子
高校生男子

英語のテストは失敗したけど、日本史はちょっとだけ上がった

日本史上がったんだ~
スゴイじゃん!

見守る母
見守る母

浪人生の場合

浪人生の場合、悔しさを経験している分、たいていは必至に勉強しますが、途中で予備校に行かなくなってしまう話も時々聞きませんか?

これは、自己肯定感が低いことや、現役で合格できなかった悔しさを本人が十分味わっているかどうか?が関係していると感じています。

本来、大学は専門的な勉強を深める場所です。

Q.浪人をして受験勉強を沢山してまでも、本当に自分は大学に行きたいのか?

Q.大学に入って何がしたいのか?


この問いの答えを自分でちゃんと見つけている子は、苦しくても淡々と勉強して、自分の目標を達成しようとします。

特に、浪人生の場合は「どうしてもっと頑張らなかったんた!」と自分を責めている子も多いですから、親は肯定的な関わりを意識して、温かく見守ってあげて下さいね。


落ち込む時間も大切な時間
親は邪魔せずに見守ろう!

まとめ:大学進学までに育てたい力

センター試験マークシート

独立法人大学受験センターによれば、今年2020年3月に高校を卒業する人のうちセンター試験に志願した人の割合(現役志願率)は43.3%

また、文部科学省の「2019年度(令和元年度)学校基本調査(確定値)結果」によると、昨年2019年度の大学・短大進学率は57.9%で過去最高だったそうです。

今、高校生の約6割が大学に進学している時代です。

そして、来年からは、これまでの「センター試験」は廃止され、新たに「大学入学共通テスト」となり「思考力・判断力・表現力」を一層重視するカタチに変わると言われています。

この流れを見ると、これからの日本では、自分の頭で考え、自分で判断し、自分らしく表現できる人材が、より必要とされることが考えられます。


となると、私たち親も、自分で考えて自分から動ける子を意識して育てることが、令和を生きるわが子の幸せに直結すると思うのです。

親のいう事を聞く子=自分で考えない子

反抗期があってよかったと思える日がきっときますから、今日ご紹介した「男の子の特性に合わせたやる気を引き出す対応」を心がけてみてくださいね。

親が蓋をしなければ、子どもの可能性は青天井なのだから。



親指を立ててGoodポーズをする高校生男子
自分で考えて自分らしく生きていくよ。
黙って見守ってくれて、ありがとう!

▼あわせて読みたい▼
勉強しない高校生男子のトリセツ

受験生なのに勉強しない息子の理由と親の対応


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA