子どもの自己肯定感を育てる方法

実は、私
このブログを通して

子どもの「自己肯定感」を育てる

ことについて
書いていきたいって強く思ってます。

 

 

y_menu2

注 
自己肯定感とは文字通り、
自分を肯定している感覚のこと。
自己肯定感が低いと、
自分が恋愛や仕事などで
上手くいくということが
信じにくくなるという、
いわゆる自信がない状態が
うまれがちです。

出典 カウンセリングサービスHPより

 

 

それは
「自己肯定感」の低さが
いじめ・不登校・ひきこもり など

今の子どもをとりまく問題の
根っこにあたる原因なのだと
言われているからです。

また
日本の若者は、諸外国に比べて
自分を肯定的にとらえている
割合が低いという
「調査結果」を見る機会があって
さらに衝撃を受けました。

参照文献
日本を含めた7カ国の満13~29歳の若者を

対象とした意識調査
(我が国と諸外国の若者の意識に関する調査
(平成25年度))
457823

 

 

 

二人の息子を持つ
「一人の母親」として

また
「子育てを扱うコーチ」として

「これはなんとかしたい!」

と思って今に至ります。

 

063866

 

 

子どもの自己肯定感を
高めるためには

親であるお母さん・お父さんが
お子さんに

「あなたは私の大事な存在だ」

「ありのままで価値がある存在」

と 言葉や態度で伝えていくことで

少しずつ高めていけると考えています。

 

 

 

特に今、
お子さんとの関係が良くない方は

あきらめずに、何度も何度も
「あなたが大事」を伝えていくことこそが

親も子も、本当に
笑顔になる方法だと思います。

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_l

 

でも、ここで問題が一つ。

お子さんに「あなたが大事」を
さあ 伝えよう!と思っても

お母さん自身がイライラして
自己嫌悪に陥ってたり
ココロが満たされない状態では

なかなか難しいと思いませんか?

 

そうなんです!

 

与えていく側である
お母さん自身の
自己肯定感が低いという事

実は、この問題の本質。

 

558154

 

だから、

どうしても家族のために
自分のことは後回しだったり

無意識のうちに
ガマン癖がついてしまっている
お母さんが

「私だって大事な存在なんだ」
と、ご自身が納得して

自分で自分を大事に扱えるような

そんな具体的な方法を
お伝えしています。

189357

 

 

もう一つ大事なことがあります。

それは
お母さんが、いつでも笑顔で子育て
するためには

夫婦の関係が良好であること 

私は不可欠だと思っています。

 

 

それは

子育ての問題の大部分が
夫婦のコミュニケーションが
上手くいっていなことに
原因があると思っているから。

582903

 

例えば

ご主人に

「これを言っても無駄だから」

「もう性格だから仕方ない」と

話し合うこと自体をあきらめている
ってことないでしょうか?

 

本当は

一番話を聞いてほしい人

一番助けてほしい人

一番愛情を注いでほしい人

それがご主人なのに。。。

 

 

528445

 

 

実はこの問題、

お互いに自分の本当の気持ちを
うまく伝える方法がわからないから
起きている問題だと思うんです。

つまり
お互いの
「 コミュニケーション能力」を
高めればいい。

 

というわけで、まずは

妻の私たちが
会話のリーダーシップ
うまくとっていくことで

「夫婦の問題」も
解決していけるって思ってます♡

50416bc72f01ef3c8697eae64c67635c_l

要は、家庭のである「お母さん」が

心おきなく

笑顔で

楽しく

子育てできることこそが

子どもの自己肯定感を育てていくことに

つながるってことです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA