過干渉な親の特徴は2つの口癖

操り人形

今の日本では、過干渉な親御さん(毒親とも言われる)が多いと感じていますが

実は、自分が「過干渉な親」であることに気づいていない場合も多かったりします。

今日は「過保護と過干渉の違い」にも触れながら、過干渉な親の特徴でもある「2つの口癖」について説明します。

口癖が変わると→習慣が変わる
習慣が変わると→人生が変わる

と言われていますので、口癖を変えて、あなたとお子さんの人生を変えてみませんか?

過保護と過干渉の違い

 最初に
よく混同しがちな、過保護と過干渉の違いを調べてみました。

過保護は、「子供の意思が尊重されず過剰に欲求を満たそうとしたり、被保護者自身に責任のある状況下で責任を肩代わりし過ぎてしまうこと」である。

過干渉は虐待の一種であり「保護者が我が子を一人の主体的な人間として認めず、その子供の意思や思考、自我の発達や自主性などを否定して、操り人形のごとく親の意のままにコントロールしようとすること」である

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

「過干渉は虐待の一種」という言葉にドキッとしてしまいますが


要するに
過保護とは子どもが望んでいることをやってあげすぎること」

過干渉とは「子どもが望んでいないことをやりすぎること」




どちらも「子どものために親がやり過ぎてしまう行動」で
その違いは「子どもが望んでいるかどうか」です。

 

例えば
過保護な親とは
・「欲しい」と呟いたものを全種類買ってあげる
・塾や学校の送り迎えをし続ける
など、「本人が望むこと」を本人が望む分量よりも、いつも多め多めにやってあげる親です。

基本、「本人が望むこと」をしているので、親子仲はさほど悪くないのが特徴ですが、子どもは「何かに困った経験」が少なくなるので、自分で考えて行動することができなくなります。


対して

過干渉な親とは
・子どもの交友関係に口出しする
・やりたくないと言ってること(例:習い事)をやらせる

など、「本人が嫌だと言っていること」をやり続けている親です。

本人が嫌だと言ってることをやり続けているので、親子仲が悪いのが特徴で、反抗期が長引いたり、壮絶になったり、無気力になって引きこもったりと、過保護よりも毒性が強くなります。

 

▼自分が過干渉かどうか?わかる記事▼
過干渉チェックリストどこからが毒親?

過干渉な母の口癖1「心配だから」


過去に、子どもが嫌だということをやらせ続け、ちょっと毒母だった自覚のある私ですが、そんな「過干渉な母親」だった私の口癖がコレ↓


心配だから

 

 

心配する母
とにかく心配すぎる…






子どものことが心配だから

  • 「勉強しなさい」と言う
  • 「ゲームやめなさい」と言う
  • 「塾に行きなさい」と言う

という感じです。

「心配」が口癖。
今、心配が理由でアレコレ指示命令してしまっている方が本当に多いですが、あなたはいかがですか?

要するに「心配性なお母さん」は過干渉になりやすいのです。

 



最近ね。

私にご相談下さる内容が

目が死んでいる
覇気がない
自分がどうしたいかを言わない
全く話さない
全く勉強しない
ゲームしかしない


というお子さんの無気力な状態のお悩みが多いのですが

 



子どもが心配だからということを理由にして、過干渉がやめられずにいると、子どもはどんどん無気力になっていきます。


そして
自分の人生を生きるのをあきらめてしまうようです。


 

無気力な男の子
覇気がなくなってしまうと大変!






これめっちゃ怖くないですか?


なので
もし今反抗的な行動に困っている方は
それはまだ「自分の人生」を生きることをあきらめていないということ。

気力があるという証拠だったりします。




心配するのことが今当たり前になっている自分に気づいた方は、かわいいわが子が笑顔で自立していくためにも

1日も早く!
過干渉をやめれるといいなぁ。。。

 

 

過干渉な母の口癖2「かわいそうだから」



もう一つの口癖はコレ↓

かわいそうだから

 

 

泣きそうな母親
失敗するとかわいそう





 

失敗したらかわいそうだから

・チャレンジはさせない
・先回りして障害物は取り除く

という感じです。

 

 

 

要するに
「転ばぬ先の杖」
を持たせてやりたいのですよね。

 



例えば
大学受験を例にあげてみます。


失敗させたくないお母さんは
「〇〇大学の△△学部は、偏差値が□□くらいで、ここなら家からも通えるし、実力的にも射程圏内だわ」

「同じ大学でも▽▽学部の方が偏差値が低くて入りやすそうじゃない」

みたいな感じで



子どもよりも先に(←これが特徴)
親が先回りして情報を集めたりしています。



その情報を元に
「安全な選択肢(2択か3択)中から選びなさい」
という進め方(子育て)が習慣になっていたりするんですよね。

 


つまり
子どもにゼロから全く自由に選ばせてしまうと
・予想外の道を選んだり
・失敗する可能性が出てきてしまうので
そうはならないように「良かれと思って」調べてあげている…

 

今、大学受験を例に挙げましたが、こういったことが習慣化している親子の場合

たいていは
よく気が付くタイプのお母さんが殆どです。

だからもう、ほぼほぼ無意識にやっちゃってるんですよね。

だからこそ
良かれと思って今やっていることがないか?今一度!精査してみるといいなぁ。



「子どもの自主性を育てるには、今の自分の何を変えるといいかな?」

と自問してみるといいと思います。

 

過干渉な親に育てられた子の特徴

 

というのはね。

過干渉な親に育てられた子は

本来なら、子ども自身が自分でやるべきことを、親が先回りしてやり過ぎてしまうので
子どもの自主性は育ちにくくなります。

 

 

 

過干渉な子育ては

  • 無気力になったり
  • 自主性が育たなかったり

子どもの「生きる力」を奪ってしまうのです。

 

自分が過干渉な親だと気づいたら

 


「心配だから」とか「かわいそうだから」が、家庭の中で、それこそ「大義名分」ようにまかり通ってしまっていると

親:自分が「過干渉」してることにも
子:親から「過干渉」されていることにも
気づきにくくなると思いませんか?

 

 

無気力な息子
なぜかやる気が出ない…







もしよかったら
かなり初期の頃に書いたブログ記事「心配されて育った子どもは」読んでみて下さいね。

実は、久しぶりに読んで自分でもびっくりしたのですが、この記事には「心配されて育った子ども」だった「私自身」の経験談が書いてあります。





子どもは全員!
親から愛されたいと思っていますから

過去の私のように

親から愛されたいがゆえに
・親から心配されるように
・親からかわいそうと思われるように
わざとふるまって、それこそ習慣化してしまうこともありそうです。




過干渉は毒親の特徴でもあります。



だからこそ
これらの特徴が自分にあることに気づいたら
1日も早く!抜け出して「見守る子育て」に。


子どもが笑顔で自立していける子育てに変えてみませんか?

 

 

笑顔の母
今日から心配しない!
かわいそうだと思わない!








▼あわせて読みたい▼
「え?私毒母だったの?」からの脱出方法↓

「え?私毒母だったの?」からの脱出方法

 

 


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内)

友だち追加

2)7日間無料メールセミナー

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA