思春期・反抗期男子への声かけの技術

声かけするお母さん

「息子が反抗期で困っているのですが、なんて声かけすればいいですか?」
「ゲームばかりでちっとも勉強しない息子に、かける言葉を教えて下さい」

など、私にいただくNo1の質問は「子どもへの声かけ」について。

皆さん、コミュニケーションの取りづらくなった反抗期のお子さんに「どう言葉をかけていいか」に悩んでおられることがうかがえます。

「見守る子育て」では、過干渉気味なお母さんに向けて、口出しや手出しを辞め、子どもの方から何か言ってくるまで「黙って待つ子育て」を提案していますので、基本、親から声をかけるよりかは、子どもの話を「聞く」ことで関係性が良くなることをお伝えしています。

ですが
そうは言っても、親として、会話がないのはサミシイ!
声もかけたいですよね。。。

今日は、反抗期で親との会話を避けるようになった男の子への「声かけ」について、男の子側の視点に立って考えることで、私自身がうまくいった方法についてご紹介します。

さて、効果的な「声かけ」にするには、何に気を付けるとよいしょうか?

声かけの技術:1)言いたい!知りたい!を抑える

子どもに「声かけ」したいお母さんって、そもそも、子どもに話す分量が多い方が殆どです。

例えば、「母:子=3:1」みたいな感じで、お子さんに比べて、母が一方的に話しかけていることが多いのです。

理想は「母:子=1:1」
(むしろ子どもの方が多いくらいがいい)

思春期・反抗期といえば、親のことが煩わしくなる時期ですから、ウザがられない母になるためにも、せめて息子さんと同じくらいの量に減らしてみませんか?

親からの一方的なコミュニケーションは、思春期・反抗期の子どもが一番嫌がることだったりしますから。

イライラ母
イライラ母

今日学校どうだったの?
先生に怒られなかった?
勉強はちゃんとやってる?
ちゃんと話してくれないと困る!

(言いたい欲求、知りたい欲求が強い)

いつもうるさいなぁ
話したくないんだからほっといてほしいのに

中学生男子
中学生男子

声かけの技術:2)勉強の話題はなるべく避ける

あなたが、今、子どもに「上手な声かけ」をしたいと思うのは、どうしてでしょうか?

もしかしたら、「子どもがちゃんと勉強して成績を上げるように促したい」気持ちが潜んでいるからではないですかねぇ。

というのはね。
たいていは、子どものことが心配で「ちゃんと勉強するような声かけをするにはどうしたらいいか?」を知りたいお母さんが本当に多いからです。

ですが、思春期・反抗期の子どもの立場になって考えてみると、特に「勉強のこと」は一番親に言われたくないことだったりします。

だって、正直に今の気持ち(勉強したくない!)を話したら、まず怒られますもんね。。。
(なので嘘をついている子も多いです…)

そもそも、反抗期を迎え、自分の世界を持ち始めた男の子達は、親離れの一環として、自分の世界に親が入ってくるのを拒絶し始めます。

なのに、いつも「トントン」とノックすらせずに、ズカズカと心の中に入り込んで来ようとする母親が、うっとおしくなって話をしなくなるのも、ある意味当然のことだと思うのです。

もしも、息子さんに「大切なことは話してほしい!相談してほしい」と望むなら、思春期・反抗期の時期は特に「勉強」の話題はなるべく避けるのがベスト!

受験生だったとしても、みんなが集まるリビングでは、お笑いや趣味の話など、なるべく明るく楽しい話題を心がけて、居心地のよい家庭をつくることを目指していると、年齢が上がるに従ってだんだん、勉強や進路のことなど「大切なこと」も自分から話してくれるようになっていきます。

▼勉強しない中学生にお悩みママに▼
勉強しない中学生男子は基本ほっとく?ほっといてもうまくいく方法

▼勉強しない高校生にお悩みママに▼
勉強しない高校生男子のトリセツ

声かけの技術:3)相手を動かしたい欲求を持たずにつぶやく

「勉強しなさい!」
「早く塾に行きなさい!」

みたいなセリフを、よく言ってしまうお母さんが多いと思うのですが、こういった場合、お母さんの心の中には「2つの欲求」がわきあがっている時だと感じています。

それは

  • 相手を自分の思う通りに動かしたい!
    動かしたい!
  • そのために思ったことを言いたい!
    言いたい

の2つ。

このうち、❶の「相手を自分思う通りに動かしたい欲求」の方は、「過去と他人は変えられない」と言いますから、例え、血のつながったわが子とはいえ、自分の思う通りに動かすことは無理!

自分は今、相当無理なことにトライしてた!とサクッとあきらめられるといいなぁ。

子どもを親の思う通りに動かすのは、そもそも無理です~(>_<)

本当は、❶動かしたい!❷言いたい!の欲求は二つとも、母が抑え込むことが、「見守る子育て」的には一番良い対策だと思っているのですが、❷言いたい欲求を抑え込むのは結構キツイですよねぇ。

なので、今日は、相手を自分の思う通りに動かしたいという気持ちを持たずに、自分の言いたいことは言う方法をご紹介します。

コレ要するに、期待をせずにただ「つぶやく」です。

例えば
ボソッと「今から頑張ったら、志望校には楽勝で合格できると思うなぁ」とつぶやいてみたり。

ポイントは「お母さんがただ勝手につぶやいているだけなので母の言うことをきかなくってもいいしもちろん返事も必要ないよ~」くらいの軽いマインドでつぶやいてみることです。

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

嫌みったらしい言い方はNGです

では「声かけ」がうまくいく母とは?


息子達が中学生の頃から、この
1)言いたい!知りたい!を抑える
2)勉強の話題はなるべく避ける
3)子どもを動かしたい欲求を持たずにつぶやく
ことを実際にやっていた私。

要するに、一人でブツブツつぶやいていたのですが(笑)、当時は、つぶやいても、つぶやいても、息子たちにスルーされることが殆どでした!!

ですが!
後になって採用してくれることが増えていったのです!

まあ、母が言ったその時に、素直に「はいそうです」と言えないのが思春期・反抗期だったりしますから、「母のつぶやき(提案)を採用するかどうかは、あなたの自由だよ^^」というスタンスで、執着しないようにしていると、母の「よかれと思うつぶやき」を、のちのち採用してもらいやすいみたいです。

勉強もいつのまにか
自分からするようになってました^^

そして、この「つぶやき作戦」をしていた私が心がけていたことが、もう一つあります。

それは、「つぶやきを採用してもらえる母になろう!」ってことです。

皆さんは「何を言うかよりも、誰が言うかが大事」という言葉を聞いたことはありませんか?

これは、例えば
「勉強はしておいた方がいい」という言葉の場合

A)<尊敬する人>から言われるのと
(例:部活の先輩、好きな漫画の主人公)

B)何かにつけ批難ばかりしてくる<親>に言われるのとでは

「同じ言葉」でも「伝わり方」が全く違う!という意味です。

この言葉通り、私自身も、嫌な人から言われた言葉は全く心に響かないなぁと思ったので、この人の「つぶやき」なら採用してみよう!!と思ってもらえる母になりたい!と思って、日々の言動に気をつけるようになりました。

要するに、「人間力」を高めるってことです!

人間力が高いお母さんは、子どもから信頼され尊敬されるようになりますから、「言葉かけ」にお悩みの方は、今日ご紹介した方法をお試し下さいね~

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

「人間力」が高まると、子ども達から大切なことを相談される母になれますよ♡

▼(PR)勉強しない!スマホばっかり!にお悩みママ向け▼
7日間メールコーチング(登録無料)


お知らせ

動画版「見守る子育て塾」
11月30日までにご購入の方に
「できちゃう♪ノート」(データ版)
プレゼント中☆

【動画版「見守る子育て塾」のご案内】

スマホやタブレットで
スキマ時間にサクッと学べる♪「見守る子育て」の動画塾。

男の子ママがこじらせやすい20+1個のテーマ(各約10分)を動画で解説しています。

2020年11月30日までにご購入の方には「できちゃう♪ノート」(データ版1,400円相当)プレゼント中☆

詳細はコチラから

***

わかばやしの「個別サポートコース」はただいま満席です。

新規募集のお知らせは「ライン公式アカウント」「メルマガ」登録者様に優先してお知らせしています。

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

メールセミナーバナー

どちらも無料でのご登録募集中です♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA