男の子の子育てが辛い!中学生以降の男の子をうまく育てるには

夫婦喧嘩に戸惑う子ども

「男の子ってどうしてこうなの!」って思ったことありませんか?

過去の私は何回も何回も心の中でこう叫んでいて、常に動いてじっとせず、ちっとも母の言うことをきかない「男の子の子育て」に悩んできました。。。

そんな私が、男の子ママ専門のコーチとなり、思春期や反抗期のお悩みをお聞きするようになったことで、「男の子の子育てをこじらせる母の共通点」が見えてきました。

今日は、男の子の子育てがどうしてこんなに大変なのか?についてまず考え、男の子ママ専門コーチだからこそ見つけた「男の子の子育てをこじらせる母の特徴」についてお伝えします。

さて、男の子を上手く育てるには、どんな母になるとよいのでしょうか?

男の子の子育てが大変な理由

ママ達が男の子の子育てに悩む理由。

それはズバリ!
「異性の子育て」だからです!

男の子ってね。
何かに付け、理解出来ないことが多く、母の想定外のことをやらかしてしまうと思いませんか?

例えば

・こうするとよいとわざわざ教えてあげてるのに、その通りやらない

・ダメだということをやる

・こだわりが強い

・自分の心の内を話さない(相談しない)

・プライドが高く、メンツにこだわる

などです。

男の子は、母が理解できない行動が多いからこそ、教えたり導いたりすることが多い子育て期は特に!大変さを感じるのです。

こんな場合どうする?男女の行動の違い

男性と女性では、体のつくりが全然違うように、思考や行動のパターンにも大きな違いがあります。

男女でどんな違いがあるのか?一般的な例を書き出してみました。

1)ストレスを解消する場合

女性は、誰かに話してストレス解消することが多い。
男性は、話すことよりも、自分の趣味などに没頭してストレス解消する。
(人に弱みを見せたくないし、そもそも話すのが苦手)


2)わからないことがある場合

女性は、人と話すことをいとわないので、誰かに聞くことで解決しようとする
男性は、誰かに聞くことを極力避け、一人で答えを探そうとする。
(コミュ力低かったり、プライドが高かったり)


3)興味のあるものに出会った場合

女性は、ほどほどでやめることができる。
男性は、自分が納得するまで、満足するまでとことんやり込みたい。
(好奇心旺盛でこだわりが強い。だからこそプロフェッショナルになるのは男性の方が多い)

実は今、私にご相談される方の8割以上が最初の男の子(長男さん)に関するお悩みを話されるのですが、これは要するに、女性の自分とは違う思考の男の子(小さな男性)を育てることに、ただただ面食らっているのだと感じています。

男の子の子育てをこじらせる母の特徴

「男の子の子育て」が難しいのは「異性の子育て」だからということをお伝えしましたが、この男女の違いを受け入れて、「男の子はこんなもん。仕方がない」とあきらめることができると、あまり悩まなくなります。

いわゆる「肝っ玉母さん」になるって感じ♪

ですが、肝っ玉母さんにはならずに、子どもが中学生以降、さらにというか、もっと「男の子の子育て」をこじらせてしまう方も多くてね。

これは一体どうしてだろう???と考えていた私。

そこには、一つの共通点があることに気が付きました。

その「共通点」とは、被害者意識を持っているということです。

例えば

パートナーであるご主人に

・助けて欲しいときに、助けてもらえなかった

・話を聴いて欲しい時に、聴いてもらえなかった

・大事な時に、自分の味方をしてもらえなかった

・妻である私のことや気持ちを、優先してもらえなかった

と、ずっと責め続け、自分を「被害者」として 扱っている方が多いのです。

なので、夫婦仲はあまりよくありません。

そして、そういった女性が多くお持ちなのが
男たるものこうあるべき!という価値観です。

これは

男なんだから

・強くあるべき!(強いのが当たり前だ!)

・逃げるべきではない! (頑張り続けるのが当たり前だ!)

・人が困っている時は助けるべき! (妻を手伝うのが当たり前だ!)

・稼ぐべき!(稼ぐのが当たり前だ!)

みたいな感じの価値観で、男性であり、父親であるパパさんに 「男らしさ」や「男気」を求めているが故に 「失望」や「怒り」の感情が わいてきてしまっているのです。

意見をぶつけ合う男女
話し合いはいつも喧嘩になる、、、

今日はココがポイントなんですけど、この価値観を強くお持ちの女性ってね。

夫に対してだけではなく、男性である自分の息子にも同じものを求めてしまいがちなのです。

男の子なのに

・強さを感じない現状

・逃げていると感じる現状

・将来稼ぐことが出来ないかもと感じる現状

を見てしまうと、いら立ってしまう方が多いんだなぁ。。。

悩める母親
だらしない夫(息子)を見ているとイライラするーーーー

▼中学生以降の男の子子育てにお悩みママに▼
勉強しない中学生は基本ほっとく?ほっといてもうまくいく方法

勉強しない高校生男子のトリセツ

中学生以降の男の子をうまく育てるためには

夫婦喧嘩に戸惑う子ども達
男の子の子育てに悩むママは、夫婦仲も悪い、、、

自分を被害者として扱い、男たるもの強くあるべし!という価値観を持っているお母さんは、異性であるご主人や息子さんが自分の理想通りではないため、責めることが日常化してしまいます。

なので、母がいつもイライラ、ツンツンしているために、家族関係がどんどん悪化してしまうのです。

そして、そんな居心地の悪い家庭では、男の子をうまく育てることはできないんですよね。。。

イライラ母
イライラ母

男たるもの 男らしく!かっこよく! 私たちを守ってほしい!

これってもう理想です!

理想なんですけど、なかなかそうはいかない。

だから、そうではない時があったとしても、それはそれで仕方ないって許せるといいなぁ。

そう。肝っ玉母さんのように。

あなたの理想通りの夫や息子でないのは
夫には夫の理由が
息子には息子の理由があるからです。


今、夫は(息子は)「○○すべき!」 「○○するのが当たり前だ!」 という気持ちが、あなたの心のどこかに潜んでいませんか?

この価値観で男性を裁いていると、結局、自分に跳ね返り、自分も責められ裁かれることになります。(与えるものが与えられる法則)

だからこそ、サクッと手放せるといいなぁ。。。

仲良くひなたぼっこするクマの夫婦
夫婦は同じ方向を向いていられるといいな♡

▼(PR)勉強しない!スマホばっかり!にお悩みママ向け▼
7日間メールコーチング(登録無料)


お知らせ

只今、わかばやしの個別サポートコースは満席です。
空きが出ましたら、ライン公式アカウントかメルマガにてお知らせいたします。

↓  ↓

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

友だち追加

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

見守る子育てメールセミナー

どちらも無料でのご登録募集中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA