思春期男子の「見守り」方 その15

反抗期にお悩みのお母さんへ

 

思春期男子の「見守り」方
その15 になりました♪

このシリーズも
出尽くした感がありましたけど
昨夜ピンと!ひらめきました 笑

今日のは
特に、反抗中の男の子に
対しての
親の心の持ち方になるかなぁ。。。

009947

その15は

「愛情を確認させてあげる」

です。

 

***

 

一概に「思春期男子」といっても
そのお子さんによって
いろんなタイプや状態があると
思うのですが

ちなみに、「思春期」とは

青年期の前期。第二次性徴が現れ、
生殖が可能となって、精神的にも
大きな変化の現れる時期。

ふつう12歳から17歳ごろまでをいう

goo国語辞典 より

 

壁に穴をあけたりして
(よく聞くお話しです~)

親に対して反抗的な
態度が長引くと
コチラも苦しいし
ほんと消耗しちゃいますよね。。。

 

ちなみに

「反抗期」とは
保護者が上・子が下というタテの親子関係を、
子どもが自分のところにまで保護者を
引きずり下ろして
ヨコにしようとする、

結び直し作業の時期です。
そのため、思春期を迎える段階で
子どもがある程度「上がっている」(成長している)と、
反抗を起こす意味がなくなり、
「反抗期がない子ども」となります。

ベネッセ教育総合サイト より

 

思春期の男の子が
親に対して反抗するのは

1)自立しようとしているから

2)愛情を確認しようとしているから

という
この2つの理由が考えられます。

 

 


今日、注目していくのは

2)の理由
「愛情を確認しようとしているから」

の部分。

 

 

・テストで平均点以上だったら
・ゲームをやめたら
・勉強のやる気が出たら

って感じで

愛情を与える際に
条件を付けてしまっていると

愛情に包まれることに
飢餓状態になって

(常に頑張り続けないと
 愛情がもらえない状態。。。)

お子さん自身も
気づいていない潜在意識の部分で

「こんな自分でも(反抗しても)
本当に愛してもらえるのかな?」

という、漠然とした
疑問や不安が大きくなって

 

df294e7c1c993237277d5388ac166eb5_s

 

「確かに自分が、親から
愛されているかどうか」を
確かめるために

困った行動をとるように
なったりする

 

と、出典は忘れちゃったけど
以前何かの本で
読んだんですよね。。。

 

 

 

082058

だとするとです!

 

こんな時は

お父さんも
お母さんも

「どんなあなたのことも
大好きなんだよ~♡」

と、
なんだかんだと条件を付けず

親からの愛情をしっかり
確認させてあげること 

その「特効薬」になるって
思いませんか?

 

 

118164

 

 

「自分は、やっぱり!
 親から愛されていたんだ~♡」

とお子さんの不安な気持ちを
解消し
心から安心させてあげるには…

 

もしかしたら

・ぎゅうっと抱きしめて
あげるといいのかもしれないし

「え? 思春期男子を (゚д゚)」
って思うかもだけど

そういった「ふれあい」
(非言語のコミュニケーション)で
反抗がおさまったなんて
お話を私聞いたりもします。。。

 

・子どもの要求をできるだけ
きいてあげることかもしれない

子どもが言ってくる無理難題を
(たいていは〇〇買ってとか…)

頭ごなしに否定するのではなくて

・どうしてその要求をするのだろう?

・何か困っているのかな?

という子どもの立場に立った目線で
考えるって、めっちゃ大事です!

 

 

お子さんが
本当に欲しいものは何でしょうか?

 

 

反抗=
自分が親から愛されているかを
確認したがっている行為

と考えると

「反抗期の終わり」が
見つかる感じがしませんか?

 

a1380_001503

 

 

あなたの愛情
ちゃんと
伝わってますか?

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大好評をいただいてシリーズ化してしまった
思春期男子の「見守り」方!!

思春期男子の「見守り」方 その1

思春期男子の「見守り」方 その2

思春期男子の「見守り」方 その3

思春期男子の「見守り」方 その4

思春期男子の「見守り」方 その5

思春期男子の「見守り」方 その6

思春期男子の「見守り」方 その7

思春期男子の「見守り」方 その8

思春期男子の「見守り」方 その9

思春期男子の「見守り」方 その10

思春期男子の「見守り」方 その11

思春期男子の「見守り」方 その12

思春期男子の「見守り」方 その13

思春期男子の「見守り」方 その14

思春期男子の「見守り」方 その15

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


思春期男子の「見守り」方 その15” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 由美子 より:

    まだすべてを拝見できてないのですが、反抗期の息子に苦しんではメルマガやブログを拝見してます。ゆかさんのおっしゃることほんとにそうだなあと思いながら、怒ることを繰り返しています。
    勉強せず成績の悪い息子に、期末テストの勉強頑張ったら大好きな鉄道撮影旅行に行かせてあげると言っていたのですが、今日から始まる期末テストに危うく休むことに。なんとか受けには行ったのですが、成績下位の子必須の補習をさぼって帰り、携帯の制限を解除するためにファミリー共有を勝手に解除。私は急遽午後休をとり帰宅したところ、すんなり携帯は渡したのですが、体調不良理由に補習をさぼったのと携帯設定を勝手に変えたことをしかり、学校の補習と塾に残り3日間すべていくことを携帯返却の条件にしたらまたふくれました。条件をつけてはいけないのはわかるのですが、中学生としてやるべきことや守るべきルールを守らないのに、希望どおり携帯を渡したり、鉄道撮影旅行に行かせるべきなんでしょうか。今、とても胸が苦しいです。

  2. yukako より:

    由美子さん

    コメントありがとうございます。 
    反抗期の中学生の息子さんの言動に
    苦しんでおられるのですね。。。

    難しい時期ですもんね。。。

    コメントを読ませていただいて、
    現状が「ご褒美制」「条件制」に
    なっていることがうかがえます。

    「いうことをきかせないといけない」と
    いう想いからだと思いますが

    「中学生としてやるべきこと」って何でしょう?
    また「守るべきルール」とは?

    ここを一度 紙に書き出してみたら
    どうかなぁと思いました。

    お母さんの中に「〇〇すべき」とう想いが
    沢山&強固にあると、お子さんは勿論
    由美子さん自身も
    苦しい苦しい子育てになってしまいます。

    今 お子さんはどうしたいと
    おっしゃっているのでしょうか?

    まずは
    シンプルに
    お子さんの言い分を
    否定せずに 聴いてみること。

    私はここがスタートだと感じました。

    由美子さんの苦しさが
    どうぞ なくなって
    「笑顔の子育て」になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA