子どもが高校受験に失敗したら…大学受験への影響や親の気持ちの切り替え方

子どもの高校受験は親にとっても一大事。

なのに、失敗してしまうと、子ども以上にショックを受け、辛い気持ちを引きずってしまう親御さんも多いものです。

長い人生のうちには「いい結果」ばっかりが手に入るわけではありません。

ネガティブな経験も同じくらいやってきます。

では、まだ若い我が子に、そんな「望まない結果」がやってきてしまった時、私たち親は一体どうすればよいのでしょうか?

実は、中高生ママ専門子育てコーチの私の下には、「第1志望の高校に不合格になってしまい、滑り止めの高校に入学したが、やる気を失ってしまった、、、」というご相談も多かったりします、、、

そんな中「見守る子育てを実践後(個別サポートコース終了後)、元気になりやる気もアップしたと「嬉しいご報告」もいただいています。

私自身は、(高校受験ではありませんが)息子が大学受験で全落ちし1浪していたりしますので、これらの経験を踏まえ、大切なわが子が受験で失敗した時の親の対応、心の切り替え方、などについて詳しくお伝えします。

どんな「試練」が来ようとも
きっと「幸せな未来」につながっている。

高校受験に失敗した時、その後の進路パターン

受験生の親として、頑張ってこられた1年間、本当におつかれさまでした。

そばで「受験生のお子さん」を支えた1年間は、本当に大変だったんじゃないでしょうか?

なのに、望まない結果がやってきてしまうと本当に辛いですよね。

高校受験に失敗した場合、殆どは滑り止めの(私立)高校に進まれます。

ここではそれ以外の選択肢もご紹介します。

  • 滑り止めの高校に進学(9割以上)
    中高生ママ専門コーチをしている私の印象では、滑り止めの高校へ進まれる場合が殆どです。
  • 公立・私立高校の2次募集
    地域性もありますが(都市部では少なく田舎ほど多い)、滑り止めの高校を受験をさせない考えを持つ親御さんもいらっしゃいます。

    県立高校一本にして本気で頑張らせよう!という教育に厳しい親御さんに多い考え方です。

    この背景には、ご自分の高校受験の時も親からそう言われそうしていて、(本当は不安でみんなと同じように滑り止めを受けたかったけど)そのせいで頑張れたという成功体験になっているようです。

    また、合格した場合の私立高校への納入金を無駄だと親に言われた方が多いです。
  • 定時制・通信制高校

    不登校から進む進学先としても知られています。
  • 高校浪人

    これも地域性がありますが、憧れの名門高校に入るために高校浪人する場合もあります。

    (私の現在住む長野県は高校浪人が多い土地柄だそう。同年代の方から「昔は高校浪人専門の予備校があったよ」と聞いてびっくりしました。ちなみに私は関西出身です)
  • 高卒認定→大学受験

    高卒認定は高校を中退した場合の選択肢として知られていますが、このルートで大学進学されたお子さんの話を最近よくお聞きします。(ですので、高校中退を不安に感じている方、どうぞご安心下さいね)
  • 働く(アルバイトも含む)

    (ニートや引きこもりを避けたいので)「高校行かないなら働きなさい」となるパターンが多いようです。

子どもが高校受験に失敗した時、親の対応(注意点)

特に、公立高校の場合は大多数の子が合格を手にし、不合格になる子が少ないために、発表直後は本当に辛いですよね、、、

悔しくて怒りが湧いたり、恥ずかしくてしばらく誰にも会いたくなくなったり、いろんな「ネガティブな気持ち」がわいてくると思います。

自分はこんなに落ち込んでいるのに、案外ケロっとしてスマホを触っている子どもを見ると、「どうしてもっと頑張らなかったの!」「子どもを責める気持ち」がむくむくとわきあがってきてしまう場合もあります。

ですが、この「子どもを責める気持ち」を持ち続けてしまうと、確実に親子関係はこじれてしまいます(キッパリ!)

イライラを家族にぶつけると
イライラが自分に還ってくるから
苦しいんだなぁ。。。

受験に失敗した子どもへのNG対応

  • ×子どもを責める

    「どうしてもっと頑張らなかったの!」と子どもを責める(責め続ける)方が多いですが、コレは百害あって一利なし。

    自分が失敗した時のことをイメージしてみて下さいね。

    そばにいる人(親)にどんな対応をされるとイヤか?(嬉しいか?)を想像してみるといいですね。
  • ×原因をと追求し対策を考える

    「もっと勉強させておけば」「あの塾に入れておけば」「ゲームのせいだ」など失敗原因を追究される親御さんがいらっしゃいますが、しない方がいいです。(子ども本人がする分にはよいですが)

    というのは、(子どもの問題なのに)私がいるからにはもう二度と失敗はさせまい!と先回りの育児に走ってしまうことが多いからです。(問題解決思考や完璧思考の強い方)

    なので、例えば良い塾を探しまわったり、スマホの管理を細かくしたり、、、(←過干渉です)

    受験は子どもの問題ですから、親が介入するのをやめると「主体性」(自分の頭で考えて動く力)が高校時代にだんだん伸びていきます。
  • ×いつまでも引きずる

    そして、「いつまでも引きずる」方がいらっしゃいますが、コレは超NGです!

    というのは、暗い気持ちをいつまでも引きずってしまっている親御さんは特に母親に多く、このことが家を暗くしてしまうからです。

    「長い人生、そんなこともあるよね」とサクッと気持ちを切り替えられるようになると、まずは自分が、そして子どもを含む家族も、ラクに生きられるようになっていきます。

▼参考記事▼
受験生なのに!勉強しない中3&高3息子の理由と親の対応

高校受験に失敗した時の親の基本姿勢

  • 失敗を許す(受容する)

    子どもを責める気持ちが強い方は、失敗した子どもを許せない気持ちが強いです。

    子どもの個性や性格や、取り組んだ結果など「ありのまま」を受容できて、寛容な親になれるといいですね。
  • (その子なりの)努力を認める

    ほとんどの方が、自分の理想(勉強時間や態度)を持っていて、その通りにできていれば絶対失敗しなかったのに、、、という強い信念のような気持ちを握りしめておられます。

    親から見ると、「もっと努力できたはずだ!」と言われる方が大多数ですが、その子なりの努力をちゃんと認めてあげることが、実は明るい未来に導く極意でもあるのです。
  • 寄り添う

    ママ友やテレビの話などには共感できても、「何故かわが子には共感できない、、、」と悩む方が、なんと多いことか。

    おそらく、わが子だからこそ、そこに親としての期待が乗っかってしまうせいだと思うのですが、お子さんよりも失敗を嘆き悲しんでいるようだと母子一体化(子どもに依存)している可能性があります。

    いい意味で、他人事でいられる(俯瞰して見ることができる)と、お子さんの悲しみに寄り添ってあげるようになれます。

受験に失敗した子にかけたい「励ましの言葉」

では、失敗した、、、と落ち込んでいる子どもに、どんな言葉をかけると良いでしょうか?

参考までに、いくつか挙げておきますね。

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ
  • 結果は残念だったけど、よく頑張ったね。
  • この学校とはご縁がなかったんだろうね。
  • 頑張っても報われないことは、人生では良く起きること。ここで人生が終わるわけではないから大丈夫。
  • 滑り止めで合格をいただいた高校も、いい高校だからきっと大丈夫。充実した高校生活がおくれると思うよ。
  • 今はショックだと思うけど、あなたならきっとどんな場所でも大丈夫。楽しい高校生活がおくれるよ。

▼参考記事▼
高校受験で不合格だった時、親ができる最善のこと

その後の人生(大学受験)への影響

では、高校受験で惜しくも第1志望に不合格になってしまった子どもは、その後どんな人生を歩むのでしょうか?

実は、「悔しい経験」を良いものにするも、悪いものにするも、本人のとらえ方次第。

親は、悔しい経験が人生の糧となる方へと導いてあげるといいですよね。

大学受験への影響


高校受験で失敗した子は、たいていはリベンジを宣言します。(それこそ9割以上の子が宣言する印象)

私の友人の息子さんも!クライアントさんのお子さん達も!(そして現役時代全落ちした息子も!)「次は絶対!頑張る!」とリベンジを誓っていました。

この宣言。親としては嬉しいですよね!

ですが、こじらせの原因にもなっているのです、、、

というのは、自分も悔しい思いをしたからこそ、ついつい(自分の気持ちも重ねてしまい)期待しちゃうんですよね、、、

だから、最初はやる気だったのに、だんだん気を抜いていくわが子が許せなくて、「あの時リベンジすると言ったじゃない!」と責めてしまう方がめちゃくちゃ多いのです、、、

ですが、コレも絶対しない方が良い事の一つ。(みなさん気をつけて下さい~~~)

言霊をとったとばかりに子どもを責めれば責めるほど、親子関係は悪くなり、やる気も出ませんから(悲)

実は、中高生ママ専門コーチの私のところには、「高校受験で志望高校に入れなかった悔しい経験を活かして、大学受験でリベンジしました」というご報告をいただいております。(下記LINEメッセージを参照)

このお母さんは、「学校に行く or 行かない」、「勉強する or しない」、「部活に行く or 行かない」など、「お子さんの問題」に介入することを一切やめて、息子さんの高校3年間を信じて見守ることに徹した方。

真摯な取り組みに、感動するレベル!!

第1志望ではない高校に行くことになった場合、親として一番大切なことは、少しでも早く自分がショックから立ち直り、自分の問題と子どもの問題を区別すること。

子どもが「自分で何とかする力」を信じて見守ることです。

そうすることで子どもに親の愛情が伝わり、未来を切り拓くエネルギー源になっていきますから。

ラインスクショ(元クライアントさん合格報告1)
【個別サポートさせていただいた方からのご報告】
3年前
希望する高校ではなく
滑り止めの私立高校に進学された息子さん。
最初は気落ちされた状態でしたが
お母さんが信じて見守っていかれると
高2からだんだんやる気に!
大学合格報告2
【大学でリベンジ!】
そして
高校受験で
悔し涙を流した大学付属高校
春からはその大学へ
\(^o^)/

不合格ショックの一番の特効薬は

人生はいろんなことが起きますが、こういった「望まない結果」が来てしまった時の一番の特効薬は「時間」です。

ショックを受けたココロを癒やすためには、やっぱりある程度の「時間」が必要ですから。

そして、ココロがすこ~し落ち着いてきたら、↓こんな風につぶやいてみませんか?

お悩みママ
お悩みママ

「ああ、私は子どもの喜ぶ顔が見たかったのね。
”いい結果”が欲しかったけど、今回は手に入らなかった。
だから苦しいんだなぁ」

と。

ココロの奥に渦巻いている「ネガティブな感情」を、ゆっくり癒やす「過程」を、丁寧につくっていけるといいですね。

これを繰り返していくと、気持ちは大分落ち着くと思います。

さらに、今回「ご縁」がなかった場所(学校)に未練をいつまでも残さないことも大事です。

実は、その高校の制服を着た生徒を見かけると「本当ならあの高校に行ってたのに、、、」と涙が出てくる、とおっしゃる親御さんもいらっしゃいますが、何事も「執着」するとこじらせてしまいます。

執着している事実に気づいたら、その気持ちはなるべく早く手放しましょう。

逆に「ご縁」があった方の場所(学校)で自分の大事な子どもがいかにこれからの時間を楽しむか?という「見方」に、ササッと切り替えた方が建設的。

親が気持ちを素早く切り替えることで、まだ人生経験が少なく柔らかい心に衝撃を受けたお子さんも「さぁ、この場所でがんばろう!」とだんだんなっていくはずです。

(一見、平気そうに見えるお子さんも本当は傷付いています

ショックから立ち直るには
時間が必要です。

ご縁のあった場所で
どんな高校生活を
過ごしてもらいたいですか?

辛い気持ちを引きずってしまう時の切り替え方(親)

いつまでたってもモヤモヤ。
気持ちが晴れない。。。

とはいえ、発表から何ヶ月かたった後でも気持ちが晴れずに不合格ショックを引きずってしまう方もいらっしゃるかもですよね。

ついつい子どもに「恨み言」を言ってしまったり、自分を責め続けたりしてしまうというお母さんは要注意です。

というのは、過去のワタシのように「母子一体化」している恐れがあるからです。

どういうことかというと、受験は子どものことなのに、まるで自分のことのように捉えてしまっていて、子どもの出す結果に一喜一憂!

いい結果だと自分の事のように嬉しいけど、悪い結果だと、落ち込んで苦しくなったり怒りがわいてきたり、まるでジェットコースターに乗っているみたいな感情が湧いてきてしまいます。

この状態の時、子どもが優秀な場合は多幸感を感じられますが、優秀ではないと感じると悩みまくります!

わかりやすい特徴として、何かで失敗した時子どもより親の方がショックが大きいってこと。

例えば、不合格という結果を聞いて「お母さんがショックで寝込んじゃった」みたいな感じです。

親の方がショックを受けているからこそ、結果が悪かったのに案外ケロっとしている子どもを見たりすると(ゲームしてたりすると)めちゃくちゃ腹がたったりしてね!!

↑この辺りにお心当たりのあるお母さんは、子どもの問題が自分事になっている状態。

気づいた時に、子どもに「人生のハンドル(主導権)」を返し、自分は「自分の人生のハンドル」を握って生きるように心がけていくといいですね。

***

高校受験に限らず、この先、大学受験や就活など(バイトの面接もあるよね)うまくいかないことも必ずあります。

「望まない結果」がやってきたことは本当に残念で、そばで応援していた母としては本当に本当に悲しいけれど。

だけど!
自分の幸せと、子どもの幸せは、また別の問題です。

愛するわが子に「あなたはお母さんを不幸にした」という「罪悪感」を背負わせることはしたくないと思うのです。。。

見守る子育てコーチ
見守る子育てコーチ

私の幸せは子どもの結果で左右されない!

私の幸せは私が自分でつくる!

精神的に自立した女性(母)を目指しませんか?

▼(PR)勉強しない!ゲームばっかり!にお悩みママに
\どちらも無料/
メール(文字)で学びたい方に⇒7日間メールセミナー(登録無料)
❷(New!)動画で学びたい方に⇒7日間【動画】セミナー(登録無料)


\新発売/動画で学べる♪見守る子育て塾

\新発売/第3弾♪受験生の母編

\新発売/
動画版「見守る子育て塾」第3弾!
受験生の母編が完成しました~

「見守る子育て」をスタートして6年目になりますが、個別サポートをさせていただいた方々からだんだんビリギャル級の合格報告をいただくようになりました。

(今年は特に多くてビックリ!)

クライアントさん達に個別で「こんなことやっちゃってませんか?」とお伝えしている内容を今回ホワイトボードに見える化!

目からウロコの見守り方をギュギュっと詰め込みました。

受験生のお母さん
来年・再来年が心配なお母さんにも

全てのお母さんに見てもらいたい☆動画版「見守る子育て塾」受験生の母編

2022年7月開講です♪

詳細はコチラから

ご購入特典
見守る子育てオリジナル♪
スマホ待受け画像
全部で8種類☆テスト前や落ち込んでいる時など
その日の気分によって着せ替え出来ます

第2弾♪不登校編

1日も早い解決へ
不登校編
2021年春開講!

行き渋りや不登校など「学校に行きたくない子」の見守り方の解説動画です。

詳細はコチラから。

第1弾♪動画版「見守る子育て塾」

見守る子育ての基本のキを
動画で解説しています

男の子ママが悩みやすい20個のテーマを、約10分の動画でそれぞれ解説しています。

詳細はコチラから。

お知らせ

ただいま、わかばやしが直接サポートするコースは満席になっており、お申込みをストップしています。

空きが出ましたらライン@やメルマガにてお知らせさせていただきます。

\どちらも無料/

1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪)

2)7日間無料メールセミナー(←こじらせていた私自身の話)

メールセミナーバナー

***

当ブログはリンクフリーです。
「いいな♪」と思う記事がありましたらブログやSNSでご紹介していただけると嬉しいです。(許可や連絡は不要です)

子どもが高校受験に失敗したら…大学受験への影響や親の気持ちの切り替え方” に対して6件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    こんにちは
    最近息子があまり手作りのご飯を食べません。後で食べると言って食べてないことが多いです。コロナウィルスの休みに伴い、時間が不規則になってるのも原因だと思いますが。栄養も心配だし、食べてもらえないと悲しいしどうするのがいいのか困ってます。何かいい対処法ありますか?

  2. yukako より:

    コメントありがとうございます。

    お子さんがご飯をあまり食べないことに
    困っておられるのですね。

    お母さんの手作りご飯を食べないという話は
    結構よくお聞きします。

    たいていは、他のご兄弟に比べて
    「食が細い子の場合」が多いのですが

    もしかしたら
    食べる分量が少ないからこそ心配で
    盛り付ける量が若干多めになっていたり
    なるべく栄養のあるものを詰め込んだり
    (例:本人は肉の多いハンバークが食べたいのに、野菜がいっぱいハンバーク)
    といったことをされていませんでしょうか?

    要するに

    「何」を「どれだけ」食べるか?

    を、お母さんが決めようとしている場合が多くみられます。

    「何をどれだけ食べるか?」は
    子ども本人が決めるといいと言われていますので


    ご飯は自分でよそわせる
    おかずも自分で盛り付けさせる など

    なるべく心配しすぎずに
    本人の希望に沿う形にしてあげてはいかがでしょうか?

  3. みく より:

    はじめまして。
    先日息子の高校受験の合格発表があり、残念な結果を受けて、母の私がショックから立ち直れずにいます。 眠れない、食べれない…本当に情けない親です。
    そんな時、気持ちのあり方等いろいろネットで探していましたら、こちらの記事に辿り着きました。
    まさに今の私のことが書いてあるようで.とても心に響く内容でした。 ありがとうございます。
    今はまだ前向きな気持ちになれず、辛いばかりですが、いつか時間が解決することを信じて、息子が与えられた場所で輝けることを祈るばかりです。

  4. yukako より:

    こんにちは。わかばやしです。

    息子さんの受験のサポートお疲れさまでした。
    今とてもお辛そうですが、どうぞゆっくりなさって下さいね。

    受験などで、期待した結果が子どもの元にやってこなかった時、親はどうしてもショックを受けてしまいますが、子どもには「それを乗り越える力」があるのだと私は思います。

    そして、困難を乗り越えた分だけ、人は強くなります(息子さんも、お母さんもです)

    「与えられた場所で輝けるように」という言葉に感動しました。

    笑顔の子育てになりますように☆

  5. one より:

    わかばやし先生、こんばんは。
    いつも為になるお話し、ありがとうございます。

    息子の高校では学年末試験が終わり、二学期末には担任の先生から赤点の多さから親も呼び出され、本人もこのままだと進級出来ないよ、と忠告されました。
    それさえも本人の気付きにならないのか、今回のテスト勉強もスマホで動画を見るという方法のみで、たまに覗くと、息抜きのSNSやYouTubeだと言う様子でした。

    子どもの問題だと見守りに徹したいと思っていても、口出ししてしまいました。
    子どもを責めてしまったと反省です。
    学校は楽しいようですが、部活も辞めると言い出していますし、どうなることやら…です。

  6. yukako より:

    oneさま

    こんばんは(*^_^*)
    高校生の息子さんの子育て毎日お疲れ様です。

    今少し意欲ダウンされているようですが、学年末のこの時期はモヤモヤすることも多いですよね。
    見守るのがしんどい日もあるかと思いますが、自分の問題は自分でちゃんと乗り越えられると信じてあげれるといいのかなぁと。

    oneさんもあまり自分を責め過ぎないで、ブログの内容がお役に立てれば幸いです。

    笑顔の子育てになりますように☆
    応援しております(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA