春休みで勉強しない子どもにイライラするお母さんへ

コロナ禍の春休み、外出自粛が続くこともあって毎日イライラしていませんか?

春休みや夏休みなど、長いお休みはゲームや動画ばかりのわが子に普段よりもイライラするお母さんが続出するシーズン。

特に、学校からの課題を始め勉強を一切しないわが子を理解できない!とおっしゃる方も多いですが、あなたはいかがでしょうか?

見守る子育ては、子どもの自主性を育てます。

新学年に向け少しでも早くスタートを切ることを望むお母さんには少し苦しいかもしれませんが、今日は、「春休み見守ってみたら、子どもの自主性が育ったかも」と思えるようになる過ごし方についてお伝えします。

子どもと仕事の両立に悩む母親
コロナ禍での子育て
いったいどうすればいいの?

春休みのイライラ問題:今家庭で起きていること

4月から受験生になる新中3や新高3の親御さんは特に、勉強しないお子さんにイライラしちゃいませんか?

今私のところに寄せられるお悩みは
・受験生なのに、ゲームばかりして勉強しない息子にイライラがとまらない!
・昼夜逆転で朝起きれず「オンライン授業」をサボる(2020年春休校中)
・学校からの課題に全く手を付けずゲームばかり。この状態が苦しい
・だらけた生活を注意すると暴言をはかれる
みたいな感じで、休校中だらけてしまって、家でちっとも勉強しないお子さんに困りはてている方が本当に多いです。

こういった問題は、これまで、勉強しない子を勉強をさせるために、塾に行かせていたご家庭で多く起きていると感じています。

どうしてかというと、このタイプの男の子達は、そもそも勉強を家でする習慣がなく、塾や先生から与えられる勉強で何とかしてきたタイプだからです。

だから、緊急事態宣言後、急に「家で勉強しなさい!」と言われても、どうやっていいかがわからないのが本当のところなんだろうなぁと。

かねてから「俺は家では勉強しない!」と宣言している子も多くてね。

家で一人で勉強できない習慣ができてしまっているんですよね。。。

▼自分から勉強する子を育てたい方に▼
中学生の自主性を育てるには?自主性を育てる良い対応と悪い対応

イライラから虐待になる危険性も

また、親子で過ごす時間の長くなる長期休暇中は、子どもへの虐待のリスクも増えると言われています。

コロナ禍では外出自粛で密閉空間が続きますから、虐待の増加や深刻化が心配されます。

実際には
・「子どもにひどい言葉を言ってしまいました。子どもを傷つけていることが分かっているのに、どうしてもやめられません」
・「わが子に手をあげてしまいます」
・「息子が嫌いです」
・「夫が息子の携帯を取り上げたことが原因で、その後一切口をきかなくなりました。いつか一発触発の事態になりそうで怖いです」
などかなり深刻なお話も聞かれます。

特に、今このブログを見つけて下さった中高生のお母さん世代に心配なのが「教育虐待」です。

たたいたり、暴言を放ったり、無視したりなどの精神的、肉体的な苦痛を与えてまで、勉強させようとするのは「教育虐待」になります。

「あなたなんて生まなければよかった!」
「最低のクズ!」
などの子どもへの暴言は心理的虐待です。

食事を与えないことはネグレクトです。

「納得できる学校じゃないとお金を出さない!」と発言することは経済的圧迫になり、まだ経済力のない子どもにとっては死活問題にもなる厳しい言葉。

親は叱咤激励のつもりで何気なく言った言葉でも、言われた側の子どもにとっては、心に突き刺さる棘となり将来的に恨みに変わる言葉となります。

子どもが勉強しないことへの怒りが強い方の特徴として、自分の親から厳しく育てられていたり、自身に学歴コンプレックスがある方が多いです。

虐待相談窓口(オレンジリボン運動)もあるようですので、ご心配な方は、どうぞ取り返しがつかなくなる前に、相談されてみてはいかがでしょうか?

▼勉強しない子どもにイライラする方に▼
勉強しない中学生は基本ほっとく?ほっといてもうまくいく方法
勉強しない高校生のトリセツ

春休みイライラ対策1:捉え方を変えてみよう!

休校になったり(2020年)、外出自粛が長引く状況に対して、あなたはどんな「捉え方」をされているでしょうか?

Twitterでお母さんたちのつぶやきを拾うと
・「仕事もあるのに一体いつまで休校なの」
・「昼ごはんの準備がめんどくさい」
・「テレワーク中、子どもが邪魔してくるから困っている」
みたいな感じで、ネガティブにとらえている方が多いと感じています。

そこで、今日私が最初に提案するのは「捉え方を前向きにしませんか?」ということ。

例えば、

  • (数年先の自立を見据えて)親子で一緒に過ごせる数少ない時間
  • 親子関係を改善するきっかけをもらった
  • 家族のこれからについて立ち止まって考える時間を与えられた

など、「前向きな捉え方」にできるといいですね。

実際には、急な休校から長い春休みに突入した2020年の春休みを「こんなに家族で一緒にご飯を食べれたのは本当に何年かぶり。ありがたい」と前向きに捉えたことにより、「家族仲改善」を手に入れた方もいらっしゃいます♡

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

今「目の前にある事実」をどう捉えるか?で未来を変えることができます

春休みイライラ対策2:一緒に休もう!一緒に楽しもう!

長期休みには特にイライラしちゃうお母さんは
・子どもは勉強(宿題)するべき!
・毎日ダラダラすべきではない!
・少しは手伝うべき!

など、親目線での「〇〇すべき!」が沢山ある方。

この価値観の下に子どもを育てようとしているからこそ、「やるべきこと」をちっともしない子どもにイライラしてしまいます。

お悩みママ
お悩みママ

やるべきことをちっともしない!
どうしてこんな子になっちゃたのかな?


なので、この「べきべき」をサクッと手放して!「一緒に休もう!一緒に楽しもう!」をテーマにしてみませんか?

親子で過ごせる時間を、心のエネルギー補給に!

一緒にゆっくり休んで、一緒に楽しむ時間がつくれますように☆

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

人生は「選択の連続」でできています。
その1回1回を「前向きな選択」にすれば、前向きな人生を自分でつくれ、主体的に生きていけます

春休みイライラ対策3:自分の人生の課題を克服しよう!

スマホをいじる高校生男子

今、日本で子育て中の多くのお母さんが持っている「人生の課題」に
子ども(夫)がダラダラしている(姿を見る&見せられる)ことが許せない!」があります。


これは、特に、真面目な頑張り屋さんタイプの女性に多いのですが、「人は頑張らないと幸せになれない」という想い(価値観)が心のどこかに根強くあってね。

育児に!家事に!仕事にと、今、あまり手を抜くことなく頑張り続けている方が多いのです。

自分がいろんなことを我慢して、毎日頑張っているからこそ、頑張らずにダラダラしている家族を見るとイライラしちゃうという現象が起きているんですよね。。。

例えば
・子どもが夕方塾に行くと(家でダラダラする姿を見せつけられないと)ホッとする

・家にいると子どもがダラダラしちゃうから、ダラダラさせないように何か予定を詰め込む

みたいな感じの方は、この傾向が強いと感じています。

お悩みママ
お悩みママ

ダラダラする姿を見ると、頑張ることから逃げているように見えて、どうしてもイライラしちゃうのよね…

でね。

人生のどこかのステージで、自分のこの課題に向き合わないと、永遠に家族にイライラし続けて、ずっと家族を裁き続けてしまうことなっちゃいます。(問題の本質)

そして、裁かれてばかりの子どもは、家庭が安心で安全な場所にならないために、自己肯定感が低くなり、いろんな問題が起きてしまっているのです。

家の中で
どんなくつろぎ方をするか?
どれだけダラダラするか?
ほんとは全部がぜんぶ、自由だといい。


もしかしたら、コロナ禍「外出を控えた方がいいこの期間」は、自分を許し、家族を許すという「人生の課題」に向き合うチャンスかもしれません。

前向きに
前向きに

ちょっと肩の力を抜いて、「頑張ること」をいったんお休みしてみませんか?

普段忙しいお母さんほど、自分にダラダラすることを許可して、ダラダラする子どもを許せるようになれるといいなぁと。

(番外編)学校宿題のイライラ対策

ドリルの売り上げが好調!というニュースも聞かれることから「休校中や自粛中でも子どもにちゃんと勉強させなきゃ!」という教育熱心なお母さんの心理が透けて見えるようです。

そして、もしかしたら、春休み中も「1年の学習の遅れを自学自習で取り戻して下さい」とばかりに、プリントや宿題が沢山!出ていませんか?

また、宿題への保護者の承認印、保護者からの促し(サポート)を求める学校の先生も多く、こういった体制が、真面目なお母さん達を苦しめ、ストレス源になっていたりします。

だってね。
子ども達だって、「やりたくてやっている宿題」じゃないから、例え、やったとしても、当然!やっつけ仕事。

さらには、宿題をやらない子は全くやらない!ということも多いですから、真面目なお母さんには、全くやらないわが子が許しがたいために怒ってしまうのです。

特に、ひどい場合には虐待的な言葉や態度で子どもを傷つけてしまうこともあります。

【宿題のイライラ対策】

宿題(勉強)は、子ども本人の問題ですので、母はなるべく見ないようにして、わが子を裁かない。

学校から、親御さんもサポートしてあげて下さい的な言葉があるかもしれませんが、子どもがそれを望んでいない場合も多く、これこそが親子不仲の原因となっています。

子どもの自主性(自学自習)を育てるためにも、親はなるべく関与しないでいられるようになれたらいいですね。

▼あわせて読みたい▼
家族にイライラが止まらない…原因と対処法

▼(PR)勉強しない!スマホばっかり!にお悩みママ向け▼
7日間メールコーチング(登録無料)


動画で学ぶ♪見守る子育て塾

不登校編
2021年春開講!

見守る子育て塾不登校編サムネイル
見守る子育て塾~不登校編~
今なら2つ早期ご購入特典!

【早期ご購入特典】
❶夫婦関係改善に役立つ「夫婦の通知表(PDF資料)」(先着100名様)
❷4/26までにご購入の方限定 29,800円(定価33,000円)

コロナ禍で不登校への不安のある方は、新学年になる前に!母もサクッと「スマホ学習」してみませんか?

詳しくはコチラから。


見守る子育て塾

動画版「見守る子育て塾」

スマホやタブレットで
スキマ時間にサクッと学べる♪「見守る子育て」の動画塾。

男の子ママがこじらせやすい20+1個のテーマ(各約10分)を動画で解説しています。

詳細はコチラから


***


只今「個別サポートコース」は満席です。
空きがでましたら、ラインメルマガでお知らせします。

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

メールセミナーバナー

どちらも無料です。

***

当ブログはリンクフリーです。
許可や連絡は不要ですので、「よい内容のもの」がありましたらブログやSNSでご紹介していただけると嬉しいです。(ただし、画像の直リンクなどはご遠慮ください)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA