ご飯を食べない引きこもりの子への対応

・ゲームばかりで将来引きこもりになるんじゃないか?

・親と全く話さなくなった。

・子どもへの対応で、夫婦で意見が違う

みたいな感じの状況のお母さんに向けてお伝えします。

「引きこもり」のご飯問題。夫と私の意見の違い

部屋に引きこもる男の子とドアの向こうに心配そうな両親

内閣府の調査では、中高年のひきこもり状態にある人は全国で61万3000人。

大きな社会問題になっています。

しかも、男女比は、男性が76.6%で男性が圧倒的に多いのだと。

そして、今、お子さんが部屋に引きこもりがちで、将来、「引きこもり」になってしまったらどうしよう。。。と不安に思っているお母さんもいらっしゃると思います。

のイメージとして、もしもこうなってしまった場合引きこもりの息子の部屋の前に、お母さんが「ご飯を届けてあげる」という光景が目に浮かびます。

子どもの部屋には入れないから「お盆にのせたご飯」をドアの前にそっと置いておく的なね。

たまたま夕食時に、この問題がテレビで取り上げられ「引きこもりの息子にご飯を運ぶ場面」があったんですけど、「引きこもってしまった際の対応」について、夫と私、夫婦で意見の違いが見えてきたんです。

【引きこもりはどうしたら防げるか】

「そもそも なんでご飯を部屋に持っていくんかオレにはわからん。

そんなもん、持って行くから逆に出てこなくなるんや。

おなか減ったらそのうち、部屋から出てきて食べるまで待ってれば(ほっとけば)いいんや」


「えー なんで?そんなん かわいそうやん。

ん? でも あ? そっか~。そこかぁ」

と思ったことがあったんです。


(注意)私は、子どものことが心配で、もしそんなことになったらかわいそうやから、ご飯はもっていってあげんとあかんやろ。くらいに思ってました

さて、この「私たち夫婦の会話」を聞いてみなさんはどう感じましたか?

「見守る子育て」は、実は子どもに厳しい?!

「見守る」=「選択の自由」を子どもに与えること

そして、自由に選んだことの「責任」は自分でとること教えることだとも思っています。

具体的に説明しますね。

もしも 子どもが

・「勉強はしない」を選んだら

→ 当然成績は落ちるし、もしかしたら志望校に行けないかもしれない。

だけど、これは、子どもが「自分の責任」として受け止める。(親のせいにできない)

・「部屋を片付けない」を選んだら

→部屋の中はどんどん汚くなっていくし、カビが生えたりもして自分が嫌な気持ちになる。

これも、子どもが自分の責任として受け止める。

要するに、自分が選択したことの責任は自分にある(ヤバいことをやってしまった)ってことを痛感して初めて→子どもはこれではヤバい、なんとかしなきゃ!という「やる気」がわくという流れ。

だから、その時が来るまで、親は子どもの問題に介入せずに、黙って待ち(見守り)ましょうってことです。

こんな風に、実は「見守る」って、子どもにとっても厳しいことなんですよね。。。

▼参考記事▼
「見守る」のは甘やかすこと?

父性と母性の違い

だけどね。

母親ってどうしても「かわいそうだから」という理由で「その時」を待てずにアレコレと先回りしてやっちゃうことが多いじゃないですかー。

例えば文句をいいながらも

・塾を探してきたり

・ご褒美制や懲罰制でやる気を出させようとしたり

・息子の部屋を片付けちゃったり

って風にね。

要するに子どもが「とことん困る状況」を見てられないという理由で、子どもが「とことん困る」その前についつい手をだしちゃう。

一見優しく見えるけど、実は「やる気」の芽をつんじゃう「先回りの育児」

この「先回りの育児」をやりがちなのが母親で、それを押しとどめてくれるのが、父性を持った「お父さん」なんじゃないかなぁって私は思うんです。

子どもが引きこもりたい気持ちになってしまわないように、「親としての在り方」や、「夫婦仲」についてもいろいろと発信していますが、「男の子の子育て」において、父性はとても大事です。

というのは、女性は長期的な視野を持つのが苦手だったりしますし、感情的にもなりやすいですから。

母親とは又違う視点で、子どもを見ているのがお父さんだったりします。

仲良くお茶を飲む夫婦
まずは夫婦仲。
ボタンの掛け違いを直してみませんか?

▼参考記事▼
夫に自分の気持ちをうまく伝える方法


お知らせ

動画版「見守る子育て塾」
11月30日までにご購入の方に
「できちゃう♪ノート」(データ版)
プレゼント中☆

【動画版「見守る子育て塾」のご案内】

スマホやタブレットで
スキマ時間にサクッと学べる♪「見守る子育て」の動画塾。

男の子ママがこじらせやすい20+1個のテーマ(各約10分)を動画で解説しています。

2020年11月30日までにご購入の方には「できちゃう♪ノート」(データ版1,400円相当)プレゼント中☆

詳細はコチラから

***

わかばやしの「個別サポートコース」はただいま満席です。

新規募集のお知らせは「ライン公式アカウント」「メルマガ」登録者様に優先してお知らせしています。

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

メールセミナーバナー

どちらも無料でのご登録募集中です♪

 

ご飯を食べない引きこもりの子への対応” に対して2件のコメントがあります。

  1. ジャッキー より:

    こんにちは(´∀`*)初めまして
    ブログランキングから来ましたジャッキーと申します。

    よくご飯を部屋の前まで持っていく光景をドラマとかで見ますが
    言われてみれば確かにご飯食べたければ自分で食べるし、
    心配だからって何でもやっちゃうのはよくないんだなと思わさせられました。
    私もこの記事読んで目からうろこでした(・∀・)!

    引きこもりはしてないですが、学生時代あまりにも構われると
    ほっといて!もう大きいから自分で出来るから!と思ったことがあるので
    見守るということも大事なんだなと考えさせられました。

    母親としても子供から学んで成長していかないとですね(^∀^*)

  2. yukako より:

    ジャッキーさま

    コメントありがとうございます~。

    「目からうろこ」!

    そんな風に言っていただくと
    書き手として
    めっちゃうれしいです。

    ありがとうございます(m_m)

    ジャッキーさんがおっしゃる通り
    「子どもから学ぶ」ことも
    本当に沢山あって

    親として もっともっと成長していきたいなぁ
    と思うようになりました。

    また
    私も新しい「発見」をしたら
    記事として書いていきたいので
    また時々 ご訪問してくださると
    うれしいです(*^_^*)

    コメントありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA