コロナ休校でイライラの春休みをどう過ごす?

全国一斉休校

新型コロナウイルスの影響で全国の小中高一斉休校要請が出され、いきなり前倒しで突入した2020春休み。

小中高校生の親御さんは、この急な決定に憂鬱だったりイライラしている方もいらっしゃるかもですよね。

とのいうのは
今回、春休みが前倒しとなり長くなったことや、外出を控えなきゃいけないこと、習い事やスポーツや娯楽も自粛の傾向などで、子どもが家にいる時間が増えることに、頭を抱えておられるご家庭も多いんじゃないかなぁと。

だって、家にいる時間が増えれば増えるほど、ゲームや動画の時間が増えダラダラ過ごすことが予想されますもんねぇ…

なので、今日は、今とっても憂鬱な気持ちのお母さんに向けて、2020年の前倒しになった春休みを「よかったなぁ」と思えるよう過ごすポイントをお伝えします。

子どもと仕事の両立に悩む母親
いきなりの春休み!しかも1か月は長い!コロナウィルスの影響で外出も控えなきゃだし、いったいどうすればいいの?!

春休みイライラ対策1:捉え方を変えてみよう!

急に前倒しになって長期化した2020年の春休み。

この決定について、あなたは今どんな「捉え方」をされているでしょうか?

Twitterでお母さんたちのつぶやきを拾うと
・仕事もあるのに困ったなぁ(不安)
・どうして政府はこんな決定したの?!(怒り)
みたいな感じで、ネガティブにとらえている方が多いと感じています。

そこで、今日私が最初に提案するのは「捉え方を前向きにしていませんか?」ということ。

例えば

  • 親子で一緒に過ごす時間が増えた
  • 親子関係を改善するきっかけをもらった
  • 家族のこれからについて立ち止まって考える時間を与えられた
  • これから注目されるテレワークや動画学習の可能性について親子で一緒に学べる

など
「大変だったけど楽しかった。充実していた」という出来事にするために、「急に長くなった春休み」について「前向きな捉え方」にできるといいなぁ。

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

今「目の前にある事実」をどう捉えるか?で未来を変えることができます

春休みイライラ対策2:一緒に休もう!一緒に楽しもう!

長期休みには特にイライラしちゃうお母さんは
・子どもは勉強(宿題)するべき!
・毎日ダラダラすべきではない!
・少しは手伝うべき!

など、親目線での「〇〇すべき!」が沢山あってね。

この価値観の下に子どもを育てようとしているからこそ、「やるべきこと」をちっともしない子どもにイライラしてしまいます。

お悩みママ
お悩みママ

やるべきことをちっともしない!
どうしてこんな子になっちゃたのかな?


なので
この春休みは「べきべき」をサクッと手放して!「一緒に休もう!一緒に楽しもう!」をテーマにしてみませんか?

1か月後。
サクラの咲く頃に

例えば
「コロナコロナで本当に大変な春休みだったけど、子どもと一緒に家で映画を見て、将来のことやこれからの働き方について(テレワークや動画学習の可能性など)いろいろと沢山話した、いい1か月だったなぁ」と思えるように。

思いがけずにやってきた親子時間を、一緒にゆっくりする時間にしてはいかがでしょうか?

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

人生は「選択の連続」でできています。
その1回1回を「前向きな選択」にすれば、前向きな人生を自分でつくれ、主体的に生きていけます

春休みイライラ対策3:自分の人生の課題を克服しよう!

スマホをいじる高校生男子

今、日本で子育て中の多くのお母さんが持っている「人生の課題」に
子ども(夫)がダラダラしている(姿を見る&見せられる)ことが許せない!」があります。


これは、特に
真面目な頑張り屋さんタイプの女性に多いのですが、「人は頑張らないと幸せになれない」という想い(価値観)が根強くあってね。

育児に!家事に!仕事にと、今、あまり手を抜くことなく頑張っているからこそ、頑張らずにダラダラしている人を見るとイライラしちゃうという現象が起きています。

例えば
・子どもが夕方塾に行くと(家でダラダラする姿を見せつけられないと)ホッとする

・家にいると子どもがダラダラしちゃうから、ダラダラさせないように何か予定を詰め込む

みたいな感じの方は、この傾向が強いかもです。

お悩みママ
お悩みママ

ダラダラする姿を見ると、頑張ることから逃げているように見えて、どうしてもイライラしちゃうのよね…

でね。

人生のどこかのステージで、自分のこの課題に向き合わないと、永遠に家族にイライラし続けて、ずっと家族を裁き続けてしまうことなっちゃいます。

そして、裁かれてばかりの子どもは、家庭が安らぎの場にならないために、いろんな問題が起きてしまっているのです。

家の中で
どんなくつろぎ方をするか?
どれだけダラダラするか?
ほんとは全部がぜんぶ、自由だといい。


もしかしたら
「外出を控えた方がいいこの1か月」は、自分を許し、家族を許すという「人生の課題」に向き合うチャンスかもしれません。

前向きに
前向きに

「前倒しで急に長くなった春休み」は、ちょっと肩の力を抜いて、「頑張ること」をいったんお休みしてみませんか?

(番外編)春休み宿題丸付けのイライラ対策

ドリルの売り上げが好調!というニュースも聞かれることから、長くなった春休みは「子どもにちゃんと勉強させなきゃ!」というお母さんの心理が透けて見えるようです。

そして
もしかしたら、学校からプリントや宿題が沢山!出ていませんか?

で、宿題の丸付けは保護者がやることになっている学校も多いですよね?

実は、この「宿題の丸付け」という仕事がお母さんのストレスの根源になっていたりします。

だってね。
子ども達だって、「やりたくてやっている宿題」じゃないから、当然!やっつけ仕事。

だから、基本!いい加減で、昨日も間違えたところを、また同じミスをしている!ということが多々起きます。

だから丸付けする度にイライラ怒ってしまう!ということが頻発して、ひどい場合には虐待的な言葉や態度で子どもを傷つけてしまうこともあったりするのです。

【宿題丸付けのイライラ対策】

1)比較的冷静な親が担当する(お父さんにお願いする)

一人で背負いこまず、夫婦で沢山話し合って、感情的にならない方が担当するシステムはいかがでしょう?

2)子どもに自分で丸付けさせる

子どもが間違えても感情的にならずに優しく教えられるお母さんって、そもそもいるのかな?

私が知り得る限り、そうでないお母さんの方が断然!多いですから、ここはあえて、本人に。

3)○も×も、心を入れず淡々とやる

感情が動かされない練習。
丸付けのバイトをしている感覚で淡々と。

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

あわてな~い あわてない
ひとやすみ ひとやすみ
(懐かしの「一休さん」より)

なるべくならイライラせずにお子さんを見守って、親子で沢山話ができる春休みになりますように。

▼あわせて読みたい▼
夏休みイライラ育児の対処法

2019「見守る子育て」夏休みチャレンジ♪
↑沢山のお母さんがコメント欄に「見守る子育て」を実践する決意を書き込んで下さってます!「私もやってみよう!」という勇気をもらえると思います。






お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA