【受験生の親】合格に導く心構え

合格に喜ぶ母親

良くも悪くも、当日の受験生のメンタルに大きな影響を与えるのが、親の「言葉かけ」や「接し方」です。

今日は「受験の最高のサポートがしたい!」と思う高校や大学受験生の親御さんに向けて、

「E判定のままだったけど第1志望校に合格した高校受験時の話」や、センター試験時の「私の失敗談」も交えながら、受験生の親の心構えについて書いていきます。

受験生への接し方1:安心させる言葉かけ

子どもを応援する母親
「大丈夫。きっとうまくいくよ」

受験期は、親御さんもストレスを感じやすい時期ですが

もっとストレスを感じているのが、受験生本人!


今、受験生の母として不安で一杯の方。
お子さんの気持ちに寄り添えていますか?


受験本番直前になっても、ちっとも(親の期待通りに)勉強しないお子さんを見てイライラしたり、不安がわいてくる方もいらっしゃると思いますが

親の期待通りに勉強していないからといって、
子どもがストレスを全く感じていないわけではありません。


だってね。
この時期、学校に行けば
過去問などプリント学習を!

塾に行けば
受験に向けてラストスパート!

まわりの友達でやる気になっている受験生も多いでしょうから

どうしたって、「受験モード」な毎日なわけです。



だけど
親の私たちは、学校や塾での子どもの姿は見えないが故に(なぜか学校や塾での勉強はカウントしていな方多し)「本人なりに頑張っていること」を信じられないお母さんが本当に多いです。



だからこそ
この時期、受験生の親としての理想の接し方は
「安心させる言葉かけ」です。

それは
「大丈夫。きっとうまくいくよ」(根拠はなくてもOK!)です。


この「明るい希望」を感じる言葉で
お子さんの不安やストレスを緩和させてあげるコミュニケーションを意識できるといいなぁ。。。

逆に
NGワード】は「本当に大丈夫なの?」(←信じてない)です。

このNGワードは
心配性のお母さんが、勉強のやる気を出させようとして言ってしまいそうな言葉なのですが、実は逆効果!


受験生の親御さんは、どうぞ自分の心が勝手に作り出してしまう「不安」からでる言葉を子どもにぶつけないようにして、自分の不安は自分で対処することを考えて下さいね。


子どもの受験は
黙って見守ってあげることで、ここぞという時の「自分でふんばる力」を伸ばす絶好のチャンス
だから。

受験生への接し方 2:最後まで信じ切る姿勢

保護者面談
先生「かなりのチャレンジになりますね」

うちの息子の高校受験の時は、中3の保護者面談の時に担任の先生から

1)チャレンジ高校

2)妥当高校

3)滑り止め高校

という感じで説明を受け、 これまでの内申点と当日点のバランスを考えた上で本人の志望校を決めました。



息子の場合は、行きたい高校が「妥当高校」ではなく「チャレンジ高校」で。

ぶっちゃけると
この「チャレンジ高校」に合格するためには、中3の1学期の時点で 、合計で後50点は上げる必要がありました。

でも、息子は
・志望校には行きたい
・だけどあまり勉強はしたくない
という感じでねぇ…(遠い目)
ゲームもやりまくってました!

そうはいっても
私立高校受験直前の年明けからは、かなり目の色を変えて勉強するようにはなって、偏差値は少し上がっては来ていましたが、

2月の最後の模試の判定は結局E判定(努力圏)のまま、3月の県立高校受験日当日を迎えました。


そんな息子をそばで見守っていた私は、 (私なら挑戦しないレベルの)「危ない橋を渡ろうとする息子」におののきながらも

「男の子は受験の前日まで伸びる!」
という先生から聞いた言葉にすがるような毎日を過ごしてたなぁと


こんな感じの「ハラハラドキドキ高校受験」だったので、
まず1月の「滑り止めの私立高校」の合格をいただいた時にホッと一息。

その後
チャレンジ高校だった県立高校の合格発表の日に、息子の番号を見つけた時は、もう飛び上がるくらいに嬉しくて!その場で泣いてしまったことを今でも覚えています。

嬉し泣きする母親
不安から解放され泣くほど嬉しかったあの日の私



もしかすると、今
うちのように「安全とは言えない橋」を渡ろうとする受験に挑む親子さんもいらっしゃるかもしれません。

私がお伝えしたい受験生の親の接し方は、子どもが決めた道を最後の最後まで信じ切る姿勢が合格を引き寄せるということ。



というのは
私自身も、何度も得体のしれない不安に押しつぶされそうになっていましたが

少なくとも
高い山に登ろうとする息子に
「ランクを下げて、他の高校にしたら」と提案することはしなかったから。


例え
可能性がどれだけ低かったとしても、親の私たちだけは、息子の一番の味方になって、最後の最後まであきらめずにその可能性を信じてやりたかったからです。



受験日が近づくに従って
心の中に勝手にどんどんわいてくるネガティブな感情と戦いながらも
「きっと大丈夫!」と
もがきながらも頑張ったあの日の自分を、今はとても愛おしく感じています。


というか
当時の担任の先生にも感謝です!!

よくぞ息子の気持ちを否定せずに見守って下さいました。

受験生への接し方 3:和ませ力

受験生の親の心構えの最後は「和ませ力」

笑いがあればなおよし!です。

というのは
「笑う」って
・血行を良くしたり!
・免疫力を高めたり!
・自律神経のバランスが整ったり!
健康にもいい効果があることをご存じですか?

ちょっとイライラした時に、お笑い番組を見て大笑いしたりすると、気持ちがスッキリしていたりもしますもんね~☆

もちろん
私たちはお笑い芸人ではないので、何かで無理に笑わせようとしなくてもいいけれど(笑)

おいしいものを「おいしいね」と言って食べたり、お母さんが「和やかな雰囲気」を心がけるのも、受験生の合格の可能性を高める環境で接し方です!

結果的に和ませた?センター試験母の失敗談

余談かもですが
実は私!
息子の2回目のセンター試験(浪人の時)のお弁当に、お箸を入れるのを忘れてしまったんです(涙)

自分の失敗を嘆く母親
せっかく想いを込めてお弁当をつくったのに!
わたしのアホーーー



息子を送り出した後に
台所にポツンと忘れられたお箸を見つけた、あの時の気持ち…

想像がつきますか?


「これが原因でお昼が食べられず、
また!
失敗してしまったらどうしよう…
浪人して
毎日あんなに頑張っていた息子の足を
母親の私が引っ張ってしまった!
どうしてこんな一番大切な日に!」

と、自分を責める気持ちでどうにかなりそうでね…



センター試験を終えて帰宅した息子に

母「今日は本当にごめんね。
お箸なかったよね?
お弁当ちゃんと食べれた?」

と恐る恐る聞くと

息子「試験官に聞いて、
割りばしをもらったよ。
でも、なんかアレで気が抜けて

(笑えたらしい)逆によかったよ(^^)」

とのこと。



もしかしたら、
失敗した私に気を使ったのかもしれませんが、

センター試験初日!
大一番の日に「お箸のないお弁当」を、息子が「笑い」に変えることができていたのなら、結果オーライ(笑)

今では「センター試験といえば、お箸を入れ忘れたよね~」と、ちょっと笑える思い出となっています。

(これから受験生のお弁当をつくる方は、どうぞ当日お箸は忘れずに~)

まとめ

受験が近づくと、どうしても家の中にピリピリしたムードが漂ってしまいますが、

Q.親にどうしてもらうのが一番いい?

と受験生に質問すると

A.普段通りでいてもらうのが一番いい

という答えが多いそうです。


受験生を見守る親としては、ストレスも増える時期ですが
どうぞ、自分の心が作り出す不安に負けないようにして、

自分の目標に挑む子どもの後ろ姿から
どうぞ目を背けないで
「あなたなら大丈夫だよ」と
最後の最後まで信じて見守ってあげて下さいね。


それが
きっと一番よい結果を引き寄せる「親の姿勢」なのだと信じています。

満開の桜
サクラ咲け~☆



■参考になりそうな記事■
↓ ↓


お知らせ

わかばやしの個別サポートコースはただいま満席です。

空きが出ましたら


1)ライン公式アカウント(←週3配信)

友だち追加

2)「メルマガ」(毎週月曜朝配信)

見守る子育てメールセミナー

にてお知らせします。

【受験生の親】合格に導く心構え” に対して 2 件のコメントがあります

  1. たかたん より:

    ゆかこさん!!
    本日の記事はとてもとても
    ありがたい記事でした!

    まさに我が家の長男も
    チャレンジ学校に挑戦中。
    再来週はとりあえず滑り止めの私立試験。

    今 私がすべきことは
    「大丈夫」「あなたなら大丈夫」と
    言うだけですね!!

    私のドキドキを
    イライラを
    息子に伝染させないように、
    私も美味しものでも食べて、落ち着かなくては!!

  2. yukako より:

    たかたん様

    コメントをありがとうございます(*^_^*)

    実は、今日のブログは
    たかたんさんの受験生ご長男さんのことが
    チラチラと頭をよぎりながら書いていたので
    コメントいただけて嬉しいです(*^^)
    (ブログを楽しく読ませてもらっております)

    高い山に登ろうと頑張っておられる
    中学生のご長男さん。

    そして
    彼の意思を尊重して見守っておられる
    ご家族のことを尊敬し
    心より応援しております!

    美味しいものをたくさん食べて
    たかたんさんらしい笑顔で
    この時期を過ごせますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA