過保護や過干渉な親の特徴と育てられる子の行く末

カーリングでスイープする女性(カーリングペアレントのイメージ)

今の日本では、過保護な親や過干渉な親(=毒親)が多く、子ども自身がやるべきことをやり過ぎてしまう親を皮肉って、ヘリコプターペアレント(子どもの上空を飛び回ってすぐに手助けする親)や、カーリングペアレント(子どもの前に来る障害物を先回りして取り除く親)という言葉で表現されたりします。

今日は「過保護と過干渉の違い」や「なりやすい親の特徴(3つの口癖)」に触れ、子どものことが心配で仕方がなくて手を出し過ぎてしまう親に育てられると、その子の行く末はどうなってしまうのか?についてお伝えします。

過保護と過干渉の違い

最初によく混同しがちな、過保護と過干渉の違いを調べてみると(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
過保護とは「子どもが望んでいることをやってあげすぎること」
過干渉とは「子どもが望んでいないことをやりすぎること」だとわかりました。

過保護も過干渉もどちらも「子どものために親がやり過ぎてしまう行為」ですが、違いは「子どもが望んでいるかどうか」。

例えば
過保護な親とは
・「欲しい」と呟いたものを全種類買ってあげる
・「遅くなるとお腹がすくから」「雨が降ってるから」などの理由で、塾や学校の送り迎えをし続ける
など、「本人が望むこと」を本人が望む分量よりも、いつも多め多めにやってあげる親のことです。

基本、「本人が望むこと」をしているので、親子仲はさほど悪くないのが特徴ですが、「手伝いたい親」と「手伝ってほしい子ども」の双方にメリットが存在するために、共依存になりやすく、男の子の場合は、特に、マザコン息子を育て上げてしまう場合も多いです。

▼マザコン息子を育ててしまうメカニズムがわかる記事▼
息子をマザコンにする母の特徴

対して

過干渉な親とは
・子どもの交友関係に口出しする
・やりたくないと言ってること(例:習い事)をやらせる

など、「本人が嫌だと言っていること」をやり続けている親のことです。

本人が嫌だと言ってることをやり続けているので、親子仲が悪いのが特徴で、反抗期が長引いたり、親子間の衝突が壮絶になったり、無気力になって引きこもったりと、過干渉の方が過保護よりも毒性が強くなります。

▼自分が過干渉かどうか?わかる記事▼
過干渉チェックリストどこからが毒親?

過保護や過干渉に親になりやすい5つのタイプ

では、そんな「過保護や過干渉になりやすい親」の5つのタイプをご紹介します。

基本、女性の方(母親)が多いですがですが、心配性の男性(父親)もなりやすいです。

  • 心配性
    子どものことが心配でたまらず、常に子どものことが頭にある
  • せっかち
    子どもにやらせるよりも、自分がやる方が早いので、ついつい自分で何でもやってしまうタイプ。
  • めんどくさがり屋、か・ら・の段取り上手
    過去に、子どもがらみでの「めんどくさい出来事」があったために、再度めんどくさい事態を引き起こさないように、段取りをするのが習慣化している
  • 完璧志向
    常に周りと比較し、平均点以上や最高の子育てを目指していて、みじめになりたくない気持ちが強い。真面目な優等生タイプが多い。
  • 世話焼き気質
    人から感謝されると嬉しいので、ついつい手を出してしまう。「余計なお世話」もしていることを、自分でもうすうす感じてはいるが、「これは自分の性分だ」と何故か割り切っていて、世話焼きをやめない人多し。

過保護・過干渉な親の特徴

過保護・過干渉な親御さんは、基本子どものことを信じていないことが大きな特徴です。

というのは、「この子は一人でもできる子だ!」と信じていれば、親は手を出さずに黙って待つ(見守る)ことができるはずなのに、「この子は自分が面倒見てあげないとダメだ」とばかりに、過剰に保護や干渉し続けてしまっている状態だからです。

例えば
「子どもの喧嘩に親が出るな」とはよく言われることですが

【子ども同士の喧嘩の場合】
❶自分の意見をちゃんと相手に話すこと
❷意見は違って当たり前のことで、友達同士でも、それが喧嘩になる場合があること
❸喧嘩した後は、自分で後始末すること

この3つすべてを経験させることは、人との付き合い方を学ぶ上でとても大事なことだと思いませんか?

ですが、過保護な親の場合、本来なら最後まで子どもに経験させる部分を、途中で横取りしてしまいます。

「子どもの問題」を「自分の問題」にしてしまい、我先に出動してしまうので、子どもの成長を邪魔してしまっているんですよね。。。


今日は、そんな過保護&過干渉な親御さんがよく言う「口癖」を3つご紹介します。

口癖1:心配だから

  • (受験で失敗したら心配だから)「勉強しなさい」と言う
  • (ゲーム依存になったら心配だから)「ゲームやめなさい」と言う
  • (勉強がついていけなくなったら心配だから)「塾に行きなさい」と言う

という感じで、「心配させる子どもの方が悪い」とばかりに、「心配」を大義名分のようにして振りかざしている方もいらっしゃいます。

口癖2:かわいそうだから

  • (失敗したらかわいそうだから)チャレンジはさせない
  • (困ったらかわいそうだから)先回りして障害物は取り除く 
  • (ケガをしたらかわいそうだから)喧嘩はさせない

という感じで「転ばぬ先の杖」を持たせることで、自分が安心したい親御さんも多いです。

例えば、大学受験を例にあげてみます。

失敗させたくないお母さんは
「〇〇大学の△△学部は、偏差値が□□くらいで、ここなら家からも通えるし、実力的にも射程圏内だわ」
「同じ大学でも▽▽学部の方が偏差値が低くて入りやすそうじゃない」

みたいな感じで、子どもよりも先に(←これが特徴)、親が先回りして子どもの大学の情報を集めたりしています。

そして、その情報を元に「安全な選択肢(2択か3択)中から選びなさい」という進め方(子育て)が習慣になっていたりするんですよね。

要するに、子どもにゼロから全く自由に選ばせてしまうと、予想外の道を選んで失敗する可能性が出てきてしまうので、失敗しないように「良かれと思って」調べているのです。

カーリングでスイープする女性(カーリングペアレントのイメージ)
「母にできることは任せて!あなたは勉強だけしてて!」
みたいなね、、、

口癖3:本当に大丈夫?

わが子が大丈夫だと言っているにも関わらず、「本当に大丈夫?」と念押しするのが口癖になってる方って、実はすごく多いです。

これ、心配性のお母さんが自分の不安をただただ口に出しているだけだと思うのですが、「本当に大丈夫?」は「あなたの言う事を全く信じていません」と、相手を疑う失礼なメッセージになっています。

例えば、私たちだって、何かを新しく始めよう!と決心した後に、「本当に大丈夫?」と念押しされたら、不安な気持ちになったり、やる気を削がれたりしませんか?

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

わが子の決めたことを、「大丈夫。きっとうまくいくよ」と笑顔で言ってあげると→安心して取り組め、いろんなやる気もわくと思いますよ~

▼(PR)心配性の母向きメールセミナー▼
7日間メールコーチング(登録無料)

過保護・過干渉な親に育てられた子の特徴

過保護・過干渉な親に育てられた子は、本来なら、子ども自身が自分でやるべきことを、親が先回りしてお膳立てしてきているので、自分で考える力が育ちません。


1)例えば、高校生になっても
「今日何着たらいい?」
「何からやればいいの?」
「どうすればいい?」

など、日常的なことですら、親に聞かないと動けない子になる子もいます。

2)また、高校生になっても「朝自分で起きない子」がほんとーーーーーーに多くてね。(母のお悩みのNO1かも?)
今、朝起きない子を起こす朝の時間が、母の憂鬱な時間NO1になってしまっていることも多いのです。

そして、このタイプの子は、例えば遅刻してしまった時に「なんで起こしてくれなかったんだ!」と親のせいにするのが特徴です。


3)さらには、子どもに「もう好きにしなさい!」と言いながら、実際に子どもが自分の好きなことをし始めると、嫌味を言ったり悲しい顔をしたりする親御さんもいたりするので(ダブルバインド)、親の顔色を伺いながら生きている子も多いです。

過保護・過干渉な子育ては、子どもの「生きる力」を奪ってしまうのです。

膝を抱える男の子
どうしたらいいかわからない

過保護・過干渉な親に育てられた子の行く末

では、そんなやり過ぎてしまう親に育てられた子どもが大人になったら、いったいどうなるでしょう?

体は成長して大人にはなります。

ですが、自分で考える力(心)が育っていないので、自分で決断することに自信がなくなります。

なので、会社でも自分の意見が言えなかったりして、いいように使われてしまったりと人間関係で悩みそうです。

また、占いにはまったり(自分で決められないから)、「何か」や「誰か」に依存しやすくなったりも。

そして恋愛下手になったり(親の気に入る人でないとダメだから、マザコン夫とか)、人づきあいにも苦手意識を持ったりして、鬱や引きこもりになることもありそうです。

ため息をつくサラリーマン
いったいどうすればいいんだ、、、

まとめ:過保護・過干渉な親を卒業しよう!

もしよかったら、かなり初期の頃に書いたブログ記事「心配されて育った子どもは」を読んでみて下さいね。

久しぶりに読んでみて、自分でもびっくりしたのですが、実は、私自身が「親から心配されて育った子」でして、この記事は、心配症だった母から愛されたかった私が、親から心配されるようにわざとふるまっていたことについて書いてあります。

子どもは全員!親から愛されたいし、親から無条件で信じてもらいたいと願っています。

口癖が変わると→習慣が変わる
習慣が変わると→人生が変わる

と言われていますので、口癖を見直して、やり過ぎてしまう親を卒業し、あなたとお子さんの人生を変えてみませんか?



お知らせ

わかばやしの「個別サポートコース」はただいま満席です。

新規募集のお知らせは「ライン公式アカウント」「メルマガ」登録者様に優先してお知らせしています。

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

友だち追加

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

見守る子育てメールセミナー

どちらも無料でのご登録募集中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA