勉強のやる気が出ない中学生のトリセツ

中学生の特に男の子は、反抗期も重なって、なかなか勉強のやる気が出ない子が多いですよね。

今日は、お子さんが中学生になってやる気がなくなった…と悩んでいる親御さん向けに、勉強のやる気が出ない理由と原因、勉強のやる気が出にくいタイプなどについて解説します。

また、「親がやってはイケナイNG対応」を5つにまとめました(★印が増えるほどヤバくなります!)

コーチングは、人のやる気を引き出す時に使うと効果的な方法だと言われていますが、お子さんのコーチになって、子どものやる気を引き出したい方に向けて、やる気を引き出す質問もご紹介しています。

中学生が勉強のやる気が出ない2つの理由

中学生って身長がグーンと伸びたり(成長痛なんて話も聞く)、声変わりしたりと身体が大きく変化・成長する時期ですよね。

また、親への反抗的な態度も見られる時期です。

「反抗期」について調べてみると(Wikipedia)、反抗期とは「精神的な自立の手がかりを得る中学2年生の頃」と文部科学省が定義づけていて、体や心、環境の変化にストレスや不安が多くなる時期とあります。

つまり、反抗期に入って心と身体の変化にストレスを感じていることが、この時期、やる気が出ない理由の一つ目です。

また、二つ目の理由は、そんなストレスや不安の多い時期に
「まじめにコツコツ勉強することが大事なのに勉強しないのはおかしいでしょ!」
と親や学校や塾などから正論で責め立てられているから。

沢山のお母さんのお悩みをお聞きしてきた私ですが、こういった親御さんの姿勢が、中学生・反抗期の時期の子どものやる気をさらに削いでしまっていると感じています。

イライラする思春期男子
訳もなくイライラする時期に
正論を言われると
やる気なんて出ない

やる気が出ない原因は親?!

そうなんです!

思春期や反抗期と重なる中学生は、そもそも、やる気が出にくい時期なのです。

ですが、このことを理解せずに「高校受験があるのに!勉強しないのはおかしい!」(他の子はやっているのに!)と責め立てて、子どもをつぶしてしまうお母さんが、今の日本には、本当にほんとーーーに多いのです…

「いい大学に入れないと、人から馬鹿にされ、収入も低くなり、みじめな人生になる」という”思い込み(不安)”が心のどこかにあって、そのためにも高校受験の重要性を大きく捉え過ぎてしまっているんですよね…(過去の私です)

そのため少しでも早くから、塾に入れて勉強をさせる体制つくりをしている方が多いという印象があります。

ですが、この「子どもが勉強しない→すぐに塾だ」という思考の親御さんに、私は「ちょっと待った~」と言いたいのです。

本当に今その教育費は必要なの?

教育費が一番かかる時期は、「高校卒業~大学に通う時期」だと言われています。

高校3年間にかかる教育費(248.7万円)、大学4年間(690.4万円)となり、子ども1人当たり939万円かかると言われています。

引用元:子ども1人当たりにかける教育費用(高校入学から大学卒業まで):日本政策金融公庫R2.3.11

これは本当にその通り!

実際に我が家は息子二人がこの時期ですが(大学4年生&高専5年生)、リアルに一番お金がかかる時期だと痛感しています。

なので、そんな一番お金がかかる時期を絶賛痛感中の私から、中学生ママ達へのアドバイスは、「情報に振り回されることなく、もう少し余裕を持って見守ってみたら?」ということ。

子どもがまだ勉強のスイッチが入っていない時期に、塾に無理に行かせても効果は出にくいですし、むしろお金がかければかけるほど親としてはストレスがたまります。

なので、本人から行きたいと言うまでは、行かせなくてもよいのでは?と思うのです。

(ちなみに、我が家は、長男の場合は塾は本人が希望した中3の半年間のみ、次男に至っては塾には行きませんでした)

実際、中学生の教育費を調べてみると公立中学校、私立中学校共に、年間30万以上は「学校外活動費(=塾代と考えられる)」として支出しているという文科省の調査結果が出ています。(引用元:平成30年度子供の学習費調査の結果について、文部科学省、令和元年12月18日)

これは、月に2~3万は教育費をかけている計算になり、もしかしたら、今の日本の中学生家庭では、「これくらいの金額はかけて当たり前」になっているのかもなぁと感じました。

優秀な誰かと比較して、塾のチラシ広告やCMなどに不安をあおられていませんか?

塾に入れれば(お金をかけたら)→子どもは勉強する、というわけではありません。

むしろ、この先教育費はかかりますので、かけるべきタイミングかどうかをゆっくり考えてみることをオススメいたします。

中学生母親あるある(9割以上が陥る罠)

お悩みママ(A子さん)は、ちっとも勉強しないわが子が心配で、特に、定期テスト前はイライラしてしまいます。

子どもは、塾には行っていますが、家では全く勉強する様子が見られません。

小学生の頃から親として「この高校に」と思っていた憧れの高校には、黄色信号が灯ってきました。

やればできるのに!ちっとも頑張ろうとしないわが子に腹が立つのと同時に、受験という「頑張るべき場面」で頑張ろうとしないわが子の将来が心配で仕方ありません。

お悩みママ
お悩みママ

やればできる子なのに。
他の塾を探した方がよい?
それとも、週3を週4、5にして通塾の回数を増やす?
(不安をお金で解決しようとして、イライラも増す、というグルグルの悪循環…)

お母さんが「子どもの問題」を解決しようとしていませんか?(←これがそもそも無理)

勉強は子どもの問題ですから、親がやらせることは無理だと諦めることが第一歩です。

本人がやる気を出すタイミングまで、黙って見守る(=信頼という愛情を注ぐ)と、大学受験では勝手にやる気を出す場合が多いです。

親の問題は、
・次々にわいてくる不安と、どう折り合いをつけるか?

具体的には、親が先回りして策を講じることをやめる、執着(進学先の高校)を手放す、過剰に心配することをやめましょう。

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

▼参考記事▼
勉強しない中学生男子は基本ほっとく?ほっといても上手くいく方法

勉強のやる気が出にくい中学生3つのタイプ

男の子の場合、そもそも中学生は勉強のやる気は出にくい時期だと感じていますが、以下、勉強のやる気が出ない中学生男子を3つのタイプに分けてご紹介します。

①部活に打ち込みタイプ

自分のやりたいこと、楽しいことが明確タイプ。

中1、中2ではとにかく部活が一番。それ以外のことにはほぼ興味がないので、勉強のやる気は出にくく、成績も振るわないパターンが多いですが、このタイプの子は、自分のやりたいことを見つけて打ち込むことができているので、心の満足感や充実感が高く、中3で部活を引退すると、次の目標である志望校に向けて頑張り出す子も多いです。

②ゲームばかりタイプ

今一番楽しいことがゲーム(で友達と遊ぶこと)になっているタイプ。

①の部活と併用型の子も多く、学校では部活!家ではゲーム!勉強は塾で!となって、家では全く勉強しない、、、みたいなパターンが多いです。

▼ゲームばかりの中学生が心配な方に▼
ゲームばかりの中学生がゲーム依存にならないための対応

③親への反抗がひどいタイプ

これまでの親から育てられ方の「何か」に対して、不満を持ち、反抗しているタイプ。

反抗の方法として
Ⓐ暴言・暴力パターン
Ⓑハンストパターン(母のつくった食事を食べない)
©不登校パターン
などに分かれる。

世間体を気にし過ぎていて、子どもの気持ちを無視する親に対して、「自分が勉強しないと一番困るのは親」だと、本能的に感じ取っていて、自分の身体を使って(無意識に)、親に反抗(復讐)している場合もあり。

怒る反抗期の中学生男子
俺が勉強しなくて困るのはお前らだ!

親がやってはイケナイNG対応5つ

コーチングは人のやる気を引き出すのが得意なツールです。

ここでは、子育てコーチングの目線から、お母さんがついついやってしまうけど、やらない方がいい対応についてお伝えします。

NG1★からNG5★★★★★までありますが、★印が増えるほどヤバくなりますので(粘着質でいやらしい感じ)、ご自覚のある方はご注意下さいね

NG1★:ものでつる

「テストで80点以上だったら〇〇を買ってあげる」

みたいな感じで、「勉強」させるために、いろいろと条件をつけて、やる気を出させようとする対応です。

「鼻の先に人参をぶら下げて、嫌なことをやらせようとする方法」は一時的には効果があるかもしれませんが、将来、常に何かをぶら下げないとやらない子になってしまう可能性が高いです。

NG2★★:ゲームやスマホを取り上げる

「平均点以下ならゲーム機は取り上げる」

みたいな感じで、勉強して結果を出さないと罰を与える対応です。

これも、お子さんのタイプによっては一時的に効果があるかもしれませんが、ゲーム機やスマホは親が考える以上に中学生にとっては「大切なもの」だったりしますので、この対応には注意が必要です。

というのは、実際に、ゲーム機を取り上げ、壊してしまった親に対して、その後全く口をきかなくなってしまった事例が数多くあり、勉強のやる気をひきだすどころか、親子関係が最悪となり修復が難しくなることが多発しています。

NG3★★★:嫌味を言う、不安をあおる

中学生男子は、反抗期ということもあって、ほぼほぼ親の言う事をきかなくなります。

だからこそ、「ちょっとした嫌味」や「不安をあおる発言」をぶつけてしまう親御さんが多いです。

例えば

・塾代いくらかかってると思ってるの!

・毎日遊んでばかりでいいわね!

・勉強は子どもの仕事なのに、どうしてやらないの!

・このままだと不良の行く高校にしか入れないよ!

・このままだと将来困るよ!
(夫婦仲が悪い人は「パパみたいになるわよ!」)

・もう行く高校がないからね!

・県立(公立)高校じゃなかったら、お小遣いはなし!

・恥ずかしい高校に行くくらいなら、家から出て行って!

みたいな感じです。

子どものお尻を叩くつもりで言ってしまっている場合が殆どだと思われますが、追い詰めれば追い詰めるほど親子仲が悪くなり、これらの発言が棘のように刺さってしまい、後々親を恨んでしまう場合もあります。

NG4★★★★:恩着せがましく言う

・誰のおかげでご飯が食べれると思ってるの!
・誰のおかげで塾に行かせてもらってるの!

みたいな感じで、「恩着せがましい」発言を連発しやすいのが、中学生の反抗期以降のお母さん達です。

「親のおかげ」ってほんとーーーーーにその通りなのですが、コレ、何かの折に、子どもが自分で気づくのが美しいと思いませんか?

「親のおかげ」であることを認めないで感謝しないのは、子どものせいではありません。

きっと、今親に感謝したくない「何か」が(親の方に)あるから。

子どもが自然に感謝したくなる親を目指しませんか?

NG5★★★★★:母の具合が悪くなる

子どもの立場に立つと、地味に一番嫌だと思うのがコレ。

「あなたがちゃんとしないせいで、母の具合が悪くなったのよ!」ってヤツ。

例えば、子どもが受験に失敗した時に、親がショックで寝込んじゃったみたいなことです。

特に、心がやさしいタイプの子どもさんの場合は、精神的に追い詰められちゃいます。

また、やり過ぎると、母が重たい&ウザいとなり、結果、嫌われてしまいます。(母を毛嫌いする息子も多し)

子どもの言動に振り回されて、体調まで悪くなってしまうのは、母子一体化しているサインですから、毒母一直線!とならないように、気づいた方から抜け出して下さいね。

NG対応が多いお母さんへ

以上、やる気の出ない中学生に対して、お母さんがやりがちなNG対応を5つご紹介しましたが

私たち母親は、ど・う・に・か・し・て子どもが勉強のやる気を出すように画策しがちです。

なぜなら、人は痛みを避けたい生き物ですから、子どもが勉強しないことが自分の子育ての評価につながると感じている母親にとっては、自分の痛みを避けるために、無意識にやってしまうのだろうと。(過去の私です)

だけど、たいていは逆効果。

なぜって、これらは母親が「あなたのためだ」と言いながらも、本当は自分の世間体を守るためにやっているということに、子ども達は気づいているからです。

勉強のやる気の出ない中学生への対応

では、やる気の出ない中学生へどう接するとよいのか、親の基本姿勢(よい対応)について3つご紹介します。

対応1:環境を整える(居心地の良い居場所)

環境を整えるとは、家の中を「居心地の良い場所」に整えるということです。

例えば「勉強をしたくなる環境ってどんな環境かな?」と考えると、図書館のような静かな場所が思い浮かびませんか?

そこには、うるさく言う人は誰もいませんよね?

親(人)も環境の一要素だという見方をすると、勉強に関してうるさく干渉してくる親の存在は、やる気をそぐ環境です。

また、「部屋の状態は、その人の心の状態を表す」とも言われていますので、家族で過ごす場所を、なるべく物を少なくしてスッキリ整頓しておくと、みんなの心がトゲトゲせずにスッキリして過ごせます。

お忙しいと思いますが、自分の心をスッキリ落ち着かせるためにも、断捨離や片付けはおススメです♪

(注意)
子ども部屋の片づけは子どもに任せて、母は手を出さないことをお勧めします(脱過保護)
男の子の場合は、勉強のやる気スイッチを入れる前に、自分で部屋を片付け出す子が多いと感じていますから(心を整えようとする儀式のような感じ)、どうぞこの部分、黙って見守れますように☆

対応2:話を否定せずに聴く

話を聴かない母親
話を聴かない母親4

今、わが子の話を最後まで聞かずに、途中で否定している親御さんが多いです。

これは、子どもはまだまだ未熟で甘いなあと感じることも多いために、親として途中でアドバイスしたくなるから。

だけど、話を途中で遮って否定ばかりする親御さんの下では、子どものやる気は育ちません!

なので、私からの提案は、息子を「ちょっと気を遣う親戚の子」に脳内変換してみるってこと(笑)

例えば、義理のお姉さんの子ども(いわゆる甥っ子)だと思って話を聞くと、いい感じで気を使って、最後まで話を聞いてあげれると思いませんか?

わが子だからこそ、話を即座に否定してしまうのですが、わが子だからこそ、ゆっくり肯定的に話を聴いてあげると、やる気は出やすいのです!

コレ「思春期男子あるある」なのですが、
自分の親から「お前には無理だ」と、ずっと何かにつけて否定されてきた男の子が、ある時「大丈夫。君ならきっとできる!」と自分の言葉を信じてくれる大人(例:塾の先生など)との出会いがきっかけで、人が変わったように勉強し始めた!みたいな話って聞いたことありませんか?

やる気ってね。

自分以外の誰かから信じてもらうと出やすいのです。

対応3:周りの人との比較をやめる

お母さんが、子どもが勉強しないことに悩んでイライラする理由。

それは、周りの人と比較して、恥ずかしいという感情がわきやすいからです。

「世間体」vs「子どもの気持ち」

大切にするとよいのはどちらでしょうか?

人の目を気にしない覚悟を持つと、目の前の子どもの声(呟き)がだんだん聞こえるようになります。

【高校受験に向けて】中学生の勉強のやる気を引き出す質問

中3で受験生のお母さんへの3つの質問をご紹介します。

この質問を使って、お子さんのコーチになったつもりで、沢山たくさん語らせてあげて下さいね。

コツは、否定せずに、楽しそうに話を聴くことです♪

  1. 中学の次の3年間を、どの高校で過ごしたい?

    中学と違って、次の3年間、自分の過ごす場所は自分で選べるんだよ。
    どこを選んでもいいし、どこの高校だとしても、あなたは大丈夫!という気持ちで。
  2. その高校で、どんな高校生活がおくれたら最高?

    理想の高校生活について、たっぷり語ってもらいましょう。
  3. 高校でチャレンジしてみたいことって何?

    例えば、ギョッとする答えが出てきても(例:ゲーム動画配信とか)一切否定しませんよ~
    すべて肯定的に!
    親戚の子の話を聴くように「そうなのね~(^^)」と楽しそうに聞いてあげて下さいね。
勉強のやる気を出した中学生男子
楽しい未来について
自由に沢山
語らせてあげて下さいね。

▼やる気を引き出したい方に▼
思春期男子の勉強のやる気を引き出す方法

▼中3受験生ママに▼
受験生なのに勉強しない中3&高3息子の理由と親の対応

▼(PR)勉強しない!ゲームばっかり!にお悩みママに
\どちらも無料/
メール(文字)で学びたい方に⇒7日間メールセミナー(登録無料)
❷(New!)動画で学びたい方に⇒7日間【動画】セミナー(登録無料)


動画で学ぶ♪見守る子育て塾

見守る子育て塾

動画版「見守る子育て塾」

スマホやタブレットで
スキマ時間にサクッと学べる♪「見守る子育て」の動画塾。

男の子ママがこじらせやすい20+2個のテーマ(各約10分)を動画で解説しています。

詳細はコチラから

不登校編
2021年春開講!

不登校編サムネ
見守る子育て塾~不登校編~

【ご購入特典】
・夫婦関係改善に役立つ「夫婦の通知表(PDF資料)」(先着100名様)
不登校解決への羅針盤シート(書き込み式PDF資料)

コロナ禍で不登校への不安のある方は、母もサクッと「スマホ学習」してみませんか?

詳しくはコチラから。


***

個別サポートコースは只今満席です。
空きが出ましたら、ライン公式アカウント(←こっちの方が早い)かメルマガでお知らせいたします。

\どちらも無料/

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

メールセミナーバナー

***

当ブログはリンクフリーです。
「いいな♪」と思う記事がありましたらブログやSNSでご紹介していただけると嬉しいです。(許可や連絡は不要です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA