教育熱心な親の特徴、毒親にならないために気を付ける事

教育費を沢山かけて、将来のため習い事の送り迎えや宿題の声掛けなど、毎日一生懸命がんばっている親御さんも多いですよね?

なのに
・子どもの意欲や成績はイマイチ
・塾には毎回遅れていく
・(中2や高2からなど)急に勉強しなくなった
・勉強よりもゲームばかりしたがる
などのお悩みもよく聞かれます。

こういったお悩みをお持ちの方で、「自分は教育熱心な親である」と自覚されている方は、一体どれくらいいらっしゃるでしょうか?

親が子どもを虐待する、子どもが親を刺す、など「親子間で起きる事件」のニュースを聞くたびに、子育てコーチとして胸が痛くなりますが、こういった事件の背景には、教育虐待が絡んでいることがしばしばあります。

子どもの教育に熱心になり過ぎるあまり、親が暴走してしまうことは珍しいことではありません。

こういった悲しい事件がこれ以上起きないためにも、「教育熱心が虐待へ」と、いつの間にか姿を変えてしまう構造について解説します。

教育熱心な親の特徴

過去の私は、息子達が1歳半の頃から幼児教育を始めた、とても教育熱心な親でした。(黒歴史)

そんな教育ママだった私は、息子達が小さなころから勉強やスポーツを頑張らせ成果を出すことを求める母親で、でも、ちっとも頑張らない、成果を出さないことにずっとイライラしていました…

ここでは、過去の私のような教育熱心な親の特徴について5つご紹介します。

  • 家計における教育費の額が高い(もしくは極端に低い)

    子どもの教育にかける優先順位が高いので、少しでも早く!子どもの中に「(人よりも)秀でたもの」を見つけようとして教育費をかけている方が多い。

    また、教育費を一切かけない主義の親御さんもいて、この場合は「勉強はお金をかけないことが一番良い」という価値観が強いために、(本人は行きたがっているのに)塾に行かせずに家で勉強すること求めている場合もある。
  • 情報に振り回されている

    教育に関するアンテナを常に張っているために、ママ友やネットの情報を集める事が習慣化し、情報過多であることが悩みを生み出していることも。

  • 比較や競争心がある

    同じ学年、近所、会社の同僚間などで何かと比較してしまう習慣があり、子どもの偏差値や高校(大学)、就職先などで負けたくないという気持ちが強い。

  • 期待値が高い

    わが子への期待値が高く、自分の出来なかったことを子どもにリベンジしてもらおうとしている場合もあり(無自覚)

    ❸の競争心が強い方は、負けず嫌いな性格のために、ついついわが子への期待値が上がってしまっている場合も多い。

  • 家と外での二面性

    外ではいい人だが、子どもの教育のことになると怒鳴ったり体罰を与えたりする人もいて、自分でもそのギャップに戸惑う人も。(外面の良さが起因している)

親が教育熱心になる2つの原因

そんな教育熱心になってしまう原因は大きく2つあると考えています。

一つ目は「地域性」です。

例えば、中学受験を例に挙げると、地方都市では中学受験する子はそんなにいないですが、都市圏に行けばその割合はグンと上がります。

ですので、進学塾の数も多いでしょうし、ママ友との日常的な話題も自然と子どもの教育の話になることでしょう。

特に、真面目なタイプの女性は、この教育熱心な環境下に置かれると必然的に教育熱心になっていきます。

2つ目は「学歴コンプレックス」です。

コレは世間体や人目を気にし過ぎる人が持つ、生きづらさを感じやすいコンプレックスでもあります。

例えば
・学歴が高い男性(夫)と結婚したおかげで、幸せになれたと思っている
・自分にもっと学歴があれば、今よりも幸せになれたはずだ…
・スゴイ学歴のある「あの人」がうらやましい…

などの学歴コンプレックスから、わが子には何としてもよい学歴を!とのパターンが殆どだと感じています。

▼参考記事▼
学歴コンプレックスのある親御さん必見!劣等感の克服方法

教育熱心でも子どもが伸びないたった一つの理由

ここで質問です。

Q.子どもの教育の為に一生懸命頑張っているのに、子どものやる気や成績が伸びないのはどうしてだと思いますか?
(まず自分で答えを考えて下さいね。自分で考える習慣が、未来を良い方向に変えますから)








その理由とは
A.子どもの気持ちを無視しているから、です。

「子どもの将来のためだから」と親が熱くなる状態に陥ってしまっているために(視野が狭くなっています)、子どもの気持ちが見えなくなってしまっています。

そして、「良かれと思ってやっていること」が「正義」となって、子どもを裁いてしまうんですよね…

本来なら「よいもの」になるはずの教育が、子どもを否定ばかりして自信を失わさせる要因となってしまうことが、今の日本ではよく起きています。

教育熱心と教育虐待との違い

男の子を殴る男性(虐待)
お前のために言ってあげてるのに!
何回言ってもわからない奴が悪い

子どもの虐待は身体的虐待、性的虐待、心理的虐待、ネグレクトと4種類に分けられると言われています。

教育熱心が度を越してしまう状態の「教育虐待」では、ひどい言葉で子どもの心を傷つけていたり(心理的虐待)、体罰を与えている(身体的虐待)こともあるかもしれませんね。

では、「教育熱心な親」と「教育虐待に転じる親」の違いは一体何なのでしょうか?

教育熱心と虐待との境目が難しいところですが、基本「子どもがされて嫌なこと」を親が長期間にわたって強要している状態が続くと虐待になると感じています。

ですが、この場合、親はしつけだと思ってやっている場合が殆どなので、双方の認識の違いがいろんな悲劇を生んでしまいます。

ここでは、教育虐待になってしまいやすい2つの事例をご紹介します。

事例1

「有名大学に入りたい」「医者や弁護士など社会的地位のある職業に就きたい」と過去に子どもが言った将来の夢を、最初は純粋に応援していたが、いつの間にか自分の理想(夢)となっているパターン。

途中での変更(心変わり)を許さず、勉強すること(頑張ること)を強要してしまっている。

真面目で一生懸命な進学校ママがなりがちで、その進学校に見合った志望大学に合格させることが最優先事項となり、子どもの心を精神的に追い込んでしまう。

教育費の額も高くなりがち。

勉強以外のことは母が肩代わりしてしまうことで、子どもの生きる力を奪っていることに気付かない場合もある。

家業の跡取りを期待する場合や、経済的なことを理由に(経済的圧迫も有)、子どもの人生のハンドルを奪ってしまっている。

事例2

スポーツ(野球、サッカー、武道など)において、特に同じスポーツ経験者の父親がなりやすい。

自分の果たせなかった夢を子どもに重ねている場合も多く、試合後の反省会などにて指導が行き過ぎ、過激化するパターンが多い。

仕事にストレスを抱えていて、自分の人生に充実感を感じていないお父さんがなりやすい。

罵倒する、体罰などが日常化していて、休むことを許さず、子どもの心を追い詰め、結果として、そのスポーツが嫌いになってしまう子どももいる。

教育熱心な親御さんに知って欲しい2つのこと

実は、教育熱心な親御さんは盲目的になりやすく、見落してしまいやすいことがあります。

それは、教育を最優先に子育てしてしまうと、「本当に大切なもの(例:自己肯定感や主体性)」が育たなくなってしまうということです。

ここでは、子どもの年齢別に大きく2つに分けて、親が常に意識しておくと良い事をご紹介します。

幼児期~小学生

子どもの幼児期には、特に「楽しい・幸せと感じる時間を積み重ねること」が大事です。

人生は楽しい。

自分は幸せだ。

自分は愛されている。

など、子どもの自己肯定感や生きる力を育てるためにも、親子で楽しい時間を沢山共有できるといいですね。

家族でポップコーンを食べながら映画
子どもが小さいうちは
沢山楽しい時間を過ごそう!

中学生以降

子どもの自我が目覚める思春期以降は、一人で考える時間(ぼーっとする時間)を沢山与えてあげることが重要です。

これは、子どもの主体性を育てるためです。

特に、教育熱心な親御さんは支配型タイプの方が多いですが、親の言う事を聞く「いい子」を育てると直近の未来はよいかもしれません。

が、長期的に見ると、主体性が育たず社会に出てからが大変になります。

思春期以降は親が予定を詰め込み過ぎないで、できるだけ一人で自由に考える時間を与えてあげるようにしましょう。

パソコンを前に考える少年
思春期以降は
一人でボーっとする時間が重要

▼参考記事▼
主体性がないと将来どうなる?就活で困らない子を育てるために

最後に:毒親にならないために

「親御さんが、どうして教育熱心になるか?」というと、それは、子どもに幸せになってほしいから。

子どもに学歴や知識という武器を持たせてあげたい!それが出発点だったと思うのです。

ですが、子どもの気持ちを理解しようとせずに、この親の正義(価値観)を貫こうとすると、徐々に毒親化することがあります。

特に、教育虐待の状態は表面化しにくいですので、親御さん自身が自分で良くないことに気づいて、自分でSTOPしようとしない限りは深刻化してしまいます…

この記事を読んで、その危険性に気付いた方は、子どもの幸せな人生のためにも、親の価値観の押し付けを辞めることが出来ますように。

▼毒親かどうか不安の方に
過干渉な親チェックリストどこからが毒親?


動画で学ぶ♪見守る子育て塾

不登校編
2021年春開講!

不登校編サムネ
見守る子育て塾~不登校編~

【ご購入特典】
・夫婦関係改善に役立つ「夫婦の通知表(PDF資料)」(先着100名様)
不登校解決への羅針盤シート(書き込み式PDF資料)

コロナ禍で不登校への不安のある方は、母もサクッと「スマホ学習」してみませんか?

詳しくはコチラから。


見守る子育て塾

動画版「見守る子育て塾」

スマホやタブレットで
スキマ時間にサクッと学べる♪「見守る子育て」の動画塾。

男の子ママがこじらせやすい20+1個のテーマ(各約10分)を動画で解説しています。

詳細はコチラから


***

個別サポートコースは只今満席です。
空きが出ましたら、ライン公式アカウント(←こっちの方が早い)かメルマガでお知らせいたします。

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

メールセミナーバナー

どちらも無料です。

***

当ブログはリンクフリーです。
許可や連絡は不要ですので、「よい内容のもの」がありましたらブログやSNSでご紹介していただけると嬉しいです。(ただし、画像の直リンクなどはご遠慮ください)