「兄弟の子育て」をラクにうまくいかせるコツ

2人、3人と
兄弟を育てておられる方も
多いと思うですが

子育てに悩んでおられる方って
たいていが、そのうちの
「育てにくいと感じるお一人」について
悩んでおられます。

 

9b6660b336b02d7b18c3693857351680_s

 

 

そのうち

「(最初の・上の)男のお子さん」のことで
悩んでおられることが多いっていうことは

以前のブログでも書いたのですが

 

お話をお聞きしていくと

なぜかというか
当たり前というか

兄弟が

「同じコミュニケーションタイプ」
のことって
ほとんどないんですよね~。

 

注意
コーチング的タイプ分け」では
コミュニケーションの取り方別に
4つのタイプに大別しています。

親子のトリセツ」 
(↑わかばやし的にはコレ)

 

 

長い間子育てに悩んできた
私の場合もそうでして

うちの長男と次男も
タイプが全然違ってて

 

だからこそ

育てやすさの部分でも
全然違ってました!!

 

 

長男は私の真逆の
コミュニケーションタイプで
何をするにしても
私自身が理解できないことが多かった。。。

 

だけど

次男は私と似ている部分を持った
コミュニケーションタイプの子
だったから
やる事の理解もできたし

反対に
私のいう事の理解も
しやすかったみたいで
悩むことも少なかったんだなあ。。。

 

 

 

 

でね。

そんな 自分と
「タイプが違う子ども」

「育てにくいと思ってる子ども」
の子育てに困っている時っていうのは

どうしても
その子以外の子の
(うちの場合次男坊だった)
「優しさ」や「育てやすさ」が
際立って見えたりしませんか?

 

 

ましてや

悩んでる時、落ち込んでいる時に
「大変だね」と
ねぎらってくれたり

実際に手伝ってくれたりってことがあると

天使のように見えたりもして 笑

 

 

どうしても頼りにしてしまうというか
その子の存在に救われる感じがして

お母さん本人は
気づいてないんだけれど
「えこひいき」してしまってたりしてね。

 

 

もしかしたら

・一人は「いい子」
・もう一人は「育てにくい子」

って感じで
決めつけてしまってませんか?

 

 

440915

 

 

これ

正直

このままだと
・「育てにくい方の子」にとって
よくない!

っていうのは
何となくイメージしやすいと
思うのですが

「自分は愛されてない」と思うでしょうしね。

 

実は
・「いい子の方」にとっても
よくないんだなあ。。。

 

 

というのはね。

 

「いい子の方」は
お母さんから頼りにされるから
嬉しいし
愛情ももらえるし
自己肯定感も育っていきそうだけど

 

その子以外の子からしてみれば
一人だけがかわいがられている
この状況は
完璧おもしろくないから

どう考えても「兄弟仲」って
悪くなっていくんだなぁ。。。

557898

 

 

 

寿命的に考えて

親の私たちが先に居なくなるのは
自然の摂理だけど

残った子どもたちが
兄弟仲良く、
助け合って生きていってほしい
と願うならば

 

兄弟ケンカの芽は
親がつくらないほうがいいし

もし、できてしまっているなら
早いうちに摘み取った方がいい。

 

 

 

「兄弟同じように育てたつもりなのに…」

っていう言葉は
「子育てを後悔する言葉」として
年上の人からよく聞く言葉だけど

 

「同じように」っていう部分には

・かけた教育費の金額とか
・関わってきた時間数とか

って感じで
与えたものの分量に
焦点が当てられている
親側の「言い訳」のように感じて

子ども側の気持ちやニーズとは
ちょっとズレがあるように思ってしまう。。。

 

 

子どもは一人ひとり
感じ方もコミュニケーションのタイプも
違うってことを前提にして

「同じように」じゃなくって

その子の「タイプ」や「ニーズ」に
合わせた対応をしよう ♪

とすると

子育てがラクに
上手くいき始めます♪

 

 

 

16bac8461812ec9ee2167ccdf994c993_s

 

*前述の
コーチング的4つのタイプ別
「親子のトリセツ」

は後程ご案内する
「5.27東京お茶会」の
早期お申込み特典になります。

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA